送信

特産品開発、工芸品のブランディング・ディレクター募集! 宮崎県小林市が起業・定住をサポートします

仕事住まい暮らし募集UIJターン起業移住南国アウトドア地域活動

宮崎県小林市で、【特産品開発、工芸品リブランディング】による起業・定住をめざしながら地域おこし活動に取り組んでいただける地域おこし協力隊を募集します。

今回は「特産品開発と工芸品リブランディング」というミッションですので、6次産業化やリブランディングを通して小林市を活性化したい方を募集しています。

あのPR動画でわかる通りクリエイティブへの理解が深い小林市が求める人材とは

移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」 http://www.tenandoproject.com/movie1

日々の唄声PROJECT「田舎女子高生」 http://www.tenandoproject.com/utagoe/

小林市は、九州の中央に位置し、熊本県や鹿児島県に接している人口約4万5千人のまちです。霧島連山の麓にあるため、緑豊かな森林やかけ流しの温泉、河川や湖沼などいたるところで自然を感じることができます。小林市の魅力は、おいしい「水」や「食べ物」、そしてなんといっても「人」の優しさです。温かく情熱のある人がここ小林市で自然とともに暮らしています。

現在小林市では移住・定住に係わる様々な取り組みを行っており、その一環として平成25年度から地域おこし協力隊制度を導入し、平成30年5月時点で5名の隊員が意欲と情熱を持って活動をしています。協力隊の任務としては、任期1年目から定住へ向けた活動も盛り込んでいく「小林市方式」を構築しており、「地域おこし活動」と「将来の起業に向けた活動」の活動割合を、1年目は7:3、2年目は5:5、3年目は3:7というバランスで活動してもらいます。
地域おこしに意欲と情熱を持っている皆さまのご応募をお待ちしています! 

地域おこし協力隊 募集情報

就業場所は5月12日、まちなかにオープンしたコワーキング・スペース『TENOSSE』

緑色部分。今回の募集についての活動地区

地域おこし協力隊 募集情報

1 雇用関係の有無:あり

2 募集人数:1名

3 業務概要
定住促進のための地域力創造を図るため、次のような「地域おこし活動」と「将来の起業に向けた活動」を行っていただきます。

■地域おこし活動
1.空き家バンク掘り起し、調査、案内業務
2.移住者受入市内起業掘り起し、調整業務
3.コワーキングスペース運営補助業務
4.こばやしマルシェ運営補助業務

■将来の起業に向けた活動
1.特産品開発や工芸品等のブランディング・リブランディング、販路開拓を行う地域商社を起業
2.市内地域商社「BRIDGE the gap」との連携による地域商社の起業  

地域には、まだまだ知られていない農産品や工芸品など、魅力ある産品やサービスが数多く眠っています。
 こうした地域の優れた産品・サービスの販路を新たに開拓、または新商品を開発することで、従来以上の収益を引き出し、そこで得られた知見や収益を生産者に還元していく仕事が「地域商社」です。起業後は販売手数料やオリジナルブランドの販売などで生計をたてていくイメージです。     

※任期終了の日から1年以内に小林市内で起業する場合、地域おこし協力隊最終年次又は任期終了翌年に、起業に要する経費を予算の範囲内で最大100万円活用可能です。

4 募集対象
生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域等から小林市内へ移し、住民票を異動させることができる方(任用される前に既に小林市内に定住又は定着している者を除く。)
年齢は、問いません。
心身が健康で、かつ、地域おこしに意欲と情熱を持っている方
普通自動車運転免許を所持している方
活動終了後、小林市で起業又は就業し、定住する意欲のある方

5 勤務地
 宮崎県小林市内(小林市設置コワーキングスペース内勤務予定)

6 勤務時間
活動日は、原則として月曜日から金曜日までの週5日間としますが、活動の内容によっては、休日に活動していただく場合があります。その場合は代休対応となります。
活動時間は、週30時間を基本とします。
休日は、土曜日、日曜日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日までの6日間)とします。

7 任期形態・期間
任用形態 非常勤特別職として、市長が委嘱します。

任用期間
初年度の任用期間は、平成30年9月1日から平成31年3月31日までです。
ただし、年度ごとに次年度の任用を判断し、着任日から最長3年間まで延長します。勤務開始日については、相談に応じます。

8 給与・賃金等
 月額160,000円(健康保険料・厚生年金保険料の本人負担分・所得税が差し引かれます。)

9 待遇・福利厚生
住宅は小林市が用意し、家賃を支払います(生活用品、光熱水費等は、個人負担になります)。
活動に係る備品(活動用車両・パソコン、プリンター等)は庁舎内において貸与します。
社会保険等は、厚生年金保険、健康保険、雇用保険、非常勤公務災害補償に加入します。
有給休暇については、1月につき1日とします。
転居に当たり必要な費用は、個人の負担となります。
その他、必要に応じて、活動の経費を予算の範囲内で市が負担します。

10 申込受付期間
 平成30年7月31日(火曜日)まで必着                                        
※選考会は、応募に対して随時実施いたします。
選考会の結果、採用人数に達した場合は応募を締め切らせていただきます。

詳しくはこちら
http://cms.city.kobayashi.lg.jp/display.php?cont=180426162320

まずは「お試し滞在施設」をつかって、小林市に仲間をつくりに来ませんか?

【小林地域】中期型お試し移住施設 

小林市 地方創生課プロモーショングループ  担当:下村さん

■市内お試し滞在施設
移住・定住のきっかけづくりのため小林市はお試し滞在施設を運営しています。
こちらを利用して、小林市の風景を体感したり、移住の先輩に生の意見を聞いてみたりして、まずは仲間をつくりに来ませんか?

・短期型お試し滞在施設(旧小林市地域)
 http://cms.city.kobayashi.lg.jp/display.php?cont=131216142952

・短期型お試し移住施設(旧野尻町地域)
 http://cms.city.kobayashi.lg.jp/display.php?cont=180508152428

・中期型お試し移住施設(旧小林市地域)
 http://cms.city.kobayashi.lg.jp/display.php?cont=180507163959

■担当の下村さんからひと言
空気も水も食べ物も、本当にすばらしいです!一度小林市に来てみませんか?お試し滞在を使って街の雰囲気を体感し、先輩移住者に直接相談することもできます。質問があればお気軽になんでも相談してくださいね!

小林市役所 地方創生課
※ プロフィールはまだありません
興味あるを押している人たち(27人)