北海道の離島 礼文町で地域おこし協力隊になってみませんか? 4分野で5人募集中! 〆は9月30日まで!
募集終了
働く・住む
公開日:2020/08/24
終了日:2020/09/30

北海道の離島 礼文町で地域おこし協力隊になってみませんか? 4分野で5人募集中! 〆は9月30日まで!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

北海道の北部、稚内市の西方約60kmの島、礼文島で地域おこし協力隊員を募集しています!
「移住促進 」「子育て支援」「礼文高校魅力化」「観光振興」のそれぞれの分野で地域の活性化のために活動するお仕事です!

【礼文町とは】
礼文町は、稚内市西方60キロメートルの日本海に位置する最北の離島に位置し、令和2年4月1日現在、人口 2,430人もの人々が暮らしています。
自然豊かな島で、夏には約300種の高山植物が咲き乱れる花の島として知られ、海産物ではウニやコンブ、ホッケなどが有名です。

それぞれの分野で町を活性化

○移住・交流促進に関する活動(募集1名)
(1)移住定住に関する相談業務及び支援サポート業務
(2)移住体験事業に関する業務
(3)町内外での移住定住PR活動
(4)SNS等を活用した移住関連の情報発信
(5)地域おこし協力隊等のネットワークづくり
(6)交流・関係人口の創出と拡大に向けた取り組み支援
(7)その他、地域おこしに必要とされる活動

○子ども・子育てに関する活動(募集2名)
(1)保育支援サポート業務
(2)地域子育て支援拠点事業
(3)その他、地域おこしに必要とされる活動

○礼文高校魅力化コーディネートに関する活動(募集1名)
(1)生徒募集活動、広報活動(企画立案。資料作成等)
(2)礼文町の地域資源等を活かした礼文高校ならではの実践教育の場を創る活動
(3)地域交流企画の提案・実施
(4)離島留学のコーディネート、「離島留学生」の支援等
(5)礼文高校魅力化事業に係る事務全般の補助

○観光振興に資する多様な活動(募集1名)
(1)礼文島観光案内所を中心とした活動
(2)北のカナリアパークを中心とした活動
(3)世界に向けたPR活動
(4)島内遊歩道を中心とした活動
(5)基盤産業へのサポート活動

観光施設での体験のプロモーション活動の様子(観光振興)

観光施設での体験のプロモーション活動の様子(観光振興)

保育園給食調理の様子(子ども・子育て)

保育園給食調理の様子(子ども・子育て)

募集対象

・年齢は令和3年4月1日現在で22歳以上40歳以下の方。
・心身ともに健康で、地域住民とともに地域活性化に関する活動に積極的に取り組むことができる方。
・地域活性化のため礼文町の魅力を掘り起こし、町内外に情報発信していく業務に意欲のある方
・普通自動車運転免許を取得している方(AT限定可)
・現在、3大都市圏または地方都市等(過疎法に定める過疎地域以外)に在住し、採用後に礼文町内に住民票を異動し居住していただける方。
・地域おこし協力隊としての活動期間終了後も、礼文町内において定住し、就業・起業しようと意欲を持っている方。

勤務時間等
・勤 務 日 週5日(月曜日~金曜日)
・勤務時間 8:30~17:15(休憩1時間を含む)

報酬等
・1年目⇒月額180,000円(社会保険料等が控除されます)
・2年目⇒月額190,000円(社会保険料等が控除されます)
・3年目⇒月額200,000円(社会保険料等が控除されます)

待遇・福利厚生
・住居は町が用意(使用料を納入いただきます)
・車については随時ご相談ください
・健康保険・厚生年金・雇用保険に加入

申込期間
令和2年7月20日(月)~令和2年9月30日(水)

選考方法
〇第1次選考(書類審査)
・提出書類を審査し、応募要件の適否を決定
・審査結果を通知
○第2次選考(面接)
・面接による第2次選考を実施(令和2年10月以降)
・審査結果を通知
・応募に係る経費や面接時の交通費などは応募者負担(面接場所等は要相談)

それぞれの仕事内容などの詳細情報は、礼文町ホームページからご覧ください↓
http://www.town.rebun.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001657.html

関心を持たれた方は「興味ある」ボタンを押してください!

協力隊員が出店し、ふるさと祭りに参加しています!

協力隊員が出店し、ふるさと祭りに参加しています!

地域おこし協力隊は現在2名で活動しています。一緒に活動して礼文町を盛り上げていきましょう。

地域おこし協力隊は現在2名で活動しています。一緒に活動して礼文町を盛り上げていきましょう。

礼文町
鈴川 未来が紹介する礼文町ってこんなところ!

礼文町は北海道の北部にある人口約2,500人程の離島です。
島は自然豊かな場所で海産物ではコンブやウニ、ホッケなどが知られています。
高山植物も有名で夏には約300種の高山植物が咲き乱れる風光明媚な花の島として知られ、固有種であるレブンアツモリソウや町の花になっているレブンウスユキソウも人気です。
また礼文島には縄文集落の遺跡があり、郷土資料館では出土した土器や装飾品などが展示されています。
離島という土地柄、交通がフェリーに限られっていたりと不便な点もありますが、都会にはない美しい自然や島の人の温かさが魅力的な場所です。

礼文町については詳しく知りたい方は町のHP・礼文島観光協会のHPをご確認ください。
礼文町HP
http://www.town.rebun.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000300.html
礼文島観光協会HP
http://www.rebun-island.jp/about/

プロジェクトの経過レポート
2020/12/10

2020年12月現在も地域おこし協力隊募集中です。
地域おこし協力隊の募集のほか移住定住の担当としても活動しておりますので、礼文島に興味がある方はぜひご連絡ください!!

2020/09/07

記事を見ていただいてありがとうございます。

9月に入り募集期日まで1か月を切りましたが、礼文町地域おこし協力隊はまだまだ募集中です!。


まだ応募期日まで日もあります。礼文町に興味を持っていただいた方でご質問等あれば回答いたしますので、ぜひ「応募したい」から気軽にメッセージでお送りください。

鈴川 未来
地域おこし協力隊
離島好きが高じて、北海道の北端の離島礼文島で活動しています。 離島ならではの生活環境やコミュニティが好きで、海に隔てられている環境だからこその良さが魅力で島生活をしています。 大学中退→ニート→公務員→ニート→地域おこし協力隊と自由にやらせて持っています。 現在、礼文島での生活は3年目、島の方々にたくさんお世話になっています。しっかり恩返しできるよう活動をしていきたいです。
35
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
礼文島の皆様へ、 私は今は神奈川県大磯町に住む81才男子。 北九州出身の電気技術者です。 自宅(集合住宅)で太陽光発電+蓄電による 自家発電の実証的研究をしています。 しかしパネル設置面積不足で悩んでいます。  20平方米くらいの日当り良い、屋根か庭を 欲しています。 適当な空き家は有りませんか? 自費購入し、定住して研究を続けたい。 話変わって、私は昆布が大好きです。昆布は和食 にとって大切な材料です。 礼文島の回りには、たくさんの昆布があると 思われます。昆布製品で町を、より活性化しましょう。 昆布の生産施設の電力を太陽光発電で作る案どうですか? 蛇足:下手な川柳ですが、 「昆布の海 渡ればあちらは ユーラシア」   ー昆布好(柳名です) 柳名にチャイをつけないこと、    ロシアの大作曲家に失礼(笑)。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!