【協力隊募集!】【サポートあり】【週4日/副業可/賞与有】空き家利活用ミッションで活動してみませんか?
募集終了
働く・住む
公開日:2022/01/12
終了日:2022/12/31

【協力隊募集!】【サポートあり】【週4日/副業可/賞与有】空き家利活用ミッションで活動してみませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

地域おこし協力隊として、空き家利活用ミッションで
岡山県鏡野町を盛り上げていただける方を募集します!

【募集の背景】
平成30年度に町が行った調査によると鏡野町内には860件の空き家がありました。
その中で、空き家バンクで紹介している物件は30件程度しかない状況です。
良質なものも含めてたくさんの「空き家がそのまま放置」されています。
そのような中、より多くの空き家の利活用に向けた活動が必要になっています。

現在、事業所のスタッフで町内の各集落に出向き、町が行った空き家調査の現況の確認と
新しい空き家の情報収集活動を行っておりますが、地域おこし協力隊の方に
活用できる空き家の掘り起こしや、利活用の推進、空き家の利活用についての
アイデアを出していただき、少しでも多くの空き家が利活用されるように
していきたいと考えています。

【町の紹介】
岡山県の北部に位置する『鏡野町』(かがみのちょう)
人口13,000人弱の小さな町に岡山県でも有数の美しい自然の風景が
ぎゅっと詰まっています。町には大型スーパーがありネット環境等
インフラも整っていますので不便を感じません。
空気が澄んだ景色に囲まれて、四季のコントラストを身近に感じながら
里山暮らしができます。

空き家には「たくさんの可能性」が詰まっています

【概要】
鏡野町には町内に集落(町内会)が約90地区あります。
2022年3月までにすべての集落の空き家の実態調査を終える予定です。
地域おこし協力隊の方にその中から利活用可能な空き家をピックアップして頂き
持ち主さんと利活用に向けた相談やアプローチをしていただきたいと考えています。

【ミッション詳細】
①まずは地域のことを知ってもらうために月に7つ~8つくらいの集落を訪問して
頂いて区長さんや地元住民の方とコミュニケーションをとって頂きたいです。
空き家の事は地域の方々と一緒に解決していきたいと思っています。
そのためにも各集落と連携して情報共有や協力体制を構築していく必要があります。
空き家の持ち主さんの情報、空き家の状況は日々変わっていくため、
常に新しい情報が得られるようにその仕組みを確立していただきたいです。

②各集落から得られた情報をもとに利活用可能な物件を絞り、空き家の持ち主さんと
利活用について相談やアドバイスをしていきながら利活用可能な物件の選定をしていきます。

③空き家の持ち主さんとの話し合いの中で利活用の方向性が決まった空き家のデータを
まとめてもらいます。
(例:空き家バンクへの登録、賃貸、宿泊施設・飲食店での利活用など)

※空き家バンクへの登録、賃貸ほかでの利用可能な物件が増えることは、利用者に
とっては選択肢が増えるので成約につながりやすくなりますし、それは所有者、
利用者からの相談が増えていくといった好循環を生み出します。

④ ③でまとめたデータを活用しながら
・空き家を利用したい方(移住者など)や町内で起業したい方などに空き家を紹介し
持ち主さんと利用したい人の間に入って橋渡し(情報提供)を行い成約につなげていく

・依頼があれば空き家管理(メンテナンス)業務を行う
(例:室内・外観点検、風通し、通水、雨漏り点検、簡単な清掃、ポスト掃除、草刈りなど)
 
・空き家をきっかけにして各集落での困りごとがあればそれを拾っていく
→ 集落の課題解決に向けて関わっていく(草刈り、休耕田の問題etc)

協力隊の方が分からない所は事業所スタッフが丁寧にサポート致します。
慣れてきたら自身のアイデアを出して活動して頂ければと思います。

【目標】
・目標数値を設定した上で、ひとつでも利活用に至る空き家を増やしていく
・地域の色々な課題を解決していく(協力隊の方ができる範囲で)

【協力隊受け入れ事業所】
一般社団法人 カガミノミライ
(https://kagaminomirai.com/)

[事業内容]
移住・定住総合相談窓口
空き家管理業務
地域おこし協力隊支援
婚活イベントの実施
関係人口創出
集落支援
観光事業
団体ツアー事業
特産品の販売

立派な家が空き家になっていることも

立派な家が空き家になっていることも

空き家の庭の除草作業の様子

空き家の庭の除草作業の様子

アイデアをもとに行動・交渉することが好きな方へ

空き家の利活用と一言で言っても、色々なアイデアがあると思います。
発想することが好きな方は、ネタに困ることがないかもしれません。

一方、空き家の持ち主さんも色々な考えを持ってらっしゃいます。

たとえば...

・空き家を売りたい/貸したい
・移住される人が住むところを探しているのなら条件次第で貸したい
・カフェや飲食店など店舗で利用したい人に空き家を使ってもらいたい
・ゲストハウスなど宿泊施設として活用してもらいたい
・固定資産税などがかかっても無くなると寂しいので現状のまま維持したい
・空き家問題は理解しているが、具体的な解決方法が分からず放置している
・お盆、年末年始など年数回帰省して利用するのでそのままにしておきたい
・隣地に家を新築した。旧家を壊すのに莫大な費用がかかるのでそのままにしている
・帰省する費用のことや、管理のことも考えて空き家管理サービスを利用してみたい

などなど。

持ち主さんの「空き家をこうしたい」という思いを上手く汲み取って、
もし空き家を利用したい人がいるのなら、その方に情報提供を行い、
双方にメリットがあるように提案するのがいいと考えています。

ですので、持ち主さんから話を聞いたり(コミュニケーションをとり)、
交渉したり、利用したい人に空き家の情報を詳細に伝えたりする必要があります。
また空き家の情報を纏めたりすることも必要になってくると思います。

そういうことが好きな方は、協力隊制度を利用して
「空き家 利活用」のミッションにチャレンジしてみませんか?

「空き家利活用」ミッション 地域おこし協力隊 受入条件

【必須条件】
次の条件をすべて満たす方とします。
(1) 令和4年4月1日現在で、年齢が20歳以上50歳未満の方
(2) 申し込み時点で、3大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島など
の条件不利地域を除く)に在住し、採用後に鏡野町へ住民票を異動させて生活できる方
※詳細な地域要件は、お問い合わせください。
(3) 心身ともに健康で、誠実に勤務できる方
(4) 地域の活性化に意欲があり、地域住民、関係団体とともに地域が抱える課題の解決に積
極的に取組むことのできる方
(5) 鏡野町に1年以上定住する意思のある方
(6) 普通自動車免許を有し、実際に運転できる方(AT 限定可)
(7) パソコン(ワード、エクセル等)の基本操作ができる方
(8) 地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

【募集人数】
1名
(※募集人数に達した時点で募集終了とします)

【勤務時間】
週4日 7時間45分/日を基本としています。
(必要に応じて休日出勤もありますが、その場合は振替休日対応とします)

【給与・賃金等】
月額168,000円程度
賞与あり

【待遇・福利厚生】
・社会保険等に加入します
・予算の範囲内で家賃の一部を負担します
・通勤距離に応じて通勤手当を支給します
・活動に必要な経費は隊員と協議の上、予算の範囲内で負担します

その他の待遇については、募集要項(http://www.town.kagamino.lg.jp/?p=255853)
をご覧ください。
(※応募の際はぜひこのページの「興味ある」ボタンも押してください)

【申込受付期間】
2021年12月13日 ~2022年12月31日

【審査方法】
応募いただく前に実際に来町していただき、1泊2日程度で町内の地域や
団体等の案内を予定しています。
(*オーダーメイド型 移住体験ツアーを実施していますので、よろしければご利用ください)

◇第1次選考
 書類選考
 ※提出書類については、募集要項でご確認ください。

◇第2次選考
 第1次選考合格者を対象に、第2次選考(面接試験)を行います。

【応募書類】
鏡野町役場公式サイトからダウンロードして下さい
http://www.town.kagamino.lg.jp/?p=255853
(※応募の際はぜひこのページの「興味ある」ボタンも押してください)

カガミノミライ事務所(PLANT5内)

カガミノミライ事務所(PLANT5内)

奥津渓にて(移住・定住相談ミッション 協力隊員)

奥津渓にて(移住・定住相談ミッション 協力隊員)

鏡野町
鏡野町 地域おこし協力隊員が紹介する鏡野町ってこんなところ!

【地域おこし協力隊について】
鏡野町では現在地域おこし協力隊員が活動しています。
隊員はそれぞれのミッションにおいて日々活発に活動しています。

しかし、鏡野町を多角的な側面で盛り上げていくためには、
まだまだ協力隊員が必要です。(あなたの力が必要です!)

当事業所では「空き家 利活用」のミッションで募集をしていますが、
ミッションは他にもあります。

2022年度地域おこし協力隊 募集ページ(鏡野町役場公式サイト)
http://www.town.kagamino.lg.jp/?p=255853
(※応募の際はぜひこのページの「興味ある」ボタンも押してください)

町の文化や伝統、大切にしていることを理解して頂きながら、
時に隊員同士でチームを組み活動したり、今までとは違った切り口で新しいアイデア、
発想をもとに活動して頂ける方を求めています。

活動で不安な点、心配事があれば先輩隊員がサポートできます。
新しく着任した隊員を孤立させることなく、問題があれば一緒に解決し、
その人らしい活動、その隊員のスキルができるだけ発揮できるように
日々協力隊の環境作りにも取り組んでいます。

プロジェクトの経過レポート
2022/05/21

募集終了

本ミッションについて募集を終了致します。

鏡野町 地域おこし協力隊員
鏡野町 地域おこし協力隊
2021年4月に岡山県苫田郡鏡野町に地域おこし協力隊として着任。受け入れ事業所一般社団法人カガミノミライに配属後、移住・定住相談業務に従事。2022年4月から情報発信ミッションにスライドし活動中。 着任後、自分のミッションでの活動だけでなく、協力隊全体の活動環境をさらに良くするために、他複数地域への視察を実施。協力隊が複数人でイベントを企画し開催。協力隊募集に合わせてオンライン相談会を実施等、精力的に活動中。 【主な業務】 ・移住相談会の準備、当日対応 ・事務所の来客・受電対応 ・空き家下見会参加 ・関係サイト更新 ・SNSでの情報発信 ・イベントスタッフ業務 ・協力隊自身が企画した活動 ・他地域への視察(鏡野町の協力隊受け入れ体制の改善のため) ・協力隊の研修への参加 ・報告書等事務処理対応
105
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
年齢上限が厳しいですね、現役でフルタイムで働いているので、対象外なのは残念ですし、失礼ですね。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!