【館長さんを大募集!】地域とともに支える「IT×公教育」の新たな拠点づくりにチャレンジしてみませんか?高知県須崎市
働く・住む
公開日:2021/09/10
終了日:2022/01/01

【館長さんを大募集!】地域とともに支える「IT×公教育」の新たな拠点づくりにチャレンジしてみませんか?高知県須崎市

pin 高知県須崎市
(サブエリア: 加賀市/金沢市/渋谷区)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

●ミッション
 私たちNPO法人みんなのコードは「全ての子どもがテクノロジーを楽しむ国にする」をミッションに、全国の小中学校や高校でのプログラミング教育支援のほか、子どもたちが学校外でテクノロジーに触れられる居場所作りをしています。

●募集の背景
 学校の教育支援を続けていくうちに、テクノロジーに興味が湧いた子どもたちが、経済的な背景に関係なくもっと自発的に学ぶことのできる居場所が【学校外】にも必要だと感じるようになりました。

・【コンピュータクラブハウス】とは?
子どもたちがいつでも安全に無償で最新のテクノロジーに触れられる施設です。アメリカ発祥で、現在は全世界に100拠点以上もありグローバルなネットワークを築いています。私たちは2019年に日本の第一号拠点を石川県加賀市に、2021年7月には二号拠点を石川県金沢市に設立し、運営を続けています。

・次なる拠点、【高知県須崎市】
 私たちは地方自治体のテクノロジー教育に対する声に耳を傾けながら、その求めに応じ、2022年に次なる拠点を高知県須崎市に設立します。須崎市は、市内の高校統合をきっかけに、図書館の新設を計画するなど学習環境の整備を進めており、IT教育にも力を入れていきたいことから、弊社との協業が決定しました。

▼運営中の拠点についてはコチラからご覧ください。
・コンピュータクラブハウス加賀(CCH) 石川県加賀市 https://computer-clubhouse.jp/
・ミミミラボ 石川県金沢市 https://mimimi-lab.jp/

拠点の顔として、ティーンズの活躍の場を地域とともにつくりあげる

●館長とは…?
教育拠点であるラボ(仮称)の顔であり、ラボの新規立ち上げを推進していくポジションです。

私たちが推進する「テクノロジー×子どもの第三の居場所」をコンセプトに掲げるラボづくりは、デジタルやクリエイティブに興味のある10代の小中高生が訪れますが、決まったカリキュラム等は用意していません。館長はいろいろなツールや事例を提示しながら、その子が興味のあることを見つけていきます。何かを極める作業は、ときに孤独です。子どもがやってる活動を見て、「一緒にやっている子はいる?」等と問いかけながら、誰かとつなげて、刺激を得てもらうことはできないか、と常に考えます。そのために、ラボにはメンターと呼ばれる各種クリエイティブのプロがいます。メンターは大学1年生〜40代の男女さまざま。館長には、クリエイティブの知識や経験は必要ありませんが、常に学ぶ姿勢は持ち続けてほしいと思います。

メンターのマネジメントも館長の大事な仕事の一つです。いろいろな道のプロであるメンターから教わる姿勢を持ちながら、メンターの実現したいことをラボでどう実現させることが最適解なのか、メンターに対しても子どもたちと同様の寄り添う姿勢が必要です。

また、10代の子どもたちはラボに通ううちに、もっと面白い動画を作ってみたい、クリエイティブを活かした仕事に就いた大人と会ってみたい、という意欲がどんどん湧いてきます。そのような彼らのために、地域の団体や企業と連携してイベントを企画運営したり、キャリア構築のきっかけ作りをしたりします。

●具体的な業務内容、得られること
・施設を訪れる10代の小中高生と対話しながら、各種テクノロージーを活用して、クリエイティビティを伸ばすサポートを行います。子どもたち自身の得意分野を発見し、自信をつけていく成長機会を創出できます。
・子どもたちを支援するメンターの育成・マネジメントを通じて、自分自身の成長にもつながります。
・業務を通じて、地域に根ざしたコミュニティの運営力、地域や行政などさまざまなステイクホルダーとの協働力・交渉力、コーチング力などが身につきます。

すでに他拠点でラボを運営している館長がいますので、わからないことがあれば相談しながら業務を進めることが可能です。

▼これまでの主な活動はコチラからご覧ください。
 https://computer-clubhouse.jp/category/blog/

▼メディア掲載情報はコチラからご覧ください。
 教育と地方をつなぐ「コンピュータクラブハウス」石川・加賀での取り組み(朝日新聞デジタル&E)
 https://www.asahi.com/and_edu/articles/0028/
 コンピュータクラブハウスを、子どもたちが没頭できる「居場所」の一つに!(Impress Watch)
 https://www.watch.impress.co.jp/kodomo_it/news/1226689.html
 【R2.12.26北陸放送】未来を創るのは、君たち。~加賀市の先取STEAM教育とは~(MRO北陸放送)
 https://www.youtube.com/watch?t=928&v=cOafVxBWn9o&feature=youtu.be

中高生がいつでも安全にテクノロジーに触れられる居場所をつくっていきます。

中高生がいつでも安全にテクノロジーに触れられる居場所をつくっていきます。

メンターと協力しながら、子どもの「やってみたい!」を応援します。

メンターと協力しながら、子どもの「やってみたい!」を応援します。

子どもが好き!革新的な仕事もしたい!という人を探しています

たとえば、こんな経験がありませんか?

・子どもに接する仕事、企業での後輩の採用・研修などの経験(インターン、ボランティア等でもかまいません)
・子どもが好きな方/ 次世代の育成に興味のある方
・臆せず人と話すことが得意な方
・相手の興味に関心を注ぐことの得意な方
・基本的なPCスキルがあること(Google WorkspaceやWord、Excel、PowerPoint)
・プログラミングやクリエイティブ等の知識や経験は必要ありません。ただし、テクノロジーや教育を通して、子どもの未来は変わる可能性がある、と思えている方
・学校等の既存の取り組みのなかで、「教育」を変えていくことの難しさを感じている方

時には一緒に活動しながら、子どもたちの興味に寄り添います。

時には一緒に活動しながら、子どもたちの興味に寄り添います。

ラボをどう運営していくかをお任せします!(画像は他拠点のラボです)

ラボをどう運営していくかをお任せします!(画像は他拠点のラボです)

はたらく条件

●契約期間:
長期※入社時期はご相談に応じますが、2022年1月までに勤務いただける方を優遇します。

●勤務場所:
高知県須崎市大間駅周辺を予定

●勤務時間:
週5日、1日8h勤務(フレックスタイム制、一部在宅勤務可)
※ラボ開館時間(調整中)は原則出社をお願いします。

(参考)
コンピュータクラブハウス(加賀市)開館時間
 水曜〜金曜:15:30-20:00 土曜:10:00-17:00(年末年始・特別休館日を除く)
ミミミラボ(金沢市)開館時間
 水曜、土曜:13:00-18:00 木曜、金曜:15:30-21:00(年末年始・特別休館日を除く)

●給与:
月給250,000円~+賞与あり
※ご経験・スキル・勤務条件に応じて相談の上、決定します。

●休日休暇:
週休2日※相談に応じて土日休みも可
年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、出産休暇、育児休暇、介護休暇

●福利厚生:
・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
・交通費支給※上限あり
・時間外手当
・賞与あり

移住先で結婚、空き家を購入し改修しながら暮らしているCCH館長(左)。しっかり休暇が取れますので、プライベートも充実させられます!

移住先で結婚、空き家を購入し改修しながら暮らしているCCH館長(左)。しっかり休暇が取れますので、プライベートも充実させられます!

年に数回、みんなのコード全社員が集まる機会を開催し、相互理解や現場課題に対するディスカッションも行っています。

年に数回、みんなのコード全社員が集まる機会を開催し、相互理解や現場課題に対するディスカッションも行っています。

須崎市
末廣 優太が紹介する須崎市ってこんなところ!

須崎市は高知県の中西部に位置しています。黒潮かおる雄大な太平洋に面し、約120キロの海岸線を有する「海」の町です。私も2度ほど訪れましたが、「次に移住するなら須崎市か...」と思えるほど風土の良いところです。そんな須崎市ですが、市内の高校の統合を行い、図書館の新設を計画するなど学習環境の整備にかなり力を入れています。今回新たな教育拠点として私たちが支援するラボも、そんな須崎市の取り組みの一つ。これからのどんな町になっていくのかワクワクします。
(写真左から、みんなのコード代表理事 利根川、みんなのコード末廣、石川県加賀市の宮元市長)

末廣 優太
特定非営利活動法人みんなのコード
特定非営利活動法人みんなのコード Hub div. マネージャー。石川県デジタルアーティスト発掘委員会 代表。複数のITベンチャーで新規事業を立ち上げた後、石川県に移住。移住後は学習塾や教育委員会、NPOなど多種多様な立場から教育事業に携わっている。2019年には「全てのこどもたちが気軽にテクノロジーに触れ、表現することを楽しむ」ことを理念に掲げた施設「コンピュータクラブハウス」を石川県加賀市と共に立ち上げ、館長を務めている。2021年、大阪大学大学院人間科学研究科に進学。「実践と研究」の二足の草鞋を生かし、「テクノロジー×子どもの第三の居場所」の全国展開を見据えた政策提言の準備を進めている。 みんなのコード 公式サイト:https://code.or.jp/ ポートフォリオ:https://html.co.jp/yutasuehiro
54
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}