静岡県下田市

静岡県下田市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
63.5ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

静岡県下田市ってどんなところ?

【伊豆】CRAFTRIP
myProduct株式会社

下田は1年を通じて温暖な気候と急峻な地形により、四季を通して様々な草花や果実が生育し、黒潮の流れる太平洋が育む豊富な海産物と合わせて、昔から自然の恵みが多い場所として知られています。
そんな自然に恵まれた土地に、人々が往来し港町となりました。1854年には米国ペリー率いる黒船艦隊が停泊したため、我が国最初の開港の地です。街中には、当時を物語る史跡が残され、白と黒の碁盤の目が斜めに交差する美しい「なまこ壁」は、下田ならではの雰囲気を醸し出します。
昔から豊富な漁場で全国から船が集まり、民宿発祥の地とされる、下田の台所・須崎。そんな漁師たちが手土産を買うのに、下田にはお菓子屋さんが多いのも特徴。さらには、下田芸者が生まれ、今では観光業が盛んになりました。
様々な人を受け入れてきた、下田の人々。そんな下田に住む、素敵な人たちにぜひ会いにいらしてください。

LivingAnywhere Commons 事務局
LivingAnywhere Commons

海を望む伊豆の拠点で、自由な生き方を実現
静岡県下田市、伊豆急下田駅から徒歩5分の場所に、LivingAnywhere Commons の拠点があります。ワークエリア・コミュニティエリアとなるNanZ VILLAGE、そしてNanZ VILLAGEから徒歩3分の場所には、港と海を望む4階建てのレジデンススペースを完備しています。ワークや居住に必要な機能は備えながらも、むき出しの壁や配線など、手付かずの余白部分を利用者が使いながら共創・シェアしていく、可能性に満ちたスペースです。

梅田直樹
Living Anywhere Commons下田

伊豆急下田駅から徒歩5分の場所に、LivingAnywhere Commonsの拠点はあります。ワークエリア・コミュニティエリアとなるNanZ Village、そしてNanZ Villageから徒歩3分の場所には、港と海を望む4階建てのレジデンススペースを完備しています。ワークや居住に必要な機能は備えながらも、むき出しの壁や配線など、手付かずの余白部分を利用者が使いながら共創・シェアしていく、可能性に満ちたスペースです。
4階建てのレジデンススペースは、元は造船会社の社員寮だった建物です。そのため港はもちろん、下田の中心街や、伊豆急下田駅からも好アクセスの立地にあります。周辺に高い建物が少ないこともあり、屋上からの眺望も絶景。
全てのスペースはメンバーの手で常に作り変えていくことが可能です。壁面を塗装したり、使いやすい家具をDIOしたり、海を望む開放的なスペースで、自由に想像力を膨らませてみませんか。
NanZ Villageはレストランやマルシェ、カフェなどが併設する共用のコミュニティスペースで、Wi-fiや電源環境の整ったLivingAnywhere Commons専用のワークスペースもあります。カフェでの打ち合わせやワークスペースでの作業、テラスでイベントやワークショップを行うなど、開放的な環境の中で、自分らしいワークスタイルを確立してみませんか?
NanZ Village内では大人気店エディバーガースタンドや元製氷所跡地を思い出させるカキ氷店 下田南豆製氷所、地元ローカルサーファーが運営する多国籍居酒屋 楽海(らう)、RUM酒が30種類以上置いてあるNanZ Kitchenなどを楽しむことができます。メンバーだけでなく、様々な目的で訪れる人々との新たな出会いや関係性を拡張するコミュニティの場としても役立ててください。

伊豆半島の先端にある、海と山、豊かな自然に囲まれた静岡県下田市。
人口2.2万人程、東京から3時間ほどで行くことのできる下田市には、白く美しい砂浜が多く存在し、夏には海水浴を楽しむ人々で賑わいます。
冬にも温泉やグルメを楽しむ人々で賑わっている観光地です。

静岡県下田市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

静岡県下田市に関係する人々(65人)

静岡県下田市を知る

静岡県下田市の注目プロジェクト

静岡県下田市はここ!