滋賀県東近江市

滋賀県東近江市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
56.4ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

滋賀県東近江市ってどんなところ?

鈴鹿の山からびわ湖までつながる豊かな自然に恵まれている東近江市は、近畿最大の耕作面積を誇る穀倉地帯です。米、麦をはじめ野菜、果実など多種多様な農産物を生産しています。また、京阪神地域と、中京地域との中間に位置し、名神高速道路などの主要道路が整備されているため多くの企業が進出し県下有数の工業製品出荷額を誇っています。
 聖徳太子ゆかりのち、万葉文化の地、木地師発祥の地など豊かな歴史と文化を有し、近畿地方と全国各地を結ぶ交通の要衝として発展してきました。

滋賀県東近江市愛東地区(旧愛東町)は、琵琶湖の東に広がる湖東平野に位置し、鈴鹿山脈の麓に広がる農村地域。
メロン、ぶどう、梨、いちごと果物の特産品があり、田園風景の中にある道の駅あいとうマーガレットステーションを拠点に発展してきました。
あわせて、聖徳太子が建立したとされる近江最古級の寺院釈迦山百済寺をはじめとした歴史深い地域です。

sonoda yumiko
NPO法人愛のまちエコ俱楽部

滋賀県東近江市愛東エリアは1980年代から、独自のリサイクルシステムを生み出したり、主婦たちが天ぷら油の廃油からせっけんをつくって琵琶湖の水質を守る活動をしたりと、『地域の課題は地域で解決しよう!』という精神のある町。
その住民の動きが基盤となり、地域資源循環のモデル『菜の花エコプロジェクト』が生まれました。

学校の子供たちを民泊で受け入れたり、地域のお母さんたちがシェフをする農家レストランが誕生したり、新規就農者が生まれたり…現在進行形で動いている、”呼吸する町”です。
それは、地域の人にも町を想う気持ちがある証。

農産物も豊かで、隣の道の駅『あいとうマーガレットステーション』は県内でも指折りの人気スポット。ブドウや梨、イチゴ、メロンなど県内では美味しい果物の生産地としても知られています。直売館に野菜を出す農家さんたちも生き生きしています。
生産物も人も、この地域の魅力ある資源です。

滋賀県東近江市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

滋賀県東近江市に関係する人々(60人)

滋賀県東近江市を知る

滋賀県東近江市の注目プロジェクト

滋賀県東近江市はここ!