奈良県三宅町

奈良県三宅町

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
55.2ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

奈良県三宅町ってどんなところ?

三宅町MiiMo
奈良県三宅町交流まちづくりセンターMiiMo

奈良県三宅町(みやけちょう)は、面積4.07平方キロ。県内で最も狭い市町村であり、全国でも2番目に小さい町です。古代の大和国城下郡三宅郷の地であり、倭(やまと)屯倉に比定されます。旧三宅村を中心とする微高地上に倭国造家の墳墓と見られる三宅古墳群が所在します。かの聖徳太子が斑鳩と飛鳥を行き来した「太子道」が一部まだ残っています。また石見、但馬、三河など町周辺には旧国名地名が多いのも特徴です。
古くからスポーツ用品(特に野球用グローブやスパイクシューズなど)の生産が盛んで、現在も40近くの業者が存在する。最盛期(1970年頃)には国内のグローブ生産量の80%を三宅町が占めていました。

奈良県三宅町は、東西約3.4km、南北約2.0km、面積4.06平方キロメートルと県内で最も小さいまちであり、全国でも2番目に小さいコンパクトなまちです。

古くは聖徳太子が斑鳩から飛鳥へ通われたといわれている道路の一部として現存する太子道、万葉集に歌われた唯一の花である「あざさ」、社会福祉事業の先駆者といわれている忍性菩薩の生誕の地など歴史と文化が香るまちです。

地場産業では、革製品製造業、特に野球用グローブ・スパイクなどのスポーツ用品が地域ブランドとなっており、その品質の高さは全国から注目を集めています。また、奈良盆地の肥沃な耕作地を有することから、豊かな農産物が生産されています。

安田 翔
奈良県三宅町役場(プロボノ)

三宅町は奈良県磯城郡(しきぐん)に属し、面積 4.06 平方キロと全国でも 2 番目に小さい
町です。大阪・京都などの都心部と奈良南部の山間地帯のちょうど中間に位置します。京奈和自動車道のインターチェンジがあったり、近鉄電車2駅(石見駅、黒田駅)が使用できたりと、都心部と山間地帯のそれぞれにアクセスしやすい「ちょうどいい田舎」です。

三宅町は「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」の実現を目指し、森田町長を中心とした改革がはじまっています。全国で初めて官民連携による手ぶら登園の実施、民間からの複業人材の登用など、従来の行政の枠に縛られない取り組みを数多く手がけています。

手ぶら登園の事例:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000038762.html
複業人材登用の事例:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000047859.html

奈良県三宅町の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

奈良県三宅町に関係する人々(38人)

奈良県三宅町を知る

奈良県三宅町の注目プロジェクト

奈良県三宅町はここ!