山口県萩市
SMOUTアワード ブロンズ

山口県萩市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
71.7ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

山口県萩市の人に
移住相談してみよう!

萩暮らし応援センター(萩市おいでませ、豊かな暮らし応援課内)
Kem Pan
メッセージする
國分整
メッセージする

山口県萩市ってどんなところ?

釼物佳代子
萩市おいでませ、豊かな暮らし応援課

萩市は、海・川・山に囲まれ日本で唯一「江戸時代の地図がそのまま使える町」といわれるほど、城下町の町並みが残っており、平成27年には萩反射炉などの萩の5つの資産が「世界遺産」に登録されました。
山と海に囲まれ、「千石台大根・山口あぶトマト・見蘭牛」などの農畜産物、「萩のあまだい・須佐男命いか」などの水産物は萩のブランド産品です。
自然豊かな環境の中でヒトに出会い、ヒトを通じ、自分の生き方・暮らし方・働き方を見つめなおし“萩暮らし”はじめてみませんか?

移住に関する情報は、萩暮らし応援サイトをご覧ください。
https://www.city.hagi.lg.jp/site/teijyu/

河津梨香
はぎまえ698 (農泊と編集を営む地域の小さな会社です)

山口県の北部に位置する萩市は、面積が698平方キロメートルと、かなり広大。
日本海に面し250種類以上の魚介が揚がる海の地域と、大根やトマト栽培が県内一を誇る山の地域、そして三角州の城下町などで構成され、景色も資源もホント様々です。

左写真のように、冬は幻想的な雪景色に包まれる地域もあります。これはウチの周りで、むつみ地域の光景。むつみ地域は萩の農泊始まりの地で、萩が誇る日本酒造りのA to Zを見ることができます。この地域をあげて取り組む循環型のローカル産業を巡るのが「FURUSATOサイクリング」ツアーです。希少な酒米を磨く(削る)工場=とう精工場では、面白いおじちゃんたちに出会えるので、このツアーもオススメですよ!

JO Mutsumi
萩市ローカルエディター

JO Mutsumiが紹介する萩市ってこんなところ!
萩市に地域おこし協力隊として移住して1年が過ぎました。私は普段、文化財や公園、駅舎など、街中のざまざまな場所を使ってワーケーションをしたり、田舎に泊まろう企画として、地域の暮らしに密着しながら自分なりの視点から地域の暮らしを発信しています。まだ知らない地域のリアルをこれからも知り、伝えていきたいと考えています。

龍 竜馬
萩市地域おこし協力隊(萩市田万川総合事務所 所属)

田万川地域は、萩市の北東部にあって島根県境に位置しています。まちの中央には田万川が流れ日本海に注いでいます。田万川沿いには田園風景が見られ、山地の小川地区・平山台では桃・梨・栗・りんごが生産される一大産地となっています。また、小川地区内の酒蔵で生産される日本酒「東洋美人」は全国的な銘柄となっています。江崎漁港では日本海の豊富な海産物が水揚げされています。田万川地域は、山・川・海がそろった自然豊かな地域です。

ささラブ応援隊
萩市佐々並を元気に!ささラブ応援隊

佐々並は、中国山地の山間にある人口570人の緑豊かな山里です。

中心部は標高が約200mで、夏は涼しく、冬は雪景色となる日もあり、
四季の移り変わりを暮らしの中で楽しめます。
また、山間部ですので寒暖差が大きく、美味しいお米やお野菜が育ちます。

地理的には山口県の中央に位置し(以前は中国地方ど真ん中サミットにも参加)、
萩市街地や山口市街地まで車で約20分~30分とアクセスも良好!
山口県内の各人気の観光地にも約20分~1時間弱程度で行けます。

佐々並地域はおよそ1億年前のカルデラ噴火により、中央部がくぼんだ地形になっているので、美味しい水が中心部に向かって流れています。

中心部は水が豊富なことにより、江戸時代より山陰の萩と瀬戸内の三田尻を結ぶ「萩往還」の宿場町として栄えました。
また、豊富な美味しい水を利用した「ささなみとうふ」が名物です。

町並みは現在も石州赤瓦の町屋が佇み、当時の風景を色濃く残し、
国選定の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

また、古道となった萩往還を自然と歴史を楽しみながらトレッキング感覚で歩かれる方が、
年間22,000人訪れます。
現在も「萩往還」の休憩地点として、佐々並で休息される方も多いです。

コンビニ機能を持ちあわせた、道の駅「あさひ」も中心部にあります。

「ちょうど良い田舎、ささなみ」

ぜひお越しください。

上田晃司
萩市ローカルエディター

◇今回ご紹介したのは、萩市見島です◇
萩沖約45kmの日本海に浮かぶ見島は、周囲18kmの小さな島。古来より大陸との交易の要衝、防人が置かれた島として、独特の伝統文化が残っています。
対馬暖流の影響により魚介類が豊富で、ウニとサザエを炊き込んだウニ飯や、地元でヨメノサラと呼ばれる貝のぐべ汁など、海の幸の郷土料理も魅力。釣りやダイビングのスポットとしても人気があります。
赤褐色の火山噴出物の断崖に立つ、全国で3ヶ所といわれる正観音が祀られている「宇津観音堂」や、7~10世紀の古墳群「ジーコンボ遺跡」など、見どころも多いスポットです。
また、春や秋になると多数の渡り鳥が訪れ、バードウォッチングのスポットとしても知られています。
見島では、長男が生まれた正月に、親族・知人・友人らが集い、子供の健やかな成長を願って大凧を作り、揚げる風習があります。この大凧は「鬼楊子(おにようず)」と呼ばれ、見島固有の風習、伝統工芸となっています。
☆萩観光協会公式サイトより(https://www.hagishi.com/search/detail.php?d=1100259

■ 情 報 ■
見島おたからマップ→ https://www.city.hagi.lg.jp/site/machihaku/h30847.html
(萩市ホームページ内)

☆取材・写真:ローカルエディター上田晃司(萩市)
☆協力:萩GoChi~はぎのごちそう~ https://hagi-gochi.jp/

吉田知弘
ヨシダキカク(萩市地域おこし協力隊OB)

 萩市は歴史の町として有名ですが、移住者の方が始めた飲食店や地域の方がチャレンジしたカフェなど新しいスポットも少しづつ増え、歴史と新しさとが混在している面白い町です^^
素敵な方たちもたくさんいます!
色々な人が交わることで、あたらしい萩の魅力に出会えるかも!?

 暮らしの豊かさが味わえる町・萩市で、楽しく過ごしている人達に出会いませんか??
お気軽にお問合せください^^

舩木美弘
ささラブ応援隊(萩市立佐々並小学校)

 佐々並は、中国山地の山間にある人口570人の緑豊かな山里です。標高が約200mで、夏は涼しく、冬は雪景色となる日もあり、四季の移り変わりを暮らしの中で楽しめます。
 江戸時代には、山陰の萩と瀬戸内の三田尻を結ぶ「萩往還」の宿場町として栄えました。現在も石州赤瓦の町屋が佇み、当時の風景を色濃く残し「伝統的建造物群保存地区」に指定されています。また、古道となった萩往還を自然と歴史を楽しみながらトレッキング感覚で歩かれる方が年間22,000人訪れます。
 佐々並小学校も明治六年に創立された歴史ある学校です。たくさんの地域の方が学校の支援に来校され、子どもたちに「地域の特色」が体験を通して伝えられています。

山口県萩市の口コミ

萩市に地域おこし協力隊として移住して5か月が過ぎました。 萩市は観光のイメージがありますが、協力隊をはじめとした移住者が多く、皆がそれぞれの強みをいかして新しいことをしようと取り組んでいます。 これからもっと面白くなる、そんなワクワクがあふれる街に移住することができてとても嬉しいです。これからも、萩でのさまざまな「暮らし」をテーマに発信していきます。
コメント (0)
萩で暮らしをはじめて17年。 子育てもひと段落し、第二の人生を何しようか考え中。 今は、釣りに夢中です。釣れなくても平気。なぜなら、海がきれいだから(笑) 昨日は、釣り仲間から「ワカサギ100匹」もらったよ。
コメント (0)
地域おこし協力隊として萩市に5か月がたちました。 萩市は歴史ある町として有名ですが、自然も豊かな市です。 朝もやに霞む幻想的な山々、夕日に染まる海・空。 東京に長く住んでいた私にとっては、手足が伸ばせ、大きく深呼吸できる素晴らしい毎日です。
コメント (0)
山口県萩市に関係する人々(509人)

山口県萩市を知る

山口県萩市の注目プロジェクト

山口県萩市はここ!