佐賀県武雄市

佐賀県武雄市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
59.3ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

佐賀県武雄市ってどんなところ?

豊田 秀敏
㈱アグリ御船 代表取締役   SYU企画 代表   武雄マルチワーク協同組合 代表理事

『いで湯と陶芸のふるさと元気な、ぬくもりがある、人かがやく』
『ユニバーサルデザインのまち』
武雄市(たけおし)は、佐賀県の西部にある市です。
平成18年3月1日に、旧武雄市、山内町、北方町が合併して誕生し、9つの町(武雄町、橘町、朝日町、若木町、武内町、東川登町、西川登町、山内町、北方町)から成っています。
佐賀市と長崎県佐世保市の中間に位置する町で、町の中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉があり、この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり国の重要文化財に指定されています。

武雄市(たけおし)は、佐賀県西部にある人口約48,000人の市です。江戸時代には海外から流入した文化を伝える長崎街道の宿場町として発展し、現在は西九州新幹線の開通とともに、陸路の要所として新たな発展の機会を得ています。
リニューアルした武雄温泉駅から長崎駅までは約30分。博多駅までは約60分。住む場所、働く場所の選択肢として大いに注目を集める武雄で、地域おこし協力隊として活躍してみませんか?
写真は武雄のシンボル御船山(みふねやま)と黄金色に輝く稲穂。御船山を見ると返ってきた~!と武雄市民が感じる風景です。

佐賀県武雄市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

佐賀県武雄市に関係する人々(8人)

佐賀県武雄市を知る

佐賀県武雄市の注目プロジェクト

佐賀県武雄市はここ!