佐賀県有田町

佐賀県有田町

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
49.9ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

佐賀県有田町ってどんなところ?

門脇 恵
一般社団法人佐賀県地域おこし協力隊ネットワーク

有田町は、佐賀県の西部に位置し、人口約19,000人、面積は65.85平方キロメートルとコンパクトな町。西は長崎県と接しており、美しい景観を誇る田園地帯や、黒髪連山など豊かな自然に恵まれています。
古くからやきものの町として有名な有田町は、1616年に朝鮮人陶工李参平らによって泉山に陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれました。一方で、「棚田」という特徴的な景観を持つ稲作地であり、県下有数の畜産地でもあります。有田焼の「器」と農業の「食」、両方の魅力を堪能できる有田町。伝統と歴史、豊かな観光資源を生かした町づくりに取り組んでいます。
春に陶器市、秋に陶磁器まつりが開催され、内山地区には毎年全国から多くのお客さんが訪れます。

有田町は、佐賀県の西部に位置し、人口約19,000人、面積は65.85平方キロメートルとコンパクトな町。西は長崎県と接しており、美しい景観を誇る田園地帯や、黒髪連山など豊かな自然に恵まれています。
古くからやきものの町として有名な有田町は、1616年に朝鮮人陶工李参平らによって泉山に陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれました。一方で、「棚田」という特徴的な景観を持つ稲作地であり、県下有数の畜産地でもあります。有田焼の「器」と農業の「食」、両方の魅力を堪能できる有田町。伝統と歴史、豊かな観光資源を生かした町づくりに取り組んでいます。
春に陶器市、秋に陶磁器まつりが開催され、毎年全国から多くのお客さんが訪れます。

中村けいじろう
株式会社カヤック

陶磁器の産地として有名な有田町。
毎年ゴールデンウィークに開催される「陶器市」では、県内外から多くの陶器ファンが訪れます。そんな歴史と伝統がある町でも人口減少に伴い、空き家も目立つようになってきました。

最近では、趣のある空き家を活用して、カフェやゲストハウスなど新しい事業をはじめる方も増えてきており、よそ者が活躍できる土壌が育ちつつあります。

佐賀県有田町の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

佐賀県有田町に関係する人々(50人)

佐賀県有田町を知る

佐賀県有田町の注目プロジェクト

佐賀県有田町はここ!