長崎県五島市

長崎県五島市

facebook twitter line
icon_star 応援する ({{ likeCount }})
52.9ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

長崎県五島市ってどんなところ?

長崎県五島市(ごとうし)は、日本の西端に位置する離島です。
日本の渚百選に選ばれたビーチや、九州百名山に選ばれた山がある自然豊かな場所ですが、それだけではありません。
この土地でとれる食材も、肉類・魚・野菜・お米・果物と本当に豊か。
また、歴史、地層、渡り鳥、釣りなど、好きな人にはたまらない奥深さを持った島でもあります。

でもやっぱり来てみなければ分からない!
五島市福江島は、福岡や長崎から飛行機か船で来られるので、五島列島の島々の中では行きやすいのもポイントです。

五島が気になってきた方、住む体験ができるチャンスですよ〜!

門原淳一
特養ゆうゆうの里

*五島市玉之浦町とは
五島市は福江島を中心とした数十の島で構成されていて、玉之浦は福江島の西の端にあります。五島市は五島列島の中では環境に恵まれており、唯一の空路(長崎と福岡)があり、海路は長崎と福岡からの便があります。
島の中心地はそのターミナルでもある福江市街地で、郊外店など生活にはそれほど不自由はありません。しかし、玉之浦町の中心地は車で福江中心部まで50分ほどかかります。10数年前の市町村合併で五島市となってからは、人口が急激に減少し少子高齢化が市内でも著しい地域となっています。

五島観光のトップ3にはいる大瀬崎灯台をふくむ海食崖、リアス式海岸、白砂の遠浅ビーチ、常緑の山など自然景観についてはバツグンで、あらゆるメディアで取り上げられています。ただし、裏を返せば冬は潮まじりのキビシイ北風が吹きます。
弊社にも2名おりますが市内全域で移住者がふえています。2018年度は200名以上が移住しており、コミュニティやネットワークも活発になっています。
島内交通は民間バスがありますが一日4~6本で、自家用車は必須です。飲食店が数軒と小店、移動スーパーがあります。

*町内の子育て環境
へき地保育所2か所(2-5歳児)、たまちゃん保育園(0-2歳児、現在3名在籍 定員5名)
2019年4月より、玉之浦小・平成小・玉之浦中が合併して玉之浦小中学校となりました。生徒数は小学生約20名、中学生約20名です。学校まではスクールバスでの送迎となります。高校は島内に3か所、大学・専門学校はありません。
病院は市立の診療所と歯科診療所が1ヶ所ずつ、それ以外は町外や福江市外です。
駐在所と消防署の分署があります。

*仕事
漁業、農業の一次産業と弊社のような社会福祉事業はいつでもニーズがあります。

*参考サイト
五島市移住サイト
https://www.city.goto.nagasaki.jp/iju/index.html
移住者に対して各種助成があります。

Facebookに登録されているなら…
たまんなゆうゆう
玉之浦町まちづくり情報室

この地域で活動する人(この人たちがスカウトします!)
長崎県五島市に関係する人々(16人)

長崎県五島市を知る

長崎県五島市の注目プロジェクト

長崎県五島市はここ!