青森県弘前市

青森県弘前市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
69.7ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

青森県弘前市ってどんなところ?

東目屋地区は、弘前市の中心部から車で約20分の距離にあり、世界自然遺産「白神山地」にほど近く、北に岩木山を望む、豊かな自然と昔ながらの田園風景が魅了する人口約1,800人の農村地域です。

りんごなどの農業が盛んで、甘みと酸味のバランスが良く実が締まった「山の林檎」は、過去に何度も農林水産大臣賞を受賞しており、地元の中学校にあるりんご農園では、りんごを雪の中で保存する「雪室りんご」作りなどが行われています。

また、三十三霊場二番札所として知られる多賀神社(清水観音)や、ホタルがいるキレイな水や自然環境があり、農作物、山菜、地酒、など自然の恵みが豊かで、獅子舞や登山囃子など郷土芸能も脈々と受け継がれています。

Co-Learning Space 弘前市 https://hls-hirosaki.com/
おやこコラーニングスペースcotto https://www.facebook.com/cottohirosaki

辻 正太
株式会社まちなかキャンパス

◆大鰐町について
大鰐町は、青森県津軽地方の南端に位置し、古くから温泉とスキーで賑わいをみせ、「津軽の奥座敷」として親しまれてきました。

豊かな自然の中で育つ大鰐高原りんごや大鰐温泉もやしなどは、町の特産品として町外からも高く評価されています。


◆大鰐温泉もやしと大鰐温泉もやし増産推進委員会について

大鰐温泉もやしは、大鰐町に古くから伝わる幻の伝統冬野菜です。シャキシャキとした歯応えと独特の芳香で、味わいの良さが自慢です。

栽培方法は決して口外されることなく、現在まで受け継がれてきましたが、一方で、後継者不足に悩んでいました。

この大鰐温泉もやしを何とかしようと結成されたのが、大鰐温泉もやし増産推進委員会です。地域ぐるみでの6次産業化、地域産業の振興、地域特産品の伝承等を目的に活動を行っています。

「お城と桜とりんごのまち 弘前」

弘前市は、青森県の南西部に位置する、弘前藩の城下町として発展したまちです。

市内には、東日本唯一の現存天守「弘前城」をはじめ、寺院街や武家屋敷など、藩政時代の趣を残す街並み、明治・大正期の洋風建築、日本のモダニズム建築を代表する建築家「前川國男」の近代建築など、歴史的文化財・建造物が数多く残っています。

また、平成30年に100周年を迎えた「弘前さくらまつり」や、重要無形民俗文化財に指定されている「弘前ねぷたまつり」、「弘前城菊と紅葉まつり」、「弘前城雪燈籠まつり」と、四季折々に開催されるまつりには、毎年多くの方が訪れます。

弘前市は農業も盛んで、特にりんごの生産量は日本一を誇ります。また、アップルパイやりんごジュース、シードルなどのりんご加工品のほか、「津軽塗」、「こぎん刺し」、「津軽打刃物」など、藩政時代より受け継がれてきた伝統工芸品も多数あります。

青森県弘前市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

青森県弘前市に関係する人々(13人)

青森県弘前市を知る

青森県弘前市の注目プロジェクト

青森県弘前市はここ!