岩手県陸前高田市

岩手県陸前高田市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
74.8ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

岩手県陸前高田市の人に
移住相談してみよう!

岩手県陸前高田市ってどんなところ?

多勢 瞳(旧姓:高橋)
特定非営利活動法人 高田暮舎

自然豊かな陸前高田。海と共に生きる半島側の地域から山間部の自然を感じる地域まであり、8つの町から構成されています。「岩手の湘南」とも言われており、冬は雪もあまり積もらず、雪かきは多くても年数回程度の比較的温暖な気候です。
.
陸前高田には、気軽にお家でお茶をする「お茶っこ」や、新鮮な魚介類や野菜などを分け合う「おすそ分け」、夏に開催される伝統的なお祭りに地域一丸となって全力で取り組み、楽しむといった様々な文化が根付いています。
.
Uターン・Iターンなど関係なく、やってきた人を温かく迎え入れてくれる風土があることも陸前高田の大きな魅力の1つ。震災をきっかけに、これまでに多くの移住者たちが復興・新しいまちづくりに挑戦し、活躍してきました。単なる被災地ではなく、外から入ってきて何かを始めたという人が多く、チャレンジしやすい環境となっています。
.
「人と人とのつながりを密に感じたい」「自然に囲まれた暮らしをしたい」「新しいチャレンジをしてみたい」など、どんな些細な想いやきっかけでもかまいません。ぜひ魅力たっぷりな陸前高田に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

田中大樹
高田暮舎 地域おこし協力隊チーム

【余白がある面白さ】
陸前高田には、〝ない〟モノ・コトがたくさんあります。
飲食店のチェーン店はないし、遅くまで開いているファミレスはない。
電車は走っていないし、ゲストハウスもない。
 
しかし、だからこそ私はそこが面白いと思っています。
飲食店のチェーン店はない
 → 陸前高田にしかない味がある
遅くまで開いているファミレスはない
 → 遅くまで開いているジャズカフェが生まれる
電車は走っていない
 → 地域共助の交通手段が生まれる
ゲストハウスはない
 → まだないので、今始めれば第一人者になれる
 
私自身、地域おこし協力隊を卒業後に
一時預かりサービスが足りない
 → 託児屋さんを開業
高田松原を表現した商品がない
 → 高田松原キャンドルを開発
と個人事業をスタートしました。
 
人口が減っているからこそ、1人の存在感が増しています。
あなたのスキルを活かせることが見つかる陸前高田へ、ぜひ一度お越しください。

松本玄太
特定非営利活動法人LAMP

岩手県の中でも比較的穏やかな気候の陸前高田市は、夏は涼しく冬は雪も少なく1年を通じてとても過ごしやすい地域です。海、山、川の3つが揃い、釣りや海水浴、川遊び、登山など様々なアウトドアが楽します。家庭に必ずと言っていいほどバーベキューセットがあるほどバーベキューは日常的。誰かが通りかかれば声をかけ、いつの間にか輪が広がっている。
自然の中でのびのびとした子育てもできます。
また、歴史的な隠れた観光名所もあり、マニアにはおすすめ。
三陸の海産物はもちろん、氷上山から広田湾に流れる雪解け水によって豊かな土壌が形成され農産物も豊富です。そんな海の幸や山の幸がほぼそのままの状態で食べられるのはなんとも言えない贅沢です。
一見田舎の何もない地域に見えるかもしれませんが、探してみると自分の暮らしを豊かにしてくれる新しい発見が沢山あります。みんなとワイワイ楽しむのも良し、1人でゆっくり過ごすも良し。過ごし方は人それぞれ。そんな毎日が宝探しのような暮らしを楽しめるまちです。

山本晃平
NPO法人SET

陸前高田市広田町は、広田半島の一番先っぽに位置してます。
海の幸に恵まれた漁師町。獲れたてのお魚、肉厚なワカメ、大きく濃厚な牡蠣など都会ではなかなか味わうことのできない食で、心も身体も喜ぶこと間違いなしです。

期間中暮らす古民家は、気仙大工という地元の宮大工集団の方達が作った趣ある家屋。
"組み木"という釘を使わない工法で、震災時にも崩れずに建ち続けた歴史を感じる家です。

また、移住者と町の方との距離は近く、誰かとご飯を食べたいな〜という時にふらっと立ち寄り、受け入れてもらえる家庭もあるほどです。

また移住者コミュニティの交流もあり、地元食材をメインにした料理とともに飲み会が開かれたり、各お家へのお呼ばれや、有志でアクティビティも行われています。

三橋 英里奈
特定非営利活動法人 高田暮舎

三陸の海の幸はもちろん、山の恵みも豊富な陸前高田。
海と共に生きる半島側の地域から山間部の自然を感じる地域まで。8町で構成されたまちです。
 
ここで暮らすと、たくさんの文化に触れることができます。
ふらっとご近所の家に立ち寄ると始まる''お茶っこ''、畑から取れたものや作ってみたおかずなどをお裾分け合いする''より取り''。
私は先日、ご近所の畑で採れたものでできたポテトサラダをいただきました。
 
「人はひとりでは暮らせない」ではなく、「同じ地で、多様に暮らすから楽しい」を表現する暮らしが、このまちと人の魅力です。
また半島の先端にある黒崎温泉で飲む、湯上り「マスカットサイダー」はたまりません。
果汁はないのに美味しいから、地域の方にずっと人気です(笑)

岩手県陸前高田市。
最近、おもしろい若者たちが夏祭りを復活させたらしい・・!

落 優介(オチ ユウスケ)
NPO法人 高田暮舎

山が聳え、川が流れ、海がある。
雄大な自然に囲まれている土地だから、
栄養豊富な海で育つ牡蠣やわかめ、
ホタテの等の養殖をはじめとした漁業が盛んです。
また、広大な土地を活かして
ブランド米や青果の栽培も行われています。
自然の恵を享受し、生かされていることを実感しながら
生活することが、とても身近な土地だと思います。

ここに暮らすのは、生まれ育った人、一度離れて帰ってきた人、地域の外から来た人。
いろいろな人が入り混じる場所だからこそ、
受動的であるよりも、自らの興味のあることや、
面白そう!と感じたものに敏感に向かっていくことで、
より楽しく充実した生活を実現できる気がします。

岩手県陸前高田市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

岩手県陸前高田市に関係する人々(397人)

岩手県陸前高田市を知る

岩手県陸前高田市の注目プロジェクト

岩手県陸前高田市はここ!