岩手県普代村

岩手県普代村

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
54.1ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

岩手県普代村の人に
移住相談してみよう!

岩手県普代村ってどんなところ?

岩手県普代村は岩手県北部沿岸北緯40度のところにある農山漁村です。

人口は約2,600人、面積は69.66k㎡で「県内では最も小さな村」ですが、県庁所在地の盛岡市からは車で2時間。

向かう道中では「岩手の素晴らしい四季」を堪能することができます。

沿岸部の市町村では、先の東日本大震災にて居住地移転を余儀なくされる方が多く発生し、地域コミュニティ自体が崩壊してしまうケースも多々見られました。

しかし、普代村では防潮堤代わりとなった巨大水門により津波の被害を免れ、村の中心部はほとんど被害を受けなかったため、良質なコミュニティが残されたことが商店街の活気に繋がっています。

子ども園、小学校、中学校が一つずつあり、高校生まで医療費無料や保育料無償、15万円から30万円の出産祝金の贈呈など、子どもは村の宝だという認識のもと子育て世代のサポートに力を入れています。

2021年4月からは岩手県で初めてとされる常時預かり型の森のようちえん「つちのこ保育園」が開園。村内はもちろん県内全域から注目を集めています。

岩手県普代村の口コミ

私はオフグリッドを実践実験したいです。 オフグリッドとは個人住宅1戸分の電力の自産自消。 電力会社から電力を買わず、また売らず、電線から 離れて生活することです。  実験場所を、自費購入したい。安い空き家が欲しいです。 実験する土地の個性・特徴を考慮しなければなりません。  そこに住み、その土地の問題と取り組み、土地に合う 発電機の構成を見つけたい。 国内では、太陽光発電が、有利です。個人住宅1戸分の 発電に必要な面積は40平方米(12坪)以内です。
コメント (0)
岩手県普代村に関係する人々(40人)

岩手県普代村を知る

岩手県普代村の注目プロジェクト

岩手県普代村はここ!