福島県白河市

福島県白河市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
64.9ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

福島県白河市ってどんなところ?

「ほどよく田舎、ほどよく都会」で人のやさしさにあふれる町、それが白河市です。
 多くの観光名所や歴史遺産、温泉、キャンプ場、などなど「楽しむ」スポットが市内各地にあり、名物の白河ラーメンをはじめ美味しいものもたくさん、また交通の便が良いので各地の主要都市にもアクセスが簡単。
 移住者への支援制度も充実しておりますので、地方移住を考えるうえで「あったらいいな」がほとんどある町、白河市へぜひ一度ご相談ください!
白河市ホームページ(http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/)

福島県県南地域は9つの市町村で構成されています。補助金や生活環境、子育て支援など市町村によってそれぞれ異なる魅力を持っています。

【県南地域の移住のポイント】
①東京駅まで最短70分なので様々なライフスタイルを選択できる
②那須やいわきなど日帰りで楽しめるアクティビティが豊富
③東北なのに雪が少ない
④子どもの医療費が無料
⑤待機児童が少ない
⑥新築建売住宅が1千万円台で手に入る
⑦移住者も入りやすいコミュニティがたくさんある
⑧地域おこし協力隊の満足度が高い
⑨テレワーク希望者への支援が充実

 白河市は、福島県の南部中央に位置し、四季を通して暮らしやすい風土を有した高原都市です。
 首都圏等へのアクセスが良く、豊かな自然に育まれた美味しいお米や野菜のほか、白河ラーメンなどのご当地グルメもいっぱい。
 また、古代より歌枕として名高い「白河関跡」、日本最古の公園といわれる「南湖公園」、日本100名城の1つ「白河小峰城」を有するなど、豊かな自然や歴史的・文化的遺産が数多く存在します。

福島県しらかわ地域は、福島県の南部に位置しており、東北新幹線の通る白河市をはじめ、矢祭町、棚倉町・矢吹町・塙町・西郷村・泉崎村・中島村・鮫川村の9市町村で構成されています。東京から白河までは東北新幹線の利用で最短で約70分とアクセスも良好です。
しらかわ地域には東北の玄関口として知られ、松尾芭蕉をはじめ多くの歌人に詠まれてきた白河関跡や日本最古の公園と言われる南湖公園、奥州関門の名城として地元で親しまれている小峰城など、歴史が色濃く残る地域です。また、幸運の象徴とされる「鶴亀松竹梅」が顔に描かれた白河だるまは伝統工芸品として全国でも知られています。
白河市から少し離れた地域には温泉もあり、新緑や紅葉と四季折々の自然の景色を堪能することができます。
一方で、おしゃれなCafeも次々とオープンしており、休日はドライブをしながらCafe巡りを楽しむこともできます。
しらかわ地域は自然と歴史を大切にしながらも首都圏から一番近い東北として、二地域居住など様々なライフスタイルで暮らせる地域です。

一般社団法人未来の準備室
(ー社)未来の準備室

東北の玄関口である福島県南エリア。その中でも特に紹介したい4つの地域と活動をご紹介します。

▼白河市 本町商店街
▼西郷村 川谷地区
▼矢祭町 地域おこし協力隊
▼塙町 ふるさとカフェ矢塚分校

詳細は後日更新していきますので、楽しみにお待ちください!

「興味を持った方はぜひ『興味ある』を押してください。経過レポートなどで今後の情報をお伝えできればと考えています」

福島県白河市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

福島県白河市に関係する人々(14人)

福島県白河市を知る

福島県白河市の注目プロジェクト

福島県白河市はここ!