福島県金山町

福島県金山町

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
66.0ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

福島県金山町ってどんなところ?

◎福島県奥会津地域は、県の南西部に位置する只見川流域・伊南川流域の7町村(柳
津町・三島町・金山町・昭和村・只見町・南会津町・檜枝岐村)の総称です。
◎豊かな自然の中で育まれた風習や生業といった人々の暮らしの知恵が色濃く残って
います。
◎知る人ぞ知る秘湯の名所である奥会津には、野趣あふれる温泉がたくさんあり、大
自然の中で入る温泉は格別です!
◎雪崩によって山肌が削られた「雪食地形」の山々など自然が豊かな地域であり、四
季折々の風景が魅力です。

事務局 渡部 久美
奥会津かねやま福業協同組合

金山町は、福島県会津地方の南西部で奥会津と言われる場所です。総面積は293k㎡で東京23区626k㎡の約半分の総面積があります。
高齢化率は、59.7%で福島県一です。
森林が90%ですので見渡す限り山が広がっています。
その中心を只見川が流れ、川沿いには日本一きれいな只見線が走っています。
川霧が有名な霧幻狭の渡し舟があり、今度公開になる映画、霧幻鉄道の主人公でもある星賢孝氏が当事務局長です。
そして神秘的な沼沢湖、ここには、ヒメマスという珍しい魚もいます。
休みの日は家庭菜園が楽しめ、朝ウグイスや小鳥たちの鳴き声で目を覚まし、仕事をしたら町中に温泉あるので温泉で町民と温泉交流をすれば一日の疲れやちょっとしたストレスなんかすぐに消えます。
子育ては保育園から小中学校まで給食を含めすべて無料。高校も補助がたくさんありほぼ無料。
時代をタイムスリップしたかのような町ですが皆さんぜひ、金山町で働きませんか?

福島県奥会津地域は、県の西部を流れる伊南川・只見川流域の7町村(柳津町・三島町・金山町・昭和村・只見町・南会津町(南郷・伊南・舘岩地区)・檜枝岐村)の地域名称です。
江戸時代には宿場町としての重要性とその豊かさから幕府直轄地(天領)として、長い時間をかけて豊かな文化を育んできました。
戦後は伊南川・只見川などの水量豊かな河川が多いことから、水力発電所等が多く立地し、戦後復興を支えました。 
そんな奥会津地域も人口減少や高齢化の進行に加え、新型コロナウイルス感染症の影響等により、観光客や農産物の売り上げの減少など、厳しい状況が続いています。

福島県金山町の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

福島県金山町を知る

福島県金山町の注目プロジェクト

福島県金山町はここ!