富山県朝日町

富山県朝日町

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
54.7ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

富山県朝日町ってどんなところ?

富山県の東端・新潟県との県境に位置する人口約11,500人のまち「朝日町」。北は日本海に面し、東・南部には、標高3,000メートル級の白馬岳・朝日岳を主峰とする北アルプス連峰がそびえ立っている。自然の恩恵を受けた農林水産業で栄えるまち。

服部彩子
朝日町移住定住拠点施設こすぎ家

海・山・里、すべてがそろった欲張りな町。
豊かな自然に囲まれてのびのびとした生活を送ることができます。
四季の絶景に囲まれながら、あなたらしい暮らしを始めてみませんか。
町内には病院や商店も揃っていて生活はとっても便利。
東京駅から北陸新幹線で約3時間。意外と都会と近いんです!

富山県朝日町観光サイト「あさひ暮らし旅」
https://www.asahi-tabi.com/
朝日町役場
https://www.town.asahi.toyama.jp/

善田 洋一郎
朝日町役場

〇生活環境
コンビニやスーパー、病院や学校など、生活に必要な施設が非常にコンパクトにまとまっており、日常生活は車で10分圏内で全て済ませることができる、超便利な田舎まちです。
居住地域はほぼ平野部のため移動も楽で、町のほとんどの場所から海と北アルプスの山々が見えるため、毎日が絶景です。

〇自然環境
ヒスイ海岸から白馬岳までの標高差約3,000メートルのダイナミックな自然を背景に、海・山・川・平野・里山と全ての要素がそろっています。
町の北端を流れる境川の上流部にはジュラ紀前期の地層が分布しているため、河口付近で化石探しを楽しめます。
海と山が近いため、朝は海で釣りとヒスイ拾い、午前中は山を散策、午後は川で遊んでついでに化石探し、夜は家でバーベキュー、なんてことも日常です。

〇歴史
朝日町の歴史は旧石器時代にまでさかのぼり、日本最大級の竪穴式住居をはじめ様々な遺跡が町のあちこちから発見されています。
また、約1500年前の宮崎浜山玉つくり遺跡からは、ヒスイの原石を加工した勾玉(まがたま)などが出土しています。

加賀藩の統治下にあった江戸時代、「泊(とまり)」は北陸街道の宿場町として栄えました。
300年前に整備された泊の街並みは、現在も町の中心部として面影を残しています。
しかし昭和20年代をピークに人口が減少、平成22年、過疎地域に指定され、現在はピーク時の半数以下の約11,500人に。

人口減少の影に隠れてしまいがちですが、朝日町には豊かな自然環境だけでなく、長い年月が堆積させた魅力的な歴史と文化が眠っています。
それらを発掘し、再び光を当てる・・・そんな役割があなたを待っています。

富山県朝日町の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

富山県朝日町に関係する人々(27人)

富山県朝日町を知る

富山県朝日町の注目プロジェクト

富山県朝日町はここ!