長野県塩尻市

長野県塩尻市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
50.3ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

長野県塩尻市ってどんなところ?

たつみかずき
長野県塩尻市 シビックイノベーション拠点スナバ

超ダイバーシティ!!ワインと漆器と街道の町 塩尻市(しおじりし)

西の都と東の都を繋いだ中山道を始め、塩の道などの街道が交錯する。東西南北全方位から「知と人の交流」。都会と地域/行政と民間の融合が他地域との一線を画する超ダイバーシティな地方都市。街道沿いの伝統建築が並ぶ風景や、葡萄畑/レタス畑が一面に広がる田舎風景が美しくも、松本市にかけての暮らし機能が充実している!

塩尻市は教育に力を入れているまちです。コミュニティースクールや行政がかかわる教育活動があります。小学校10校、中学校6校、高校が3校あります。それぞれの地域によって人数・規模の差があり、いろんな活動をしています。

竹口実咲
信州大学農学部1年

塩尻市は長野県の中部に位置し、「子育てしたくなるまち」を目指している地域です。子育て支援に力を入れていて、0~3歳のお子さんと保護者がゆったり遊んで、保育士さんと話ができる“プレイルーム”、0~6歳のお子さんと保護者が触れ合いながら自由に遊び、多くのお友達と交流できる屋内公園“あ・そ・ぼ”、子育てに関する情報を扱っている”まぁるい子育てネット”などの行政支援を行っています。
私たちは、ゼミのインタビューを通して「子育てしたくなるまち」により近づくためには、お母さんたちをより元気にする必要があると考えました。お母さんを元気にする場所を提供していきたいと考えています。

寺島陸斗
信州大学工学部建築学科

長野県塩尻市の奈良川地区にある奈良井宿は、古くから宿場町として栄えてきました。1kmにも及ぶ街並みと、その中に5個もある寺院、そして温かい人柄と特産品の曲げ物が魅力的な地域です。
奈良井宿は国の重要伝統的建造物群保存地域に認定されていて、近くには漆器の町「木曽平沢」、宿場町時代に難所であった「鳥居峠」があります。
近年、オーストラリアを始めとする外国人観光客が増える一方で、高齢化や空き家の数が30件になるなどの課題も生じています。

須藤 高矢
信州大学

塩尻市は長野県のほぼ中央に位置し、太平洋側と日本海側の交通が交差する交通の要衝です。特産のぶどうが生み出すワインは世界にその名を知られ、奈良井宿の町並みや木曽漆器が歴史と伝統を感じさせます。
共同研究を進める信州大学は、長野県唯一の国立大学です。県内に5カ所のキャンパスをもち、その数の多さから「タコ足キャンパス」と表現されることもあります。学生は1年次に全員が松本キャンパスで学び、2年進級次に各地キャンパスに移動するのが特徴です。

長野県塩尻市に関係する人々(50人)

長野県塩尻市を知る

長野県塩尻市の注目プロジェクト

長野県塩尻市はここ!