長野県根羽村

長野県根羽村

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
59.8ネット関係人口スコア(
2
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

長野県根羽村の人に
移住相談してみよう!

杉山有希
移住相談する
小林農園
小林 智雄
移住相談する

長野県根羽村ってどんなところ?

「NEVER FOREST」 いまだかつてない森に挑戦しつづける村

<挑戦1.全村域で森林認証>
根羽村は古くから村の全戸が5.5haの山林を管理し、全戸が森林組合員であるなど林業を基幹産業としてきました。村単独の森林組合と連携し、木を植え・育て・伐採する第1次産業、丸太を加工する第2次産業、加工した製品を販売する第3次産業を村内で完結する「トータル林業」の仕組みを考案平成29年7月に村のほぼ全村域で森林認証を取得し、同じく認証を受けた森林組合で加工することにより、認証製品として適正に管理された森林から産出された木材で生産されていることが保証され、世界中へ「根羽すぎ」「根羽ひのき」を提供できる仕組みを確立しました。

<挑戦2.木育プログラムの提供>
製造業だけでなく、長年にわたって実施を行ってきたのが「木育」をテーマにした根羽村での体験プログラム開発です。箸づくり、わっぱづくりなどの木製品作りから、林業体験や間伐体験など林業員の仕事を体験するようなプログラムも実施してきました。愛知県安城市の小4-小6を対象にした1泊2日の山村留学「山のちいさな学校」には24名枠に対して100名近くの応募実績があります。

<挑戦3.地産材での動く木のおもちゃづくり>
愛知教育大学と連携して森林組合にて開発した「動く木のおもちゃ」や持ち運び可能な「椅子やブランコ」などを制作。公開空地に数時間で子供たちが遊びたくなるような「木の公園」を作るサービスは県外から高い人気を誇っており、年間計40回、参加者1万人に対して木に触れる機会を村外で提供しています。

長野県根羽村の口コミ

2018年12月に移住しました。一言でいうと「ポテンシャルだらけの村」です。森に囲まれた陸の孤島のような位置で培われた生活文化は、古き良き日本の雰囲気がまだ残り、加えて村民それぞれが林業に対しての知識を持っているユニークな性質を持っています。人口は全盛期に比べて1/3になりましたが、山で牛を育てる酪農家、山の気候を活かしたトマト農家、木の啓蒙活動を行う林業家など、様々な人が集まり始めています。 持続性が問われるこの時代、森のポテンシャルを活かして何かやりたい人にはぴったりの場所です。
コメント (0)
W900 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2020 01 09 18.52.43昨年10月に友人を訪ねて、フラッと根羽へ。山間を抜けると、びっくりするくらい空が広くて空気の美味しい根羽村に到着。思わず深呼吸すると、森の香りがスーッとして、晴れやかな気分に。特に印象的だったのは、村民同士がすれ違いざまに丁寧に挨拶してくれたこと。子どもも大人も、みなさん優しく声をかけてくださって、日頃から丁寧な人間関係が育まれているんだなぁと感じました。お店も少ないし、交通も不便かもしれません。それでも、なんだか人間らしい豊かな暮らしがあるんだなぁと、しみじみ感じました。また行きます。
コメント (0)
長野県根羽村に関係する人々(27人)

長野県根羽村を知る

長野県根羽村の注目プロジェクト

長野県根羽村はここ!