世界自然遺産の島を守り、楽しむ。屋久島をフィールドにホスピタリティを学ぶという生き方
もっと見る arrow

「屋久杉」で知られる世界自然遺産登録地、屋久島。島に住む猿、鹿の人口(?)はそれぞれなんと2万匹!そして人間はそれよりずっと少ない1.3万人です。
この数字からもわかるように、豊かな自然と人が共存する神秘的なこの島は、国内外多くの人を魅了し、観光地として人気を集めています。

さて、屋久島は「観光」のイメージが強いかもしれませんが、ここで生活するのには旅行とはまた違ったおもしろさ、奥深さがあります。一度きりの人生、わたしたちの大好きな屋久島で、働く/暮らすという選択肢もぜひ考えてほしいと思い、今回一緒に働く人を募集するプロジェクトを立ち上げました。

私自身も屋久島に来て10年以上が経ちますが、雨の日も晴れの日も、一日たりとも同じ日はない景色に飽きることがありません。

朝は山の新鮮な空気を吸い、海で美しい夕焼けを眺め、雨の日はしっとりした緑に癒される。あなたのライフスタイルを尊重しながら、屋久島でホスピタリティのプロフェッショナルを目指してみませんか?

屋久島愛に溢れた人が集う「サンカラホテル&スパ屋久島」

申し遅れましたが、わたしたちは屋久島で「サンカラホテル&スパ屋久島」を運営しています。29室のオーベルジュ型リゾートホテルで、真のホスピタリティサービスと世界遺産・屋久島への貢献、屋久島との共生を、経営理念としています。

ここでは都市部から島に移住してきた人、屋久島で育った人など多様な人が働いています。共通するのは、みな「屋久島が大好き」ということ。

早朝に海でサーフィンを楽しんだり、家族ファーストの休日を過ごしつつほどよく働いたり、近所の人と仲良くなって物々交換をしたり、それぞれが自分に合う形で屋久島ライフを楽しみながら仕事に従事しています。

***

わたしたちのホテルでは、島全体をフィールドにお客さまのご希望に沿ったオンリーワンのプランを提案し、屋久島で圧倒的な体験をしてもらうことを心がけています。

特徴的なのは、ハイレベルなホスピタリティを持つ「バトラー」の存在。バトラーとは、お客さま一人ひとりのニーズに応え、レストラン手配から飲み物の準備、予約手配などを含めた滞在のお手伝いをするサービスのことです。到着からチェックアウトまで、お客さまの旅のパートナーとしてより良い滞在をサポートします。

そのために、屋久島のことを知り尽くしてないといけないし、全てのセクションのプロフェッショナルになることが必要です。

「将来は屋久島で自分の宿をやりたいと思っているんです。なので、バトラーとしてホテルの仕事全般を学べる環境はありがたいですね」と語ってくれたのは、サンカラホテルでシニアバトラーとして働く竹本拓馬さん。

元は東京で美容師をしていた竹本さんは、結婚して夫婦で世界一周の旅をしたあと「自然豊かな環境で子どもを育てたい」と屋久島へ移住した経歴の持ち主です。

竹本さんは、地域の方の髪を切る代わりに畑の野菜をもらったりご飯をごちそうになったりと、地域の人たちともあたたかい関係を築いています。そんなふうに「人が好きで、自然が好き」という気持ちがあれば、仕事の能力はあとからついてくる。経験があるかどうかは重要ではありません。

何より屋久島を好きになってくれる人と働きたい。私はそう考えています。

新ホテルから見える日の出。一日たりとも同じ日の出もない

新ホテルから見える日の出。一日たりとも同じ日の出もない

笑顔で屋久島の暮らしについて話す、シニアバトラー竹本さん

笑顔で屋久島の暮らしについて話す、シニアバトラー竹本さん

屋久島でどんな働き方・暮らしができる? 〜自分らしいライフスタイルを〜

ホテルの仕事は忙しいイメージがつきものですが、サンカラホテルのスタッフは、プライベートと仕事をバランス良く楽しむ人ばかりです。

たとえば、休日やシフト外の時間にサーフィンなどのマリンスポーツや釣り、トレッキングを楽しめるのは屋久島の醍醐味。ホテルは一日中何かしらの仕事がある場所なので、「朝にサーフィンをして昼から仕事」「昼は海でゆっくりして夜勤で働く」など、勤務時間を調整することでプライベートも充実させながら生活ができます。

また、「週の半分は島の農業、半分はホテルの仕事」「ヨガインストラクターをやりながらサービススタッフとして働く」など、ホテルや島という土壌と、自分のやりたい!を掛け合わせた働き方も可能です。

せっかく屋久島で暮らすのなら、自分らしいライフスタイルを最大限に活かした働き方がしたいですよね。

私たちもまだまだ模索中ですが、来年の新ホテルのオープニングに向け、それぞれのライフステージに合わせた働き方/暮らし方ができる環境を作り上げていきたいと思っています。

島の酒蔵さんとコラボし、オリジナル焼酎造。スタッフも芋を堀るところから体験

島の酒蔵さんとコラボし、オリジナル焼酎造。スタッフも芋を堀るところから体験

サンカラホテルで行われる、朝のヨガやメディテーションツアー

サンカラホテルで行われる、朝のヨガやメディテーションツアー

屋久島での暮らしに興味がある方は、まずはお話ししませんか?

「サンカラホテル&スパ屋久島」は、2024年4月には姉妹ホテルがオープンするため、オープニングに向けて、一緒にホテルづくりを盛り上げてくれる方を募集します。

あなたの得意を活かしたオリジナルの仕事を作り出すこともできるので、屋久島での暮らしに興味がある方は、まずは一度お話をしてみませんか。

〜〜〜
▼今募集している職種
調理人
レストランサービス
レセプション・フロント
バーテンダー
ナイトスタッフ
清掃スタッフ
ヨガインストラクター
セラピスト
ネイチャーガイド
DIY、施工ができる人歓迎
〜〜〜

どこにいてもインターネットで世界とつながることができ、オンラインショップも発達した今の時代だからこそ、都市を離れて屋久島で働き暮らすという選択肢が、現実的なものになってくるのではないでしょうか。
寮完備で引っ越しの手間も最小限。まずは1年でも、島暮らしを体験したいあなたを待っています!

屋久島の絶景を眺めながら、みんなでランチMTG!

屋久島の絶景を眺めながら、みんなでランチMTG!

屋久島全体がフィールド。専門ガイドと共に自然研修も行います

屋久島全体がフィールド。専門ガイドと共に自然研修も行います

屋久島ホテル/サンカラホテル&スパ屋久島
プロジェクトの経過レポート
2024/05/10

水平線を眺めながらのマッサージ

18997

素敵な休暇をお過ごしいただけるよう、”世界一気持ちよい”と称されるタイ古式をご用意しています。

風が心地よく吹き抜けるプールサイドのガゼボ、プールの水音や木々のそよぎ、水平線を眺めながらの解放感を存分にお楽しみいただいてます。
屋久島の自然に囲まれながらの非日常の時間を、提供しています。

2024/05/03

4/26「samana hotel Yakushima」リブランドオープン!

18925

4/26屋久島のグループ施設として、リブランドオープンした「samana hotel Yakushima」

【samana(サマナ)】はサンスクリット語で「調和」を意味します

海辺にたたずむs「amana hotel Yakushima」は、大絶景ロケーションを眺めながらで、天然温泉、そして旅には欠かせない美食など、この土地との調和を感じていただけます。

※samana hotel Yakushimaで働くスタッフは、
勤務日は天然温泉に入れるというのも、魅力。
こんな絶景を眺めながらの天然温泉で、仕事の疲れも癒せます。

2024/04/27

『屋久島伝承蔵 本坊酒造』 × ayana コラボレーションディナー

18880

地元『本坊酒造』様とのコラボレーションディナーが、今年も2024年4月27日(土)~5月6日(月)に開催。

この特別な企画では、通常の料理に焼酎を合わせるのではなく、焼酎に料理を合わせたペアリングが特徴です。
6種の特徴的な焼酎に合わせたお料理を、お楽しみいただいてます。

さらに、期間中はホテルのラウンジにて本坊酒造様より案内付きの無料試飲コーナーが開設されます(17:00~20:00)。
杜氏さんから直接焼酎作りのこだわりなどをお聞きいただける貴重な機会です。





登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
273
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
セラピスト&ヨガインストラクターとして働いてみたいです!
icon
自分の能力を活かせるて働けることがあれば、働いてみたいですね。
icon
屋久島の桜🌸見てみたいですね
icon
私の望みは、自然と共存し、人の為になる仕事を、同じ思いの仲間と築いていく事が出来る暮らしをする事です。 高齢者でも後、20年は働けると思っています。コミュニケーション力と幅広い経験値です。必ずお役に立てると思います。
icon
お話を聞いてみたいです
icon
是非屋久島に住み、働きたいです。自然が大好きで人との繋がりを一番に考えています!
icon
大自然の屋久島に住みながら働く事に興味があります。お話を伺いたいです。
icon
自然が大好きです。ぜひ挑戦したいです。
icon
とても興味があるのでお話を聞きたいです。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}