FOR人見知りさん! 気軽に移住相談Q&A掲示板※やり取り不要!※スカウトなし!
もっと見る arrow

「こんな質問していいのかな?」「スカウトされるのはちょっと緊張する」

だけど、

「移住したいの!」「地方に関心あるんや!」

そんな方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、SMOUTの経過レポート機能を活用した、移住相談Q&A掲示板を作って見ました!

利用方法は簡単!
①興味あるボタンを押す
②一言コメントまたはDMで質問を送る
の以上です!

いただいた質問には、
やりとりは行わず、シンプルに経過レポート機能を使って写真など使いながら、回答させていただきます。
※重複の回答やナイーブな回答については、お答えできない場合があります。

移住相談のバリアフリーを目指して、質問のハードルをとことん下げたいっ!

ということで、AI対応か!?というくらい、ライトに、ストレスレスに質問して欲しいし答えたい!ということで、

「スカウトしません!」

やり取りするというハードルが大きい方に、気軽に相談して欲しいなと思っています。

「移住して!」

なんていいません。

なんなら移住しない方がいい方もいらっしゃるはずです。
そのためにも地域や移住のこと、ふと気になったことを投げ込んでもらいたいな、と思います。
※当町の他のプロジェクトへ興味あるを押された方には、送らせていただく場合がございますので、ご了承ください。

そして、

・移住のことではなく観光のことでも、
・移住相談であってもみなかみのことでなくてもOK!

広く移住支援を行ってきた経験から、せっかくならいろんな地域のことを広く比較してもらい、そして地域のことをより深く、知ってもらいたいのです。
私たちも何気ない質問の中に、地域で足りないもののヒントが隠されていると思っています。
なので、ズケズケ聞いてもらえるとありがたいなぁと思っています!!

というわけで、軽い気持ちで、興味あるを押して、ふわっと質問いただければ嬉しいです!

FOR 人見知りさん!みなかみに全く関心ない方! サクッと聞いて、サクッとアンサー!

地域を知る選択肢として活用ください!
スカウトもしませんので、質問なしで、経過レポによるQAのチェックだけでもOKです。
興味あるでフォローしていただけると幸いです!

一般社団法人FLAP
プロジェクトの経過レポート
2024/06/05

広い庭に住みたいんです!草刈りの頻度は?→庭は田舎暮らしの醍醐味!手間も楽しもう

19334

せっかく田舎に暮らすなら、庭付きががいいですよね!というか、家を買うと自動的に庭(なんなら田畑も)がセットになってます☺️
庭があれば、家族でBBQしたり、ペットを飼ったり、家庭菜園したり、立地によっては焚き火、なんなら小屋を作って秘密基地なんかも作れたりします。自分の土地があれば、やりたいことが無限に広がります。
一方で土地があると、管理する責任と手間も出てきます。
夏場の恐怖。草刈り!自然が多いからこそ、雑草も元気がいい!草が多いと虫も多く発生しますし、花粉や種もたくさん飛びまくります。何より景観が悪く、伸ばしっぱなしだとご近所さんからクレームが来ることも。
この手間からはなかなか逃れる術はありません。

田舎暮らしマスト作業の草刈りの頻度について、普通の土の庭だと5〜10月くらいまで必要です。6−8月はとても生育が良いため、3週間に1回は必要です。綺麗な庭を維持したいなら、2週間に1回が目安。
写真はFLAPのオフィス前(30平米くらい)ですが、刈り払い機で約1時間くらいです。(草刈り後の麦茶めっちゃうまいです)
草刈りがライフスタイルに組み込まれるまでは億劫ですが、習慣化さえできれば、面白くなってくると思います😅
草刈りしなくて良い方法としては、除草剤を撒く、防草シートを引く、防草シート+砂利を敷く、コンクリートを打つなどありますが、お金がかかります。

自身のライフスタイルに合わせて、庭の使い方を考えるとともに、どうやって管理するかも考えてみてくださいね!理想の庭の活用を考えるの、楽しいですよ!

2024/05/21

移住は何歳でも可能?→やる気と柔軟性があれば、何歳でも!ただし地域選びは重要!

19117

地方移住に、年齢制限はありません。
地方に行って新しい生活、自分のした生き方を実現する、そんなやる気と、全く文化も価値観も違うこともある地域の一員となるので、これまでの「当たり前」を一旦忘れて、地域独自ルールを知ってみるという柔軟性があれば、なんとかなる部分もあります。(地域によっては、40−50代はまだまだ若手な地域も)

一方で、地域固有の事情が、多少年代的に悩ましいこともあります。
病院が少なかったり、車移動が必須だったりといった、
地域のお仕事の選択肢(金銭面、体力面など)が狭かったり、同じ世代のコミュニティへの接続が難しかったり、自分でなんでもしなければならない、といった、ハードルもあります。
どんな生活をしたいか、それを実現できる地域かどうか、年代ではなく個人の価値観・事情と照らしわせて、
移り住む地域を探してみてください!

2024/05/15

田舎暮らしは車は必須ですか?→なんとかなる場合もあるけど、間違いなく必要です

19049

都市部暮らしだと使わなくても暮らしていける自動車。
公共交通機関が行き届いた、人口が多い都会だからこその恩恵です。
逆に田舎では、公共交通機関が整っていません。バスも電車も1時間に1本あればいい方な、地域もざらにあります。
田舎でも役場近くとかの町場なら、スーパーなどのインフラも整っているので、車がなくてもなんとかなる場合もありますが、せっかく田舎で暮らすなら、行きたいところにいける車を持つことをおすすめします。
行動範囲も大きく広がりますし、都会にいた時よりも遠方へのお出かけもラクになって楽しくなりますよ。

維持費や交通事故のリスクもありますが、田舎暮らしでは移動手段はとっても大事です。移住先として気になる地域の交通機関については必ずチェックしてください!

交通事情についてブログでも記載してます↓
https://www.minakami.work/post/minakami_car_life

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
みなかみ町
群馬県みなかみ町移住起業支援FLAPが紹介するみなかみ町ってこんなところ!

みなかみ町は東京から約1時間。ユネスコエコパークやSDGs未来都市に登録・認定された自然と暮らしが共存する町です。たくさんの温泉があり、夏は関東の水源利根川を使ったウォーターアクティビティ、冬は分水嶺の軽やかな雪と季節を通して荒々しくも素晴らしい自然環境が楽しめます。観光産業がメインの町なので、人を受け入れチャレンジを促す土壌はある程度あります。
水上エリアは自然観光の強いエリア、新治エリアは農村風景の残る里山の観光エリア、月夜野は暮らしのハブとなる町エリア、町内でもエリアによってそれぞれの特色があり、自分のライフスタイルにフィットするエリアが選べます。
何よりも地域でのチャレンジに抵抗が少ない土地ですので、新しいことを始めたい方や、自分の理想の暮らし方の実現などに取り組みやすい風土です。
最近は移住者や起業する方の新規参入も増えていますよ。
今なら視察のレンタカー補助や宿泊の支援体制も整備が進んでいますので、実際に町の空気に触れにきやすくなっています。
ぜひ一緒に地域を面白くしていきましょう!

群馬県最北端の町みなかみ町で移住・起業の支援をおこなっている一般社団法人FLAPです。
大事にしていることは持続可能なこと。移住も起業もはじまりでしかありません。地域に愛着を持ち、末長く地域で取り組んでいくためのチャレンジを官民連携で支援しています。
二拠点移住、副業・複業のご相談もお気軽に!

14
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
高崎市在住の50歳ですが応募可能ですか?
icon
移住して就農したい
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}