乗鞍岳中腹2100mにある歴史ある山小屋【冷泉小屋】を15年ぶりにオープンしたい!
情報を集める
公開日:2021/08/20
終了日:2022/07/01

乗鞍岳中腹2100mにある歴史ある山小屋【冷泉小屋】を15年ぶりにオープンしたい!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

中部山岳国立公園の長野と岐阜の県境にそびえる3026mの名峰「乗鞍岳」。その中腹2100mに建つ、昭和6年創業の歴史ある山小屋「冷泉小屋」。この小屋を改装し【登る人も登らない人も楽しめる場所】として再生しています。
今までの山小屋にあったネガティブなあれこれを解消し、登山やサイクリングの休憩地としてだけでなく、ここを目的に来てもらえるような小屋にできればと思っています。
小屋前には乗鞍エコーラインという道路が通り、「冷泉小屋」というバス停もあります。まさに登る人も登らない人も、気楽な休憩から、宿泊・登山・サイクリング・ワーケーションまで、従来の山小屋を超え、誰でもが楽しめる「山遊びの前線基地」を作っていきます。

登山者もサイクリストも観光客も、色々な人が集まるから面白い!

私は十年くらい前に両親がリタイアし安曇野に引っ越したのをきっかけに本格的な登山を始めました。東京で映像制作の仕事をしながら、いつか山に関わる仕事がしたいと考えていました。たまたまYAMAPという会社のPRをお手伝いすることになった時、若い登山人口を増やすための施策として山小屋をアップデートするという話が出て、新参者でも経営に関われる山小屋を探している中で今回の冷泉小屋に出会いました。

はじめは道路も通っていて、独立峰で縦走も出来ないことから、あまり魅力を感じませんでしたが、何度も通ううちに土地の魅力を感じるようになり、この土地の持つ特殊性が小屋のメリットになるのではと考えるようになりました。

それは、まずは道路が通っていること。一般車は通行止ですが、バスやタクシーは入れるので、山に登らない人も労せずして2100mの絶景を手に入れることができます。標高2100mでは、晴れていれば毎日雲海の上に昇る朝日が見られます。道路のおかげで搬入も容易なので、他の山小屋にないサービスも提供できます。

小屋名の由来である冷泉は、年間を通して平均水温5℃という冷水がコンスタントに湧出していて、冷却だけでなく発電にも使えないかと考えています。水質は鉄分がやや多く酸性なので飲用には適しませんが、沸かせば泉質の良いお風呂になることがわかっています。

小屋の立地が良く夕方まで太陽が当たるので、太陽光発電や太陽熱温水器などが効果的と考えています。先述の冷泉を使った水力発電なども使って、自然エネルギーでオフグリッドの山小屋を実現できないか検討しています。

このように、その土地の持つ力を最大限に引き出すことができれば、今までうまくいかなかった施設も再生できる可能性があると思いました。今回の経験や官公庁との交渉ノウハウなど活用すれば、全国にある同様の施設へ横展開ができるのではないかと考えています。

小屋の名前がついたバス停

小屋の名前がついたバス停

かつての看板

かつての看板

山小屋に興味のある人。山の好き嫌いは問わず‥

山小屋で働いてみたい人!
乗鞍エコーラインは毎年10月末〜4月下旬までクローズとなるため、最大で半年間しか働けませんが、普通の山小屋より緩いと思います。長期滞在のパートタイムワーカーもアリかもしれません。

山小屋に来てみたい人!
山小屋に来たからって山の話をしなくてもいいです。
夕方に窓辺に座ったら日が暮れるまで何もしなくても時間が過ぎます。
薪ストーブの横で、お酒を飲んだり、お茶を飲んだり、
これまた特に何もしないでも、あっという間に夜中になります。

そんな感じの、何もしないのが好きな人にも来て欲しい。

朝、少し早く起きられたら、雲海の上に昇る朝日を一緒に見ましょう。

登山客やサイクリストはもちろん!

あとは、バスを降りて、次のバスまで、お茶でも飲んでってください。

エネルギーのことがわかる人、一緒にオフグリッドを実現しましょう。

議論しながら、飲みながら、仲間と小屋を作っていく

議論しながら、飲みながら、仲間と小屋を作っていく

たくさんのプロフェッショナルな仲間の支え

たくさんのプロフェッショナルな仲間の支え

松本市
村田 淳一が紹介する松本市ってこんなところ!

松本市は住み始めたばかりで、まだよくわかりません。
北アルプスの玄関口という側面だけでなく、
まだ深くわからないなりに、文化的な側面を感じます。

乗鞍岳はそんなに険しい山ではないのに、
樹林帯から森林限界までのドラマチックな変貌が魅力的です。

公共交通を使うと、数え切れない程のバリエーションがあり、
間口も懐も深いという、稀有な山だと思います。

村田 淳一
株式会社REISEN
現在はプロデューサーとしてAOI.ProにてCMを中心に映像制作や事業開発を行いながら、中部山岳国立公園の乗鞍岳にある冷泉小屋の再開を進めている。 趣味は、登山・キャンプ・カヌー・サッカー・オートバイ・読書。アウトドア冒険チーム「サラリーマン転覆隊」に所属し、国内外や秘境の川下りに挑戦してきた。両親が安曇野市穂高に移住したのをきっかけに本格的な登山を始める。登山仲間を通じて冷泉小屋と出会い、継承する流れに。 クラウドファンディング挑戦中 https://camp-fire.jp/projects/view/457761
60
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
乗鞍で働いてる52歳女性です。是非日帰りでお手伝い出来たらやってみたいです。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}