2/4(金)先着5名!温海くらし&しごと体験ツアー(2泊3日)参加者を募集します!
募集終了
体験する
開催日:2022/02/04
終了日:2022/01/21

2/4(金)先着5名!温海くらし&しごと体験ツアー(2泊3日)参加者を募集します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

2泊3日の移住体験企画「温海くらし&しごと体験」への参加者を募集します!

山形県鶴岡市(つるおかし)は、山形県の北西部にある、人口12万2000人のまちです。
中心部には総合病院や高速道路ICなど都市機能が整備され、羽田空港から約1時間で
アクセスできます。400年続く城下町でありながら、最近では鶴岡サイエンスパークに代表されるバイオベンチャーの先進地として、国内外から移住者が増えているまちでもあります。

その西南端に位置する温海(あつみ)地域は、海、川、山、温泉…と自然の恵みをより身近に、存分に感じられる地域です。

このたび鶴岡市市役所の支庁である鶴岡市役所温海支庁では、
「ぼんやりと地方への移住を考えていて、魅力的な地域を探している」という方に向けて、温海地域の暮らしってこんなに魅力的!をお伝えするべく「温海くらし&しごと体験」を企画しました。

温海で週末プチ移住体験しませんか?参加者を募集します!

 

温海地域の里山ぐらしの魅力を知ってほしい!

温海地域の各集落では、特色ある伝統文化や食文化が受け継がれており、こんなにも魅力的な地域ですが、残念ながら、その魅力があまり知られていない、伝えられていないということも事実です。

そこでプチ週末体験メニューをご用意し、温海地域の手仕事や暮らしを知っていただくプログラム「温海くらし&しごと体験」を企画しました。

「イカの一夜干し体験」や「しな織体験」を通して、温海地域の特色ある伝統文化や食文化を体感しよう!

 温海地域の最西南端にある港町・鼠ヶ関では、夏になると天日干しされているイカがずらりと並ぶ光景が見られ、風物詩となっています。鼠ヶ関のイカの一夜干しは、肉厚で柔らかくおいしいと評判です。体験1日目の「イカの一夜干し体験」では、イカを捌くところから体験します。自分で捌いて作るイカの一夜干しは特別な味わいです。
 山間部に位置する関川では、日本三大古代布のひとつであるしな布(しな織)という伝統文化が受け継がれています。しなの木の皮の繊維を糸にして織るしな織ができるまでは、いくつもの作業工程があり、多くの時間と手間がかけられています。体験2日目の「しな織体験」では、関川しな織センターを訪ね、コースター作りを体験します。ぬくもりのある自分だけのコースターを作りましょう。
 この他にも在来作物である越沢三角そばのそば打ち体験や砂糖を使わずにもち米だけで作るかよあめ作り体験、魚料理教室では、庄内浜の冬の味覚である寒鱈汁の作り方を学びます。また、先輩移住者やUターン者との交流の場もありますので、お話を聞きながら、温海地域での暮らしをイメージしてみましょう。

海も山も温泉も楽しめるところに移住したい方に体験して欲しい!

・地方の暮らしを体験してみたい!
・新しいライフスタイルを見つけたい!
・なんとなく移住を考えているけど、どうしたらいいか分からない…
・移住を決める前にその地域の暮らしや仕事を知りたい!

自分で捌いて作るイカの一夜干しは特別な味わいです。

自分で捌いて作るイカの一夜干しは特別な味わいです。

体験2日目のしな織体験では、コースター作りに挑戦します。

体験2日目のしな織体験では、コースター作りに挑戦します。

イベント・ツアー内容

開催日程:2022年02月04日

所要時間:2022年2月4日(金)~2月6日(日)(2泊3日)

費用:無料 ※現地までの往復交通費、体験外の飲食代や雑費は自己負担となります。

定員:5 人

最小催行人数:1 人

集合場所:あつみ温泉駅

解散場所:あつみ温泉駅

スケジュール

◆1日目
     12:50 あつみ温泉駅 集合
     ・オリエンテーション
     ・イカの一夜干し体験
◆2日目
     ・しな織体験
     ・越沢三角そば打ち体験
     ・温海地域の仕事見学
     ・かよあめ作り体験
◆3日目
     ・魚料理教室
     ・まとめミーティング
     15:00 あつみ温泉駅 解散
     

鶴岡市
鶴岡市地域振興課が紹介する鶴岡市ってこんなところ!

 鶴岡市温海地域は、鶴岡市の西南端、新潟県境に接し、三方を山々に囲まれ、西側には海岸線が続く、自然豊かな地域です。面積の約9割が山林で占められており、平地が少ないことから、海岸線沿いと山間部に走る2本の国道とそれらを東西に結ぶ県道沿線に個性豊かな27の集落が形成されています。各集落には特色ある歴史や伝統文化、生活文化が継承されています。また、海の幸も山の幸も豊富で四季折々の食文化が楽しめること、温海かぶや越沢三角そばなどの在来作物も地域の魅力のひとつです。一度、温海地域を訪れると、あなたもきっとその魅力に魅了されるはずです。

プロジェクトの経過レポート
2022/01/20

中止のお知らせ

2022.1.120鶴岡市温海庁舎総務企画課主催「温海ぐらし&しごと体験」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため「中止」することといたしました。

鶴岡市は、山形県の北西部に位置する人口約12万のまちです。400年続く城下町であり、自治体では東北で一番の面積を誇ります・・ということは、まち暮らしも海暮らしも山暮らしも、里暮らしも選べる!まちなのです。ユネスコの食文化創造都市にも認定された食の宝庫です。 また、高度な研究施設「鶴岡サイエンスパーク」があり、世界的なバイオベンチャー企業も続々と誕生・躍進を遂げており、国内外から研究者が集う一面も有しています。 地域振興課ではUIターン経験を持つ3人の移住スタッフが、日々移住に関する相談や移住・定住イベントを地域のかたや各機関と連携して移住希望者を受け入れています。
13
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!