【信州伊那谷×教育移住】学校見学オンラインツアーVol.3 高遠第2・第3保育園&高遠北小学校
情報を集める
公開日:2021/12/10
終了日:2022/12/30

【信州伊那谷×教育移住】学校見学オンラインツアーVol.3 高遠第2・第3保育園&高遠北小学校

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

「自然豊かな環境で子どもをのびのびと育てたい」
「人間力を伸ばす教育を受けさせたい」
長野県伊那市は、そんな思いを抱いて移住して来られる方がとても多いまち。

移住してきた方々いわく「伊那市に教育移住する魅力」とは山、谷、森、川、田んぼなどバリエーション豊かな自然環境。

今年の「学校見学オンラインツアー」は全5回シリーズ。
伊那市には市立小学校が15校、市立中学校が6校、その近くに公私立の幼稚園や保育園があります。どの学校・園も自然豊かな環境にあり、学校独自の多彩な取り組みをしています。たくさんの選択肢がある伊那市なら、お子さんがのびのびと成長できる学び舎に出会えるかもしれません。

第3弾の12月は、信州型やまほいく特化型で唯一の公立保育園である「高遠第2第3保育園」と市内のどの地域からでも通える小規模特認校「高遠北小学校」をご紹介。

ZOOMを使って現地からリアルな子どもたちの様子を配信します。

地域の文化と食、を大切にしする保育園、小学校

【高遠第2・第3保育園って?】
高遠第2・第3保育園は伊那市の公立保育園で唯一「信州やまほいく」の「特化型」に認定されている保育園。雄大な自然の中で五感を使って楽しむ園児たち。年間を通してさまざまなシーンで自然と触れ合います。

園舎に隣接する裏山は四季を通じて、子ども達の遊びや生活の場に。友達や地域の方々と一緒に。自然の中でのびのび遊ぶことで「考える」「試す」「創造する」「工夫する」といった学びが生まれ、「生きる力」の基礎を育んでいます。

畑で育てた野菜でピザやカレーを自分たちで作ったり、たけのことり、梅ジュースづくり、キノコ採りなど様々な経験をしています。

【高遠北小学校って?】
高遠北小学校も高遠町地区にある公立小学校。全校生徒が60名に満たない少人数の学校で、今年度から伊那市の「小規模特認校」に認定されました。

日本一の「なかよし学校 がんばり学校」をめざし、子ども、職員、PTA、地域が協力しながら活動しています。「地域で学ぶ日」や「自然で学ぶ日」などの行事もあり、日常的に地域、自然と関わったり、伊澤修二記念音楽祭で音楽劇をするなど表現活動にも取り組んでいます。

一人ひとりが主役で脇役、安心して学べる手厚い支援という小規模校の学びの良さを大切にしています。

森が遊びと学びのフィールド

森が遊びと学びのフィールド

自然の中で好奇心を育む

自然の中で好奇心を育む

子どもも登場! 臨場感たっぷり!

今回も園長先生や校長先生が保育園、学校を案内してくれます。
「教育移住」を検討している方や「地方での子育て」を考え始めている方、お気軽にご参加ください。もちろん、実際に学んでいる子どもたちの様子もご覧いただけます!

【日時】

12月21日(火曜)10時00分~11時30分
注)前回と開始時間が異なっていますのでご注意ください。

【スケジュール】

<第1部> 高遠第2・第3保育園 LIVE
10時05分~10時25分 園長の実況解説付き 園の紹介

<第2部> 高遠北小学校 LIVE
10時25分~10時45分 校長による実況解説付き 学校の紹介

<第3部> 移住者&保護者による座談会
10時45分~11時15分 移住者や現役保護者の皆さんとお話

<第4部> 伊那市内の小中学校紹介
11時15分~11時25分 
市立小学校が15校、市立中学校が6校。山あり、谷あり、森あり、川ありという起伏に富んだ環境を活かして各校では自然や地域と親しむ学びを実践しています。学区を越えて市内どこからでも通える「小規模特認校」制度があるのも伊那市ならではです。
伊那市にはどんな学校があるのか。是非知ってください!

本オンラインツアーは事前申込制です。「興味ある」を押していただいた方に申し込みフォームをお送りします!

豊かな自然の中で育つ

豊かな自然の中で育つ

変化に富む四季も魅力

変化に富む四季も魅力

伊那市
伊那市移住・定住相談窓口が紹介する伊那市ってこんなところ!

長野県伊那市は、中央アルプスと南アルプスが東西に広がり、その間を天竜川と三峰川などが流れる、人口約68,000人の自然豊かなまちです。東京、名古屋、大阪などから、高速バスの直通便があります。
特色ある教育の保育園や小学校などが多く、また図書館をはじめとする文化環境も優れているということから、「子育てにぴったりな田舎」としても取り上げられています。
商店街にも元気なお店が多く、さらに夜になると多くの飲食店に人々が集い話をする、楽しいまちです。
伊那市への移住・定住を検討する方は、ぜひ一度伊那市役所の「伊那市移住・定住相談窓口」にご連絡ください。

■伊那市移住応援HP「伊那に住む」 http://www.inacity.jp/iju/

伊那市への移住/定住に関するご相談をなんでも受け付ける窓口です。移住・定住コーディネーターをはじめ、職員が対応しています。
27
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}