ものづくり&アートの街で「デジタルラボ」のコミュニティマネージャー募集
募集終了
働く・住む
公開日:2022/08/09
終了日:2022/10/31

ものづくり&アートの街で「デジタルラボ」のコミュニティマネージャー募集

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

福岡県田川市は、かつては石炭産業が隆盛を極め、今でも日本初ユネスコの世界記憶遺産に登録された「山本作兵衛コレクション」をはじめ、古くから栄えた文化や芸術が息づくまちです。こうした歴史や伝統を受け継ぎつつ、今後さらに、新たな技術(デジタル)を活用した「街づくり」と「人づくり」の取組みとして、株式会社LIFULL、ファブラボ太宰府等と連携し、地方に住み続けながら世界中の都市と知見を共有し、デジタル技術を活用したものづくりや芸術文化への参画を通じ、心豊かな暮らしができるプロジェクトを開始しようとしています!

■事業内容
今回募集する地域おこし協力隊は、本プロジェクトの中核人材として、連携先においてデジタルファブリケーション機器(デジタルデータに基づいてものづくりする機器(3Dプリンタ、レーザーカッター等))に関する基本的なスキルやノウハウを習得していただきます。
その後、デジタル技術を活用した「ものづくり」や「アート」の創作が可能な拠点「デジタルラボ(仮称)」を市とともに創設し、ラボの管理・運営、デジタル人材の発掘・育成、住民へのデジタル化支援の任務にあたります。
任務終了後も「デジタルラボ」を中心として、事業を継続いただきたいと考えております。

活動内容

1.デジタルラボの管理運営その他活性化に向けた活動
・施設の運営及びデジタルファブリケーション機器の管理
・施設利用者への受付、レクチャー
・施設利用者及び関係者間のコミュニケーション創出
・他の施設やデジタルファブリケーション機器を販売する民間企業との連携など

2.デジタル人材の発掘及び育成のための活動
・地域のニーズ調査、ヒアリング
・ものづくり&アートイベントの企画、運営
・デジタルファブリケーション機器を活用したセミナー及びワークショップの企画、運営
・地域内外のデジタル関心層とのネットワークづくり
・地域社会のデジタル化の推進に対する協力、連携など

3.その他、目的達成に資する活動
・毎月の活動報告書の提出、年間報告書の作成
・まちづくりや地域コミュニティに関する活動
・地域資源の発掘及び振興に関する活動

【給与】 211,760円/月 (賞与 2回/年あり)

【勤務時間】 週30時間(1日の活動時間は田川市と打合せのうえ決定)

【休日】 月曜日、火曜日(月曜は図書館休館日)
・週休2日又は3日(田川市と打合せのうえ決定)
・イベントや研修等で休日出勤が発生する可能性があります。
・年次有給休暇を利用することができます。
・夏季休暇など年次有給休暇以外の休暇を利用することができます。

【福利厚生】
▼住居
・田川市で借り上げた住居を無償提供します。
・住居に係る光熱水費等は自己負担とします。
・引っ越し旅費や転居に係る費用については自己負担とします。
▼活動経費
・携帯電話、ネット環境等の通信費は自己負担とします。
・公用車を利用する場合は、その都度申請が必要です。
・その他、活動のために必要な経費や、研修費については予算の範囲内で支援します。
▼社会保険
・健康保険(共済保険)・厚生年金保険加入
・雇用保険加入
・非常勤職員等公務災害補償加入又は労災保険加入
▼兼業
・可(ただし田川市へ事前の届け出が必要。又、勤務時間・業務内容により一定の制限がかかる場合があります。)
▼その他
・携帯電話、パソコンは自己所有の物を使用していただきます。

商店街のシャッターアート

商店街のシャッターアート

デジタルラボの完成イメージ

デジタルラボの完成イメージ

こんな方を求めています!

現時点でデジタルファブリケーションに関する知識や技術が無くても問題ありません!ただ、ものづくりや新しい技術に興味・関心があり、何事も学ぼうとする姿勢は大事だと考えています。
また本プロジェクトは、田川市内には無かった施設の創設ということもあり、スタートアップ事業として本市とともに意欲的に取り組む意思がある方を求めています!

・地方創生、地方活性化に関心がある方
・芸術やものづくりの経験がある又は興味がある方
・デジタル技術に関心があり、新しい技術を学ぶことに興味がある方
・地域住民や施設利用者等と柔軟なコミュニケーションがとれ、人の話に真摯に耳を傾けられる方
・田川市に定住してプロジェクトを継続する意思がある方
・デジタルファブリケーション機器、PCでのデザイン(CAD、Illustrator等)やプログラミングの経験がある方は優遇

応募条件

※応募する全ての方が満たす必要があります。
・三大都市圏(東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県,愛知県,岐阜県,三重県,大阪府,京都府,奈良県及び兵庫県をいう)をはじめとする都市地域等に現に住所を有する方
・採用後、生活の拠点を田川市に移すとともに田川市に住民票を異動することができる方
・任期終了後も田川市に居住する意向のある方
・地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格事由に該当しない方
・概ね満20歳以上40歳以下の方
・普通自動車運転免許を有している方、又は取得予定の方
・パソコンの一般的な操作及びSNSの活用ができる方

デジタルラボが開設される田川市立図書館

デジタルラボが開設される田川市立図書館

炭坑節発祥の地

炭坑節発祥の地

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
田川市
田川市×LIFULL採用支援が紹介する田川市ってこんなところ!

田川市は、福岡県のほぼ中央に位置し、三方を山々で囲まれた自然豊かなまちでありながら、医療・買い物・子育て環境も充実した住みやすい都市です。県内3大都市である福岡市や北九州市、久留米市にも1時間でアクセスできる便利なまちでもあります。

特徴1:炭鉱のまちと育まれた「寛容さ」
田川市は、明治末期から良質な石炭を豊富に産出し、日本近代化の原動力として発展してきた炭鉱のまちです。
今でも残る2本の大きな煙突がまちのシンボル的な存在になっています。
「月が出た出た〜♫ 月が出た〜♫(ヨイヨイ)」という日本民謡「炭坑節」発祥の地でもあります。

炭鉱のまちとして栄えていた当時、全国から仕事を求め多くの人が集まってきました。
そんなまちだからこそ、地域には「おもてなしの気持ち」が育まれています。
過去実施した田川市での体験ツアーに参加した人の多くが、地域の人の「気取らない優しさ」や「寛容さ」が印象的だったとあげています。

特徴2:アートのまち
田川市は、商店街の空き店舗を活用した「商店街シャッターアート」、トリックアートとARを組み合わせた「たがわトリックアール」など多くのアートスポットがある「アートの街」です。
その他、池田エライザが監督として撮影した映画「夏、至るころ」など映画やドラマの撮影ロケ地になってきたことから、市をあげてロケ地支援を行う「たがわフィルムコミッション」も設立しています。

特徴3:クリエイターやテレワーカーが集まるいいかねパレット
いいかねパレットは、2014年に廃校となった猪位金小学校を利活用し「音楽を中心とするコンテンツ産業の創出と集積」を目指す複合施設として生まれたコミュニティスペースです。
「なんでもできる世界をつくる」というコンセプトを掲げ、音楽制作、テレワーク、宿泊、イベント、交流、遊びと制限なく自由な活動ができる空間を提供しています。
長期滞在している人も多く、コミュニティを作るにはもってこいの場所です

特徴4:祭りなどの文化が根強く残るまち
福岡5大祭りのひとつでもある「川渡り神幸祭」や石炭産業隆盛期に舞われていた春日神社に伝わる「岩戸神楽」は、共に400年以上の歴史があり、県の無形民俗文化財にも指定されています。
「川渡り神幸祭」は、神輿と各地域の豪華で色鮮やかな山笠が、水しぶきをあげながら彦山川を渡る熱気溢れた祭りです。

その他、炭坑節の歴史と文化を発信・継承するまつり「TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~」も大きなイベントです。
こちらのメインは「炭坑節総踊り」。炭坑節発祥の地ならではの本場の炭坑節が味わえます。

特徴5:子育て・教育に熱心なまち
田川市は、子育て環境も教育環境にも力を入れています。
子育て環境のポイント
・保育料の完全無償化
・おむつなど育児用品に使えるクーポンが年2.4〜4.8万円分
 ※0歳:4.8万 / 1歳:3.6万 / 2歳:2.4万
・送り迎えや一時保育を気軽にお願いできるファミリーサポートセンター
・子育てサークルや各種講座の開催
教育環境のポイント
・行政と学校が一体となった教育改革
「基礎学力の育成」「社会を生き抜く力の育成」「自学自習力の育成」の3つの歯車を連動して進め、集中して主体的に学ぶ力をつけ、「自分の良さや特性を生かし、自立し、進んで社会参画する子ども」の育成を目指しています。
・ICT教育先進地
市内全小中学校において、電子黒板やデジタル教科書の設置し、教員のICT活用指導力の向上に努めた結果、JAET主催の学校情報化認定では、全17校が学校情報化優良校に、また学校情報化先進地域にも認定されました
特徴6:抜群の生活環境
【買い物環境】
大型商業施設やスーパー、ホームセンター、大型家電量販店などシーンに応じた買い物が可能です。
【公園】
田川のシンボルである二本煙突がある石炭記念公園、150ヘクタールもの広大な空間に大型遊具やバスケット広場を整備した中央公園や自然公園など様々な公園がいっぱいあります。
医療施設】
田川市立病院を始め、多くの病院・クリニックがあります。
小児科も多く、子どもの症状によって病院を選ぶことができ、待ち時間が少ないのがうれしい。
【温泉】
田川市とその周辺には、温泉がいくつもあるため、頻繁に通うことができます。

特徴7:交通の利便性に優れている
車なら、福岡市まで 約60分。北九州市まで約50分。
電車なら、博多駅まで約70分。小倉駅まで約60分。
その他、福岡市や北九州市を結ぶ高速バスも出ており、大都市へ行きやすい。

私達と一緒に地域を盛り上げてくれる方、ぜひお待ちしております^^
25
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!