埼玉県寄居町

埼玉県寄居町

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
56.3ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

埼玉県寄居町ってどんなところ?

豊かな自然に囲まれた町ですが、都市部へのアクセスも良く、田舎と都会のいいとこどりができる町です!ちょうどいい田舎暮らしをしたい方、ぜひ足を運んでみてください!

埼玉県北部に位置する寄居町は、東京・池袋から東武東上線で約90分、車では、関越自動車道を利用して約60分の距離にある、豊かな自然環境に恵まれた町です。寄居町に自然溢れており、都内とは違い落ち着きと癒やしの空間です。町の中央を流れる荒川では、春は川岸の「桜」、初夏から夏の「水遊び・釣り・カヌー・自然散策」、夏の盛りの「寄居玉淀水天宮祭の花火」、秋の「紅葉」、冬のかわせみ河原に飛来する「白鳥」など、四季折々の表情を持っています。特に、「水」の清らかさは寄居町の誇りであり、町全体が「水の郷」として認定されいます。また、全国名水百選に認定されている「風布川(ふうぷがわ)・日本水(やまとみず)」、水源の森百選に認定されている「日本水(やまとみず)の森」などがホタルやトンボをはじめとする多様な生態系をしっかりと育んでいます。特に夏には多くの観光客が町に自然と癒やしを求めに訪れる人気スポットです。

株式会社まちづくり寄居
株式会社まちづくり寄居

寄居町(よりいまち)は、町の中心を荒川が流れ、周囲を山に囲まれた場所です。
今回のプロジェクトの物件から荒川までは徒歩5分です。周囲の山の山頂までは1時間で行けます。
荒川の上流部なので、とても美しい河原で、夏には、キャンプやBBQ、川釣りを楽しむ方が多く訪れます。農業も盛んで、さまざまな野菜が作られていますし、かつて、みかんの産地の最北限だったみかん山があり、今でも「風布みかん」は名産です。
また、昔は屠畜場があったため、豚肉文化があり、豚肉の味噌漬け、カツ丼は町内外でも評判です。
特徴的なグルメもあり、寄居町で「やきとり」というと、鶏肉ではなく、豚のカシラ肉を使います。また、カツ丼は、卵とじでもソースカツ丼でもなく、甘いタレにつけたタレカツ丼なんです。
鉄道が3路線通っており、交通の要衝でもあります。都市部からのアクセスは、池袋から東武線で1本。約1時間30分かかります。自然豊かな環境で暮らしながら、東京にも出やすい。自然豊かな田舎さしらと、都市部へのアクセスの良さ、都会と田舎の両方の魅力がある町が、寄居町です。

栗原 史郎
日本料理 喜楽

寄居町(よりいまち)は埼玉県北西部にあり関越自動車道 花園ICより車で4分。
寄居駅には鉄道が3路線通っており、池袋からは東武線1本(約1時間30分)で来ることができます。
町の中心には荒川が流れていて、夏には花火大会が行われたり、バーベキューを楽しむ家族連れの方達で賑わいます。
風布みかん(ふうぷみかん)という昔ながらの酸味のあるみかんと、昔は町に屠畜場があったため豚肉文化が今でも残っています。 豚肉の味噌漬けやカツ丼は町外の方にも好評です。

私の考える寄居町の魅力は、都心から1時間半というアクセスでありながらリアルな自然を感じれること、居酒屋から料亭まで様々な食文化を楽しめること、そしてなりなより住んでいる人が温かい事です。 若者とご年配の方との交流も日常の風景になっています。

都会より少しだけ、時間がゆっくり流れる寄居町へ一度遊びに来てみませんか!?

Yoshimichi Ueda
株式会社 小田屋、一般社団法人離島総合研究所、一般社団法人折原ヴィンヤード代表理事

寄居町(よりいまち)は、町の中心を荒川が流れ、周囲を山に囲まれた場所です。
今回のプロジェクトの物件から荒川までは徒歩5分です。周囲の山の山頂までは1時間で行けます。
荒川の上流部なので、とても美しい河原で、夏には、キャンプやBBQ、川釣りを楽しむ方が多く訪れます。農業も盛んで、さまざまな野菜が作られていますし、かつて、みかんの産地の最北限だったみかん山があり、今でも「風布みかん」は名産です。
また、昔は屠畜場があったため、豚肉文化があり、豚肉の味噌漬け、カツ丼は町内外でも評判です。
特徴的なグルメもあり、寄居町で焼き鳥というと、鶏肉ではなく、豚のカシラ肉を使います。また、カツ丼は、卵とじでもソースカツ丼でもなく、甘いタレにつけたタレカツ丼なんです。

鉄道が3路線通っており、交通の要衝でもあります。都市部からのアクセスは、池袋から東武線で1本。約1時間30分かかります。日常の延長線上の田舎にはぴったりだと思います。
自然豊かな田舎さしらと、都市部へのアクセスの良さ、都会と田舎の両方の魅力がある町が、寄居町です。

埼玉県寄居町の口コミ

寄居町に自然溢れており、町を流れる荒川では、春は川岸の「桜」、夏の「水遊び・釣り・カヌー・自然散策」や「水天宮祭の花火」、秋の「紅葉」、冬のかわせみ河原に飛来する「白鳥」など、四季折々の表情があります。特に、「水」寄居町の誇りで、町全体が「水の郷」として認定されています。また、全国名水百選に認定されている「風布川・日本水」、水源の森百選に認定されている「日本水の森」などがホタルやトンボをはじめとする多様な生態系を育んでいます。特に夏には多くの観光客が町に自然と癒やしを求めに訪れる人気スポットです!
コメント (0)
埼玉県寄居町に関係する人々(77人)

埼玉県寄居町を知る

埼玉県寄居町の注目プロジェクト

埼玉県寄居町はここ!