【尾鷲のしごと留学】地元漁師さんが集う海辺カフェで「1日店長」を募集します!
体験する
募集終了日:2021/06/06

【尾鷲のしごと留学】地元漁師さんが集う海辺カフェで「1日店長」を募集します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

地元漁師さんが集う海辺のカフェで「1日店長」をやってみませんか?

\こんな人におすすめです!/
・海辺の町に興味がある、訪れるきっかけを探している
・カフェのしごとを体験してみたい
・地域の人との触れ合いやご縁を求めている
・協力隊、漁師などのローカルワークについて知りたい
・あわよくばアルバイトで雇ってもらいたい

紀伊半島は南東部の小さな漁師町、三重県尾鷲市三木浦町。
人口500人ほどの小さな漁師町の中心部に佇む海辺のカフェ「マドロス」が、本プログラムの舞台となります。

オランダ語のMatroos(=船乗り)が語源であるマドロスは、「人口減少が進み喫茶店が閉店してしまったこの町に、もう一度人々が集える場所を」という町の要望に応え、三木浦町地域おこし協力隊に着任した三鬼 早織(みき さおり)さんが、地元住民の協力のもと立ち上げました。

地場の魚や食材にこだわった美味しくてボリュームのあるランチと手作りスイーツ、そして店長三鬼さんやボランティアで働くパワフルなおばちゃんたちの人柄が評判を呼び、地元漁師さんに愛される人気店になりました。

2020年6月にオープン2周年を迎えたマドロス。

これまで「地元の方に喜んでもらうこと」にコミットしてきた同店が、加えて、町外の多くの人にも三木浦町の魅力に触れてもらうきっかけづくりをしていきたい、希望する人には観光客以上のディープな経験をしてもらいたいと、「1日店長体験」を募集することになりました。

店長体験と言っても、いきなり全てをお任せする、業務をしっかり覚えてもらう、といった類のものではありません。

三鬼さんの隣に立って、いわゆる「店長目線」で、調理補助や配膳・ドリンク提供などホール業務のお手伝いをしてもらいながら、お客様やスタッフと触れ合い、空いた時間で町のご案内をさせていただくような内容です。
「働くこと」を通じて三木浦町を知ってもらうことが趣旨の企画ですので、飲食・ローカルワーク未経験の方でも大丈夫。長期で働ける人ならアルバイトとしての雇用も応相談とのこと。

マドロスを訪れる地元の常連客は皆人懐っこくて、外からの来客にも興味津々!のんびりしたい場合も少ーしだけお付き合いください。三木浦町のことをより深く知ることのできる絶好の機会かもしれません。

本プログラムを通じて、三木浦町を好きになっていただけたら嬉しいです。
刻々と変わる美しい賀田湾の入江を眺めながら、ぜひマドロスでしごと留学してみてくださいね。

【尾鷲のしごと留学】「しごと」「働くこと」を切り口に、地域への第一歩を後押しする。

尾鷲市定住移住コンシェルジュでは、都市部から地方への移住希望者や、収入や会社の規模にとらわれず「豊かに働く」ことに興味を持つ人に対し、仕事にまつわる体験やイベントを通じて、尾鷲への移住や就業、これからの生き方・働き方の価値観を見つめ直していただく【尾鷲のしごと留学】の取り組みを行なっています。

・移住したいけど希望する仕事がない
・田舎に移住して、お店や仕事を始めたい
・一次産業に興味がある
・地元企業の情報が知りたい、直接話を聞いてみたい
・ローカルワークを実際に体験してみたい
・体験を通じて地域の人と触れ合いたい

上記の項目に、少しでも興味を惹かれるものがあれば、ぜひプログラムに参加してみてはいかがでしょう。
案ずるより産むが易し、実際に地域を訪れることで、新しい出会いや発見があるかもしれません。

また、【尾鷲のしごと留学】では、今後も魅力的な体験/イベントプログラムをどんどん掲載していきます。タイミングが合えば、しごと留学を"はしご"してみてはいかがでしょうか。

将来の移住先候補の下見をしたり、そこでの仕事選び、職場選びに役立てるも良し。

もっとライトな動機でローカルワークに触れてみたり、これからの働き方や価値観を見つめ直すも良し。

皆さんのご参加を心よりお待ちしております!

マドロスは、今年6月にオープン2周年を迎えました。

マドロスは、今年6月にオープン2周年を迎えました。

地元住民らによるイベントも不定期で開催しています。

地元住民らによるイベントも不定期で開催しています。

夕暮れ時の店内は、常連の地元漁師さんたちで賑わいます。

夕暮れ時の店内は、常連の地元漁師さんたちで賑わいます。

昨年マドロスで行われたしごと体験の様子。

昨年マドロスで行われたしごと体験の様子。

イベント・ツアー内容

所要時間:半日〜2日間(目安) ※開催日時、期間はご相談により調整いたします。

費用:無料 ※現地までの交通費、滞在宿泊費、飲食代などは実費負担になります。

集合場所:カフェマドロス(〒519-3814 三重県尾鷲市三木浦町273-13 2F)

解散場所:三木浦町内

スケジュール

体験内容やスケジュールについては不確定な部分もある為、事業者様と相談の上、決定いたします。

<ご応募の流れ>
①SMOUT募集ページ「応募したい」ボタンより、「お名前」「メールアドレス」「電話番号」「ご希望の日時(※)」「その他ご質問・ご要望(任意)」をご連絡ください。(※複数候補を頂けますと幸いです)

②SMOUTメッセージより、しごと留学ご予約日時を調整をいたします。

③予約完了!後日、体験内容やスケジュールの詳細をご連絡いたします。

④当日は現地集合、しごと留学開始!

<マドロスのしごと留学について>
募集内容:
カフェマドロス1日店長体験(調理補助・ホール業務)&空き時間での三木浦町のご案内

注意事項:
・完全予約制
・1日店長体験は営業日(毎週木・金・土、10:00-18:00まで営業)で予約可能
(町のご案内は定休日でも予約可能な場合あり。要相談)
・祝祭日、年末年始、イベント日等の受け入れなど、不明点については別途ご相談ください
・天候や業務状況などにより、しごと留学の体験内容やスケジュールが変更、または中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。

尾鷲市
尾鷲市定住移住コンシェルジュが紹介する尾鷲市ってこんなところ!

三重県南部の熊野灘に面し、温暖多雨な気候と黒潮によって古くから漁業、林業で栄えてきた尾鷲市。世界遺産・熊野古道伊勢路が通い、全国有数の降水量を誇る「雨の町」としても有名です。

尾鷲市定住移住コンシェルジュ
尾鷲市定住移住地域おこし協力隊
「尾鷲に新しい人の流れをつくる」をミッションとして、尾鷲市内にある築87年の古民家を活用した事務所『おわせ暮らしサポートセンター』を構えて活動中。尾鷲での定住や、地方での豊かな暮らしを求めて尾鷲への移住を目指す人に向けた、空き家バンク・仕事バンク・移住体験住宅などの多彩な定住移住サポート業務を行っています。
48
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}