【秋田県北秋田市】『移住コーディネーター』として私たちと一緒に活動してくれる地域おこし協力隊を募集します!
募集終了
体験する
募集終了日:2019/03/31

【秋田県北秋田市】『移住コーディネーター』として私たちと一緒に活動してくれる地域おこし協力隊を募集します!

北国地域おこし協力隊募集移住

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

秋田県北秋田市の地域おこし協力隊『移住コーディネーター』募集のお知らせです。
移住イベントへの参加や移住相談対応、北秋田暮らしの情報発信などが主な仕事です。

北秋田市ってどんなところ?

北秋田市内には「大館能代空港」があります。東京・羽田空港まで約70分と首都圏へのアクセスも良好です。

北秋田市内には「大館能代空港」があります。東京・羽田空港まで約70分と首都圏へのアクセスも良好です。

マタギ達が使用した珍しい狩りの道具や生活ぶり、衣装などマタギに関する資料を展示している「マタギ資料館」。

マタギ達が使用した珍しい狩りの道具や生活ぶり、衣装などマタギに関する資料を展示している「マタギ資料館」。

秋田県北秋田市(きたあきたし)は、秋田県の北部中央に位置し、花の百名山や日本三大樹氷観賞地として名高い「森吉山」をはじめとする山々に囲まれた自然豊かなまちです。また、熊の狩猟で知られるマタギ文化が継承されていることでも知られています。

人口約3万2千人。そのうち40%を高齢者が占め、県内でも少子高齢化率が高い地域となっています。
しかしながら、自然環境とゆったりした暮らしに魅せられて移住する若者が徐々に増えてきています。

北秋田市の魅力を発信する仕事です!

移住定住サポーターとしても活躍中。移住者と地元住民の交流イベントも企画しています。

移住定住サポーターとしても活躍中。移住者と地元住民の交流イベントも企画しています。

移住体験ツアーアテンドのワンシーン。時には子供たちと一緒に雪遊びすることもあります!

移住体験ツアーアテンドのワンシーン。時には子供たちと一緒に雪遊びすることもあります!

現在、移住・定住支援室では、本市における仕事や生活、子育てなど、北秋田暮らしの魅力を積極的に発信し、移住・定住の促進をはじめとする人口減少対策の強化・充実に一緒に取り組んでいる地域おこし協力隊2名が活動中です。移住希望者の個別相談、移住体験事業の企画・アテンド、YouTube動画等SNSを活用した情報発信、首都圏でのPRなど自分のスキルを活かし日々活動をしています。

今後さらに移住・定住に関する取り組みを強化するため、移住コーディネーターを新たに1名募集します!
地域おこし協力隊としての活動サポートはもちろん、ご自身の定住に向けたフォローも市が全力で行います。より多くの人に北秋田暮らしを知っていただくため、私たちと一緒に地域の魅力を発信していきましょう!ぜひあなたの力をお貸しください!

北秋田市地域おこし協力隊『移住コーディネーター』活動内容・募集概要

移住イベントの様子

移住イベントの様子

移住イベントの様子

移住イベントの様子

■活動内容
・移住イベントでのPR
・インターネットを活用したWEBやSNSでの情報発信
・移住体験事業の企画・アテンド
・移住希望者の相談対応 など
■報酬
・月額180,000円(賞与、退職金はありません)
■任期
・委嘱の日から1年間とします。
ただし、活動の成果に応じて最長3年間まで延長することができます。
■条件
・原則20歳以上45歳未満の方。
・応募時点で条件不利地を除く3大都市圏内の都市地域等に居住し、任用後に北秋田市に住民登録を移せる方。
・誠実に職務を遂行できると認められる方。
・地域活性化に意欲と熱意を有し、積極的に活動することができると認められる方。
・普通自動車免許保持者
・パソコン(インターネット、SNS等)の一般的な操作ができる方。
・地方公務員法第16条に規定する失格事項に該当しない方。
■待遇・福利厚生など
・活動期間中の住居は市で用意します。
・健康保険、厚生年金、雇用保険等の社会保険に加入します。
・有給休暇は勤務期間及び年数によって決定します。
・活動中に必要な備品等は貸与または支給します。
・地域おこし協力隊としての活動に支障のない範囲内で、かつ、自身の活動成果に還元されるなど市長が認める場合は兼業を認めます。

そのほか、詳しい要項に関してはこちらからご確認ください。
http://www.city.kitaakita.akita.jp/shigoto/soumu_sougouseisaku/ijuuteijuushienshitu/osirase/2018-0717-1420-90.html

地域おこし協力隊を検討している方や北秋田に興味をもった方向けに、北秋田暮らしや仕事などを体験でき、現地までの往復交通費と現地体験費用の一部を補助する「移住体験事業」を実施しています。
体験内容・体験時期は自由に選ぶことができるオーダーメイド型の移住体験。一度北秋田市を訪れ、北秋田市での暮らしを体験してみませんか?
気になることがあれば、お気軽にお問合せください。

北秋田市
北秋田市役所 移住・定住支援室が紹介する北秋田市ってこんなところ!

大館能代空港がある北秋田市は、市中心部から大館能代空港まで車で約10分。大館能代空港から羽田空港までは70分でアクセスができ、秋田県内でも首都圏に近い地域のひとつです。
その一方、熊の狩猟で知られるマタギ文化が継承されてきた自然豊かな地域であり、春の山菜取り、夏の渓流釣り、秋の紅葉、冬の樹氷鑑賞など四季に応じたアウトドアライフを楽しむことができます。
医療機関や商業施設、子育て支援施設、温泉施設がある北秋田市で、自然を満喫する生活はいかがでしょうか?

北秋田市は秋田県北部に位置し、市内の大館能代空港から羽田空港まで約70分とアクセス良好です。空港のほか、大館能代空港に直結する高速道路(日本海沿岸東北自動車道)のICや市北部を東西に横断する国道7号と南北に横断する国道105号・285号、JR奥羽本線、秋田県内陸部を南北に縦貫するローカル鉄道・秋田内陸線など充実した交通体系を誇ります。県全体の約1割を占める広大な面積に、花の百名山と日本三大樹氷観賞地で名高い森吉山、世界一の綴子大太鼓、世界遺産登録を目指す伊勢堂岱遺跡、狩猟文化の阿仁マタギ、北あきたバター餅など、文化・食・自然など様々な楽しみ方ができる魅力の詰まったまちです。産業は、稲作を中心とした農業や、衣服・木材、電子部品などの製造業、医療・福祉が主となっており、しごとの選択は多岐にわたります。最近は空き店舗を改装したおしゃれなカフェやセレクトショップを開き起業する人も。移住支援のほか、教育・子育て・起業支援など一人ひとりに応じた北あきた暮らしをサポートします!
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!