【お試し住宅はじまりました】コンシェルジュが案内する、塩尻暮らし体験!
体験する
公開日:2022/03/23
終了日:2023/12/31

【お試し住宅はじまりました】コンシェルジュが案内する、塩尻暮らし体験!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

移住を考えているが、交通の便や生活環境、住宅事情がわからず不安…。
住まいや仕事を探すための拠点を探している。
興味のある地域を体感してみたい。

塩尻市ではこんな方に利用していただける、「お試し住宅」の貸出しをはじめました。

滞在中は、同敷地内に住む地域おこし協力隊員が、コンシェルジュとして情報提供や市内の案内をサポートします。

塩尻・周辺の環境について知るため、または塩尻での仕事や住居を探すために、移住の足掛かりとしてぜひご活用ください!

移住者も多く、山や空が広く環境が良くて住みやすいまち

塩尻市は、長野県の真ん中あたりに位置し、北には松本、峠を越えた南には諏訪湖が広がります。

晴天率が高く、豊かな自然に恵まれ、農産物や水が美味しい地域です。特にワインは130年の歴史があり、毎年5月に開催されるワインフェスタには県内外から5,000 人以上の観光客が訪れ、とても賑わいます。

また、江戸時代の面影を残す宿場町や木曽漆器といった伝統工芸品が有名であり、伝統や歴史を大切にしつつも、移住者を含めた多様な人々が集まり、未来を見据えたチャレンジをつづけるまちです。

---

お試し住宅は、JR塩尻駅から車で15分ほど、JR小野駅からは徒歩8分の場所にある、かつては市所有の教員住宅だった建物です。

紅葉や松の植えられた広大な庭に、3棟の木造2階建て3LDK(延べ床面積85平方メートル)の建物がならび、そのうち1棟が短期滞在ができるお試し住宅として貸し出されています。
周囲は里山に囲まれ、のどかな風景のなか、静かな時間が流れます。

---

敷地内の3棟のうち1棟には、地域おこし協力隊員でシビック・イノベーション拠点「スナバ」のスタッフでもある岩佐岳仙さん(横浜市出身)が住み、コンシェルジュとして利用者をサポートします。

「塩尻は移住者も多く、山や空が広く環境が良くて住みやすい」と岩佐さん。
周辺環境や生活全般の情報提供のほか、塩尻駅近くにあるシビック・イノベーション拠点「スナバ」の見学や、希望者には自転車ツアーなどのアクティビティも提供しています。

---

〇施設について
入居対象者:塩尻市外に在住しており、塩尻への移住を検討されている方

賃貸期間:2ヵ月以内
※7月~8月は利用希望が多いため、より多くの方にご利用いただけるように、最長2週間までとさせていただきます。

賃貸料:7,000円/3日以内、13,000円/週、40,000円/月 ※水道光熱費込み

〇お申込み&詳細
こちらのホームページをご参照のうえお申込みください⇊
https://shiojiri-genki.com/service/otameshi/

※興味を持たれた方はぜひ「興味ある」ボタンのクリックをお願いします!※

コンシェルジュの岩佐さん

コンシェルジュの岩佐さん

お試し住宅の広い庭園

お試し住宅の広い庭園

地元の人との交流、空き家探し・・・滞在してみたからこそわかることがたくさんある

移住を検討するためお試し住宅に滞在されていた渡邉さん(大阪市出身)に、インタビューする機会をいただきました。

--なぜ塩尻への移住を考えたのですか?

渡邉さん: とにかく山が好きで、いつかは家から山が見えるところに住みたいと思っていました。長野でいろいろ検討したんですが、山に近く、でも冬に雪が少ない塩尻が、住むには理想的だと思いました。

--お試し住宅に滞在してみようと思った理由は?

渡邉さん: 実際に住んでみて、生活環境を確かめながら、家探しや職探しもしたいと思っていました。地域によっては最長1週間というところもあるのですが、塩尻は比較的長期で滞在できるところが良かったです。駅から歩けるというのもポイントでした。戸建てで和室と洋室があって十分な広さがあり、値段もすごく良心的だと思いました。

--実際に滞在してみてどうですか?

渡邉さん: ここは本当に静かで長閑なところです。週に一度、移動スーパーが来るので通っていると、近所の人に顔を覚えてもらって色々お話するようになりました。お茶によんでいただいて、夕方までおしゃべりしたこともあります。

また、コンシェルジュの岩佐さんにシビック・イノベーション拠点「スナバ」にも連れて行っていただき、そこでたくさんの人と知り合うことができました。

今は空き家の情報を集めたり、仕事探しもしています。来て滞在してみたからこそ得られる情報や、わかることがたくさんあると感じます。

--今後のご予定は?

渡邉さん: 空き家がみつかれば、そこをDIYでリフォームして住んでみたいと思っています。将来の移住に向けて、住宅リフォーム技術の職業訓練も受けていたので、ある程度のことは自分でできると思うんです!

---------------------------------------------------------

充実したお試しライフを送っていらっしゃる渡邉さん。
滞在してみたからこそわかることがたくさんある、とお話してくださいました。

・移住前に、交通の便や生活環境、住宅事情をしりたい
・移住に向けて、住まいや仕事を探したい
・気になる地域に実際に滞在して生活してみたい

こんな方は、ぜひお試し住宅を利用して、塩尻暮らしを体験してみてください!

間取り図

間取り図

お試し住宅滞在中の渡邉さん

お試し住宅滞在中の渡邉さん

塩尻市
上田直子が紹介する塩尻市ってこんなところ!

<「知の交流と創造」のまち 塩尻市>

塩尻は主要街道の結節点として市内に6つの宿場町を有し、古くより交通の要衝としてたくさんの人が集い、津々浦々の産品や情報が交わされてきたまちです。そうした歴史的背景から、『よそ者』歓迎のおおらかな風土、未知へのチャレンジを許容する文化が育まれてきました。

その血は現代にも受け継がれ、都市部の企業の社員と行政職員が一緒になってまちの課題解決を目指す官民協働プログラムや、行政や民間、市内外を問わず自ら地域や社会の課題を解決を目指す人が集うシビック・イノベーション拠点『スナバ』の開設などをすすめてきました。

上田直子
塩尻市・地域おこし協力隊
2021年7月に大阪より移住してきました。 関係人口創出コーディネーターとして、塩尻に関心を持ってくださる方と地域をつなぐお手伝いをしています。
106
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}