空き家対策の新常識!?空き家の魅力を引き出すマルシェ「しかうら古民家マーケット」開催!
体験する
開催日:2019/10/19
募集終了日:2020/10/20

空き家対策の新常識!?空き家の魅力を引き出すマルシェ「しかうら古民家マーケット」開催!

pin 福井県 越前町
(サブエリア: 福井県)
起業住まい温泉デザイナーイラストレーターライター・エディターアーティストカメラマン

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

◯2019年11月16日@大阪◯
◯◯福井県フェア開催地域のプロジェクトです!◯◯
https://smout.jp/plans/126

福井県越前町の海沿いの地域、「四箇浦(しかうら)」エリアで、空き家をビンテージ家具や古道具を活かして空間コーディネートすることで、
空き家や古民家での暮らし方を提案するマルシェを開催します。
福井県越前町は電車が走っていなく、高速道路も通っていないような田舎町です。
日本の他の田舎と同じように、地域から若者が流出していき、空き家が大量に発生しています。
越前町の中でも海沿いの地区、四箇浦エリアは、建っている家の4割近くが空き家で、空き家問題が特に顕著なエリアです。
そのような場所ですが、海のすぐ後ろに山がそびえ立つ自然環境により生まれた四箇浦独自の風景には、魅力がいっぱい詰まっています。
そのため、四箇浦に足を運んでもらい、直接肌で体感してもらうことで、四箇浦の魅力の虜になっていただき、そのような方に対してその場で空き家利活用や移住を案内できるイベントを開催したいと思い、今回「しかうら古民家マーケット」を開催する運びとなりました。

地域の文脈を継ぎ、まちににぎわいを取り戻したい。

海と山が非常に近く、高台からまちと海の絶景が見渡せます。

海と山が非常に近く、高台からまちと海の絶景が見渡せます。

集落内の路地。家が密集していることによる独特の景観が見られます。

集落内の路地。家が密集していることによる独特の景観が見られます。

今回舞台となるのは、四箇浦エリアの一部である「宿(しゅく)」という集落。宿はかつて四箇浦エリアの中でまちの中心として栄えていた地区。役場や銀行のほか、さまざまな商店が通り沿いに並び、かつては「銀座通り」と呼ばれていたそうです。
しかし、これらの商店も今では多くが空き店舗となってしまい、当時のにぎわいを想像できないような雰囲気になってしまっています。
しかしこのような「昔のまちの記憶」があるため、再びまちとしてにぎわいを取り戻すポテンシャルがある地域だと感じています。宿の住民の方とお話をしていても、「昔は商店が並んでいてにぎやかなまちやったんやけどなあ」とさみしそうに話されていたのが印象的でした。

今回のマルシェイベントは、2日間だけ、昔のにぎわっていた宿の集落を思い返すことができるイベントになるのではないかと思っています。
そしてその光景を見て、再びにぎわいを取り戻そうという動きが、地域内外の方が交わりつつ生まれ始めてほしいと思っています。

今回のイベント開催にあたって、
出店者には出店をお願いすることで越前町に足を運んでいただく機会を作り、雰囲気よくコーディネートされた空き家で出店をしていただくことで、その地区でお店を出すイメージを持ってもらい、気に入ってもらえば地域の空き家を紹介する。
来場者にはイベントを機に地域に足を運んでいただき、地域の魅力や、活動的な若者がいることを知ってもらい、気に入ってもらえば同じく地域の空き家を紹介する。
近隣住民の方には、古民家の使い方を見てもらうことで、所有者自身での空き家利活用を促す。
イベント後もそれぞれの人に、それぞれの目線から四箇浦の地域と関わってもらえたらと思います。

「暮らしたい」=「生きたい」かもしれない。

古い家で暮らしたい。
古いものと暮らしたい。
直しながら暮らしたい。
海の近くで暮らしたい。
自分らしく自由に暮らしたい。
クリエイティブに暮らしたい。
地域に溶け込んで暮らしたい。
「暮らしたい」=「生きたい」かもしれない。

これらのワードに反応された方は、今回のイベントに参加して、何かを感じ取ってほしいと思います。

本イベント企画チーム一同、みなさんとお会いできますことを楽しみにお待ちしております。

イベント・ツアー内容

開催日程:2019年10月19日

所要時間:10月19日(土)、20日(日)の2日間、10時~16時で開催。

費用:入場無料

集合場所:

解散場所:

スケジュール

福井県越前町の海辺の地域「四箇浦」で開催する、古民家の住み方、使い方を提案するマーケット。
「暮らし」にまつわる、こだわりのお店のほか、飲食のお店やワークショップ、空き家や古民家を活かす提案や、空間展示等もあります。

移住希望者や空き家に住みたい方向けに、「集落空き家ツアー」や「古民家・空き家移住相談窓口」、「古民家修繕術」、「アート的空き家活用術」のトークイベントも開催します。

その他イベント内容の詳細はFacebookページをご覧ください↓
https://www.facebook.com/しかうら古民家マーケット-2403374816654942/?eid=ARB8LwPU-b4T8EHFspwHs4y-PGPNwKSWnP6jeKq8cDiYGeP5jmwSGi7CvhQ7zGiIjWmvWb9sVbaMu_aB

越前町
大谷 幸寛が紹介する越前町ってこんなところ!

農業、漁業が盛んなまち越前町。かに、いか、えび、あじ等、海の幸が豊富に獲れる海に面し、山を越えれば田んぼ・畑が広がる自然豊かなまちです。都会では味わえない、のんびりとした暮らしを実現できます。休日は海岸沿いをドライブしたり、歴史ある越知山でトレイルランニングも楽しめます。
また、近年若いローカルプレイヤーが現れてきていることも越前町の特徴です。獣害対策として山の中でクラブイベントを開催している若者や、空き家の魅力を最大限に引き出すために、空間コーディネートした空き家でマルシェを開催している若者、さらにはお寺を地域に開いて、お寺の本来の姿である「人と情報が集まる場所」にしていこうと活動している若者がいます。
今後さらに魅力を増していく雰囲気が感じられる越前町に、まずは一度足を運んでいただきたいです。

福井県福井市出身。大学進学を機に石川県金沢市に移り、就職を機に東京都荒川区に移る。 しかし東京の自然のなさに耐えられず、わずか2年足らずで地元福井県にUターン。 自分が地方に戻ろうと悩んでいた時に多くの人に助けてもらったように、今度は自分が悩んでいる人の力になりたい!との想いから、「移住コンシェルジュ」で募集のあった福井県越前町の地域おこし協力隊に就任。 相談に来られた方のお話を伺い、越前町を中心に、時には近隣市町の会うべく人を紹介することで、やりたいことのビジョンを描くお手伝いをしています。
12
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}