漁師への第一歩!三重県の港町、尾鷲で漁業体験教室を開催します!
募集終了
体験する
公開日:2020/07/27
終了日:2020/08/05

漁師への第一歩!三重県の港町、尾鷲で漁業体験教室を開催します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

 紀伊半島の南部、熊野灘沿岸に位置する尾鷲市は、黒潮と紀伊山地の深い緑に囲まれた気候温暖な小都市です。
 漁業のまち尾鷲市。ここには、誇りを持ち海に生きる人たちがいます。漁に関しては頑固だけど心はあたたかく面倒見がいい、そして何よりも家族を愛する海の人たちです。
 尾鷲の漁業と、そこで生きる人々にぜひ触れてみてください。都会の喧噪を忘れて、生きることや家族の大切さを見つめなおす良い機会かもしれません。

深刻な漁業従事者の高齢化と後継者不足

 かつて尾鷲の花形職業であった漁業は、昭和40年代には約2,400名いた漁師は、今では約280名となり、漁業従事者の高齢化や担い手不足は深刻な状況となっています。漁業の形態も、遠洋から沿岸まで様々な漁業が営まれていましたが、現在では定置網漁業や養殖漁業が中心となっています。
 尾鷲市では、漁業従事者・後継者の確保対策として、平成11年から漁業体験教室をスタートし、これまでに217名が参加し、昨年は参加者から2名の方が市内で漁業に就業しました。これまでに、26名が尾鷲で就業し、現在も8名の方が漁師として働いています。
 漁業体験教室では、初日は定置網漁について学び、二日目からは午前4時ごろに尾鷲港を出港し、尾鷲湾内に張った定置網で漁をし、水揚げした魚の選別や網の修繕なども体験します。期間中は市内の民宿に宿泊していただきます。
 参加費、宿泊費とも無料ですが、観光目的ではなく、尾鷲市で漁業への就業に意欲のある方を対象としています。

水揚げされた魚の選別

水揚げされた魚の選別

定置網漁の風景

定置網漁の風景

漁師に興味があり、尾鷲市で就業意欲のある方を募集しています!

 漁業従事者や後継者の確保は尾鷲市の重要課題です。漁師になりたいという本気度の高い方に是非参加してほしいと思っています!
【体験内容】 定置網漁業(乗船、網起こし、水揚げ作業など) 
【日  程】 3泊4日
 1日目:午後よりオリエンテーション
 2日目:定置の体験(朝もち、網修繕等)
 3日目:定置の体験(朝もち、網修繕等)
 4日目:定置の体験(朝もち)、感想等意見交換会 午前中に終了・解散
【開催期間】 令和2年8月25日(火)~8月28日(金)
【対 象 者】 尾鷲市での漁業に興味があり、就業意欲のある概ね40歳以下の方
【募集人数】 4名
【参加費用】 無料(ただし、現地までの往復交通費は自己負担です。)
【申込期限】 令和2年8月5日(水) 午後5時まで 
【申込に際しての注意事項】
・申込については専用の申込書が必要となります。
・主催者側にて書類選考させていただきます。
・参加の理由が、本事業の目的である尾鷲市の後継者対策にそぐわない(観光目的等)
 と判断された場合、お断りさせていただくことがありますのでご了承ください。
・この体験教室に参加することで、必ず漁業に就業できるものではありません。

漁業体験教室の様子

漁業体験教室の様子

漁業体験教室の様子

漁業体験教室の様子

尾鷲市
尾鷲市政策調整課が紹介する尾鷲市ってこんなところ!

尾鷲市は、三重県南部に位置する人口1万8000人ほどのまちです。
海と山がとても身近な存在で、古くから漁業と林業で栄えてきました。「魚の味がぜんぜん違います!」尾鷲に移住した人は必ずこう言います。黒潮が流れる熊野灘はの本有数の漁場で、リアス式海岸が作る天然の良港には、四季折々の魚が毎日水揚げされます。
また、市の面積の93%を占める山林では、強靭で美しい材木で知られる尾鷲ヒノキが植林されています。この良質な尾鷲ヒノキで建てられた住宅は、空き家となっても味のある古民家として活用されています。
自然がすぐ近くにあるので、海では海水浴や魚釣り、山では世界遺産熊野古道ハイキングや本格的なトレッキングまで、海と山の自然をいつでも楽しむことができます。
移住した人は、「まちの人がいつも子供に話しかけてくれる。」「数日合わないと、どこ行ってたの?と聞かれる。」「近所の人が野菜や魚をおすそ分けしてくれる。」など、温暖な気候と豊かな自然のなかで育った尾鷲人の、おおらかで面倒見の良い尾鷲気質を語ります。

尾鷲市政策調整課
尾鷲市役所政策調整課(移住担当)
尾鷲市(おわせ)は三重県の南部に位置する人口18,000人ほどのまちです。 尾鷲市政策調整課は、移住の経験がまったくない役場職員では、移住する方の視点に立った本当の移住サポートができないと考え、地域おこし協力隊や移住者が設立したNPO団体とタッグを組んで、良いところも、悪いところも、実際の移住経験に基づいたサポートを目指しています。
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!