【12/19LIVE!SMOUT】えひめ地域おこし協力隊 現役&卒業生トークセッション
募集終了
情報を集める
公開日:2021/12/17
終了日:2022/03/31

【12/19LIVE!SMOUT】えひめ地域おこし協力隊 現役&卒業生トークセッション

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

えひめ地域おこし協力隊 現役&卒業生トークセッション
12/19(日)14:00~ LIVE!SMOUT配信します!

地方移住への関心が高まる昨今。地方での働き方も多様化しているように思います。
一般企業への転職のほかに、どんな働き方があるのか、協力隊って聞いたことあるけど、どんな制度?
また、協力隊に応募したんだけど、経験者の話を聞いてみたいという方にもおすすめの配信です。
美しい瀬戸内海、温暖な気候、新鮮な食など、魅力がたくさんの愛媛暮らしについて考えてみませんか?

愛媛の協力隊が気になる方は、「興味ある」をよろしくお願いします!

現役協力隊ゲスト紹介!

◆ゲスト◆ 
仁禮 誠 さん 
(八幡浜市地域おこし協力隊)
神奈川県生まれ。前職は林業
前職のスキルを活かしたいという思いから山間部の八幡浜市日土東地域に2019年9月に着任。
活動内容はフリーミッションとなっており地域行事のお手伝いや、古くから道路として利用されてきた赤道(里道)の再整備を行い、地域内にある開山1300年を誇るお寺までのトレッキングコースの再整備などを行ってきた。それと並行し地域の交流人口増加の為、サロン(高齢者の集まり)と共同し、田舎料理体験や、八幡浜市にあるコワーキングスペース「コダテル」と手を組み、E-BIKEを活用した体験型観光の造成もしている。
その他にも、協力隊ラジオやYouTubeなどで八幡浜市の情報発信を行っている。

関根 麻里 さん
(愛南町地域おこし協力隊)
はじめまして。
愛南町商工観光課地域おこし協力隊の関根麻里です。
東京から移住して現在9ヶ月目です。
ミッションは食にからめた観光振興、特産品の販売促進・PRの活動です。
おもしろそうなことはやってみたい性格なので、愛南町の魅力発信食プロジェクトを自分で立ち上げて、町内食材をつかったスパイスカレーをレストランで週末限定販売や地元の方に出演してもらい郷土料理の動画撮影を取り組み中です。

仁禮 誠 さん(八幡浜市地域おこし協力隊)

仁禮 誠 さん(八幡浜市地域おこし協力隊)

関根 麻里 さん (愛南町地域おこし協力隊)

関根 麻里 さん (愛南町地域おこし協力隊)

協力隊卒業生ゲスト紹介!

◆ゲスト◆ 
本多 正彦 さん
(一般社団法人えひめ暮らしネットワーク 参事/伊予市地域おこし協力隊卒業生)
2013年より、伊予市双海町の地域おこし協力隊として活動。移住支援を主としながら、多様な活動に取り組む。3年間の任期満了後、活動地に定住し観光協会へ2年間就業。現在では、映像・印刷物製作や農業など、多業な田舎暮らしを送る。

本多 正彦 さん (伊予市地域おこし協力隊卒業生)

本多 正彦 さん (伊予市地域おこし協力隊卒業生)

愛媛県
愛媛ふるさと暮らし応援センターが紹介する愛媛県ってこんなところ!

愛媛県は、日本一細長い佐田岬半島を境に瀬戸内海と宇和海の二つの海に面しています。
瀬戸内海側は、海に面して道後平野(松山市など)や道前平野(新居浜市、西条市など)が広がり、宇和海側は、出入りの多いリアス式海岸になっています。

瀬戸内海・宇和海には200余りの島々があり、海岸線の長さは全国5位(約1,700km)、宇和海南部ではサンゴも見られます。南側に接する高知県との境付近には、西日本最高峰の石鎚山(1,982m)をはじめとする四国山地がそびえており、海・山両方の自然に恵まれています。
気候はおだやかで、災害も少なく、住みやすい地域といえます。

海と山両方の自然に恵まれ、気候が穏やかで住みやすい愛媛県。そんな愛媛県への移住の相談やイベントの紹介を行っています。島暮らし、山暮らし、街暮らし、地域によっていろんな暮らしが実現できます。あなたのえひめ暮らしを探してみませんか?
6
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!