【1/27(木)】私達はなぜ20〜30代で愛媛に戻ったのか?〜Uターンを考えはじめた人へのヒント〜
募集終了
情報を集める
公開日:2022/01/06
終了日:2022/01/27

【1/27(木)】私達はなぜ20〜30代で愛媛に戻ったのか?〜Uターンを考えはじめた人へのヒント〜

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

愛媛県は、今話題の移住人気地域の一つです。2020年度は約2,500人が移住し、対前年比約30%も伸びたことでニュースにもなりました。
また、年代別の割合を見ると、20代が最も多く、28.9%、30代が17.1%で、20〜30代がほぼ半数を占めています。

そこで今回は、愛媛出身等のゆかりがあって移住を決めた20~30代の皆さんをゲストとしてお招きし、どうしてそういう決断をしたのか、決めてから実行するまでにどういうステップを踏んだのか、また実際に移住してからどんな暮らしをされているのかなどを、”ホンネ”で語っていただくことで、そろそろ地方移住を考えていたり、Uターンを検討している皆さんの頭の整理やヒントになる場をご提供したいと思います。

★「興味ある」「応募したい」をお待ちしています!
 参加申し込み方法をお伝えいたします。

こんな方にオススメのセミナーです。

☆そろそろUターンもありかなと考えている
→働き方の変化などがきっかけで、東京・大阪などの大都会での生活が必須ではないと思っている
→数年暮らした都市部での生活が、自分にはそんなに合わないと感じている
→友人や知り合いで最近Uターンした人がいて、楽しそうなのが気になっている
→もともと地方出身者で、家庭や家業の事情からいつかはUターンも選択肢の一つだと思っている

☆すぐにではなくても、地方移住に興味がある
→地方移住の情報を目にすることが増えて、関心が高まってきた
→地方創生やまちづくりに関する仕事に興味がある
→なんとなく地方暮らしに憧れているが、もう少し具体的に考えるきっかけが欲しい

20~30代の若い世代でUターンを決めた皆さんの考え方や経験を共有し、参考にしていただくセミナー

■日時:

2022年1月27日(木) 19:00 ~ 20:15 (※場合によって20:30頃まで延長の可能性あり)
※お申込者に限り、後日アーカイブ動画での視聴をご案内します。 (Youtube限定公開の閲覧URLをメールで送信)

■実施方法:

オンラインにて実施(Zoomを使用)
※当日の参加URLは、お申し込み直後や実施前までに配信されるメールにてご案内します。
※Webinarにて実施しますので、原則としてお名前や顔、音声は参加者同士には公開されません。お気軽にご参加ください。

■タイムテーブル:
18:30      参加URLへの入場受付開始
19:00~19:05 本セミナーの主旨説明  (ファシリテーター:ネイティブ株式会社 代表取締役  倉重宜弘)
19:05~19:15  愛媛県の魅力について  (えひめ移住コンシェルジュ   松原 香織)
19:15~20:00 愛媛県に20~30代でUターンした経験者が”ホンネ”で語るトークセッション
※主な話題: 自己紹介、Uターンを考えたきっかけ、決断の決め手、具体的な準備、メリット・デメリット、これから考える方へのアドバイス 等
20:00~20:15 質疑応答とお知らせ

※内容は当日一部変更される可能性があります。

■トークセッション登壇者(予定):
[ゲスト]
フリーランス・デザイナー  徳永 塁 (とくなが るい)
愛媛県新居浜市出身。高校まで地元で過ごし、専門学校を卒業後、東京のお菓子会社へ就職。パッケージデザイン部でプロダクトデザインなどに携わる。
退職後、2014年から英語留学のためフィリピンへ渡航。その後はワーキングホリデー制度を利用し、オーストラリアで2年間、カナダで半年間、農業やカフェなどのアルバイトをしながら海外生活を送る。旅した国は13カ国。2018年12月に帰国、地元の新居浜市へUターンして今年で4年目に突入。
現在はデザイナーとして印刷物製作をしたり、地方創生プロジェクトなどにも関わるように。Uターンしてきた自分だから伝えられることなどをSNSで発信中。

[ゲスト]
伊予市地域おこし協力隊員  上田 沙耶 (うえだ さや)
祖父母の営む商店を守りたい!愛する双海を守りたい!!と意気込み、2020年に横浜から現役大学4年生で移住、伊予市地域おこし協力隊として活動中。コロナ禍で、おうちからでも双海の魅力を知ってもらえるよう、オンラインショップを立ち上げ、特産品の開発や販売を行う。
また、祖父母が営んでいた喫茶店を引き継いで営業を行うとともに、併設する住居部分を改修してゲストハウスを開業。
町外にも双海ファンを増やすべく多方面から活動している。

徳永塁さん

徳永塁さん

上田沙耶さん

上田沙耶さん

愛媛県
愛媛ふるさと暮らし応援センターが紹介する愛媛県ってこんなところ!

愛媛県は、日本一細長い佐田岬半島を境に瀬戸内海と宇和海の二つの海に面しています。
瀬戸内海側は、海に面して道後平野(松山市など)や道前平野(新居浜市、西条市など)が広がり、宇和海側は、出入りの多いリアス式海岸になっています。

瀬戸内海・宇和海には200余りの島々があり、海岸線の長さは全国5位(約1,700km)、宇和海南部ではサンゴも見られます。南側に接する高知県との境付近には、西日本最高峰の石鎚山(1,982m)をはじめとする四国山地がそびえており、海・山両方の自然に恵まれています。
気候はおだやかで、災害も少なく、住みやすい地域といえます。

プロジェクトの経過レポート
2022/01/21

【1/27(木)19時~】私達はなぜ20~30代で愛媛に戻ったのか?

7191

地方移住への関心が高まる昨今、2020年度は2,460人の方が愛媛県へ移住し、対前年度比で約30%も伸びています。美しい瀬戸内海、温暖な気候、新鮮な食など、魅力がたくさんの愛媛暮らしについて考えてみませんか?

今回は、愛媛出身等のゆかりがあって移住を決めた20~30代の皆さんをゲストとしてお招きし、地方移住を考えていたり、Uターンを検討している皆さんの頭の整理やヒントになる場をご提供したいと思います。

お申し込みはこちらから▼
https://nativ.media/36633/

海と山両方の自然に恵まれ、気候が穏やかで住みやすい愛媛県。そんな愛媛県への移住の相談やイベントの紹介を行っています。島暮らし、山暮らし、街暮らし、地域によっていろんな暮らしが実現できます。あなたのえひめ暮らしを探してみませんか?
35
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!