奥大和サスティナブルデザインスクールを開催します!!
募集終了
体験する
開催日:2022/01/28
終了日:2022/01/23

奥大和サスティナブルデザインスクールを開催します!!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

人口減少・少子高齢化が進む中で、奈良県では、奥大和地域が人々に選ばれる地域となるよう、地域資源を活かした「持続可能な地域づくり」に取り組んでいます。

本講座では、講座やフィールドワークを通して、地元住民との関係性を築き、「自然共生」「互譲互助」「自主自律」といった、奥大和地域に昔から受け継がれる生活様式を学ぶ機会を創出することで、奥大和地域に関わり続けられる多様な人材の育成を目指しています。

豊かな自然のある村で暮らす人々との出会いを通して、自分らしい暮らしのあり方や、大切な人との未来をどうつくっていくか、また、ローカルとの関わり方についてこの講座で考えるきっかけになれば幸いです。

奥大和地域を、移住を考える人々に選ばれる地域にしたい

奥大和地域とは、山岳地帯の奈良県南部と、高原が広がる東部エリアの総称です。
奈良県の約3/4を占める広い土地に集落が点在しており、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」など修験道の聖地として長い歴史をもち、山や高原、青く澄んだ川など美しい自然が広がっています。伝統的な祭りや暮らしの風習、手仕事が代々受け継がれている文化的にも豊かな地域です。

今回の実施エリアとなる人口800人の下北山村は、20年後には半分の400人になり消滅するかもしれないと言われています。今いる子ども達にふるさとを残したいと思い、現在、様々な観点から持続可能な村づくりをしています。

しかし、アクセスが悪い、空き家が多い、超少子高齢化など「生活面」での課題と、特産品やお土産物が少ない、観光業の担い手や地場産業の後継者不足など「観光面」での課題が多くあります。

サスティナブルを学ぶ上で、私たちには今何ができるのか。地域の課題を一緒に考えながら、ローカルの未来について考えていきましょう。

下北山村

下北山村

ローカルとの関わりしろを一緒に見つけましょう!

奥大和地域を含むローカルでの暮らしや取り組み、地域づくりなどに関心がある方のご応募を心よりお待ちしております!

地域の課題を一緒に考えながら、自然豊かな村で暮らす人々との出会いを通して、自らの暮らしのあり方や、ローカルとの関わり方を発見しましょう!!

イベント・ツアー内容

開催日程:2022年01月28日

所要時間:講座:2時間程度 / フィールドワーク:2泊3日

費用:無料(受講にかかる交通費、宿泊費、飲食費は自己負担)

定員:30 人

集合場所:

解散場所:

スケジュール

【講座日時】
◆第1回 1月28日(金)19:30~21:30 @オンライン開催
「奈良県内外の事例から、サスティナビリティを学ぶ」
     
◆第2回 2月11日(金・祝)〜13日(日) @現地 / 動画配信 
「奈良県下北山村でのフィールドワーク」

◆第3回 2月25日(金)19:30~21:30 @オンライン開催
「自らの生活に「サスティナビリティ」の概念を落とし込む」

◆第4回 3月6日(日)10:00~12:30 @東京・有楽町
「修了式!プランの発表」

【申し込み方法】
「興味ある」ボタンを押していただいた上で、下記WEBページよりお申し込みください。
https://sotokoto-online.jp/local/12242

※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、内容を変更する場合があります。

奈良県
奈良県が紹介する奈良県ってこんなところ!

観光地としてはよく知られている歴史ある奈良県ですが、住む場所・働く場所としても魅力的です。
主に北西部の盆地は、大阪や京都へのアクセスもよく、都会には出やすいけれど住むのは田舎で、という方にぴったりです。医療機関やお店、教育施設なども揃っており、昔ながらの町並みや、閑静な住宅街など、住まいの環境も多種多様です。
南東部の山間地域は、公共交通機関だけだと不便を感じることもあるかもしれませんが、車があれば、奈良県内の市街地まで出やすく、雄大な自然の中で働きたい、暮らしたいという方にぴったりです。
奈良県には色々な地域がありますので、自分にあった地域が見つかると思います。

奈良県
奈良県
観光地としてはよく知られている歴史ある奈良県ですが、住む場所・働く場所としても魅力的です。 主に北西部の盆地は、大阪や京都へのアクセスもよく、都会には出やすいけれど住むのは田舎で、という方にぴったりです。 南東部の山間地域(奥大和地域)は、公共交通機関だけだと不便を感じることもあるかもしれませんが、雄大な自然の中で働きたい、暮らしたいという方にぴったりです。 奈良県には色々な地域がありますので、ご自身にあった地域が見つかると思います。
21
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!