【移住相談会】多可町の定住コンシェルジュと話してみませんか?
募集終了
情報を集める
公開日:2022/06/09
終了日:2022/06/18

【移住相談会】多可町の定住コンシェルジュと話してみませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

ここ数年少しずつ移住者が増え続けている多可町。
昨年度も約100名の方が移住してこられています。
ただその移住者の多くは多可町なんて町を知らなかった!という方がほとんど。

多可町ってどこ?
なにがあるの?
どんな人がいるの?

どんな些細な質問でも構いません。
まずは一度お話してみませんか?

今回は多可町の定住コンシェルジュが大阪まで出張相談にお伺いします!♪

▼定住コンシェルジュって?
https://teiju.takacho.net/concierge/%e5%b0%8f%e6%a4%8b-%e8%81%a1%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%86%e5%b0%8f%e6%a4%8b-%e6%9c%8b%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93/

多可町って…?

その昔、瀬戸内のほうから大男がやってきて、「ここへ来たら空が高いなあ」と言ったので「たか」という地名になったという伝説が、『播磨風土記』に残されています。
京都、大阪、神戸まで、車でそれぞれ1時間半。気候は温暖で、豊かな自然に囲まれた場所に多可町はあります。

酒米の王様である“山田錦”や100日もの時間をかけてじっくり育てられた“播州百日どり”など、魅力ある特産品もいっぱいです。手漉き和紙「杉原紙」や播州織など、ぴかっと光る地場産品もあります。また誰もが知っている国民の休日である敬老の日は多可町八千代区(旧八千代町)が発祥の地。ここから全国に広まりました。

ちょっとベンリな田舎、多可町で
はじめてみませんか田舎暮らし、一年生。

四季折々、様々な色を魅せてくれる町

四季折々、様々な色を魅せてくれる町

立派な棚田にたか坊とふう子もご満悦♪

立派な棚田にたか坊とふう子もご満悦♪

今回の会場はコチラ!

以下の日程で開催を予定しております。

◇大阪開催
日時:6月18日(土) 10:00~18:00(いずれか1時間程度)
場所:大阪ふるさと暮らし情報センター
   (大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪1階)

ご希望の方は「応募したい」をポチっとしてください。
こちらよりメッセージにてご連絡させていただきます!

今回ご都合合わないなぁって方
安心してください、まだまだイベントはありますよ。
来月7/31(日)には大阪にて大規模な相談会にも参加予定!
よければ以下のリンクから特設サイトものぞいてみてください☆

▼おいでや田舎暮らしフェアin大阪
https://www.osaka-furusato.com/inakagurashi-fair/

様々な移住に関する資料も豊富にそろっています!

様々な移住に関する資料も豊富にそろっています!

大阪メトロ堺筋本町駅下車徒歩5分 シティプラザ大阪の1階です。

大阪メトロ堺筋本町駅下車徒歩5分 シティプラザ大阪の1階です。

多可町
多可町地域商社RAKUが紹介する多可町ってこんなところ!

多可町は、兵庫県のほぼ中央にある、人口20,000人弱の町です。
平成17年、多可郡の中町・加美町・八千代町が合併してできました。
日本一の酒米『山田錦』発祥のまち
日本一の手すき和紙『杉原紙』のまち
『敬老の日』発祥のまちと
3つの発祥を持つまち、多可町。
町の80%が森林であり、町をぐるっと一周山々に囲まれ自然豊かな町。
それなのに京都、大阪、神戸まで、それぞれ1時間半で出られちゃう、
「ちょっとべんりな田舎」です。

◇多可町とは? 兵庫県多可郡多可町は、兵庫県のほぼまんなか、北播磨地域の最北部に位置し、周囲を中国山地の山々に囲まれた森林地帯が80%を占める自然豊かな町です。神戸、大阪までは車で約90分、『意外と便利な田舎』です。人口はおよそ2万人で、人々はみな温かく、自然いっぱいで夏にはホタルが見えるまちです。 また、多可町は3つの発祥の地でもあります。 1つ目が「山田錦発祥のまち」2つ目が手漉き和紙「杉原紙発祥のまち」3つ目が「敬老の日発祥のまち」です。 ◇多可町地域商社RAKUとは?  多可町地域商社RAKUは地域経済活性化を目的としたまちづくり会社です。現状、多可町にはのどかな自然と情熱的な町民によって生み出された様々なモノやサービスが多くあります。しかし、高齢化社会の中で、人口減少がおこり、産業の衰退などの問題点も多くあります。そこで、多可町地域商社RAKUでは、多可町と連携しながら特産品事業や定住推進事業、観光事業を通して、多可町の問題点を解決し、地域の活性化にチャレンジしています。 ※上記事業以外にも様々な新規事業が進行されている状況です。 「10人10色」多くのチャレンジをお待ちしております。 ▷多可町地域商社「RAKU」HP:https://raku-taka.com/ ▷多可町定住支援サイト「タカ、と。」:https://teiju.takacho.net/ ▷多可町地域おこし協力隊FB:https://www.facebook.com/okoshitaka/
7
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!