「有機の里うすき」で有機農家として新規就農をめざしませんか?(地域おこし協力隊2名募集)
募集終了
働く・住む
公開日:2021/01/07
終了日:2021/01/29

「有機の里うすき」で有機農家として新規就農をめざしませんか?(地域おこし協力隊2名募集)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

臼杵市は、大分県の東南部に位置し、大分市に隣接する人口約 4 万人のまちで、豊後水道に面し、漁業や醸造業(味噌・醤油)、造船業を主産業とする臼杵地域と大分の食糧庫と呼ばれ農業の盛んな野津地域から成り、海の幸、山の幸に恵まれた自然豊かな地域です。
 農業においては、有機の里づくりをめざして、有機農業の第一歩である土づくりを推進するため「臼杵市土づくりセンター」を建設し、草木を主原料とする堆肥「うすき夢堆肥」を製造・販売し、化学肥料や農薬を使わずに有機栽培した農産物を「ほんまもん農産物」として市長が認証して出荷が行われています。しかしながら有機農産物のブランド化による価値の向上や販路を拡大するための手段が不足しており、また、人口減少、少子高齢化が進んでいることもあり、有機農業の後継者も不足しています。
 このような中、臼杵市では平成28年度から、有機農業に興味・関心があり、将来的に有機農業で自立をめざす方を協力隊として採用しています。先進の有機農業を行っている地元農家の下で農業技術や経営ノウハウなどを習得しながら、ブランド推進や販路拡大の業務を行います。

<有機農業に関する業務>
①主要作物の周年栽培の研究・実証
②情報発信などによるブランド推進
③販路拡大
④集荷と搬送
⑤有機農業の研修
⑥実証圃による模擬営農
⑦その他

〇令和3年度地域おこし協力隊員を募集します!(有機農業隊員)
https://www.city.usuki.oita.jp/article/2020121000022/

「有機の里うすき」を有機農業を志す人たちが集まる場所に!

臼杵市は、「家族みんなが、新鮮で安全な地元の食材を使った、我が家の味が並ぶ食卓を囲み、未来につながる生涯現役のまち」をめざしています。
 有機JAS認証を取得し有機農業を行っている生産法人や、古くから有機農業に取り組んでいる生産者がいて、有機農業生産面積も増加傾向にあります。しかし、有機農業での安定生産・安定経営を普及していくためには生産面での課題も多くあり、消費者の有機農産物に対する認知度もまだまだ低いなどの課題もあります。
 そうした状況を改善するため、平成23年度に「ほんまもん農産物認証制度」を作り、化学肥料に頼らない農産物のブランド化を進め、土づくりからこだわった有機農業の推進をしてきました。
 地道な活動を続けてきた結果、ほんまもん農産物の生産者は徐々に増えてきていますが、依然として生産農家さんの高齢化や、市内の若い就農者の不足などの課題もあります。また、有機農業は栽培が難しいため、若い人材を確保するためには研修が必要であることから、有機農業を推進する地域おこし協力隊の採用を開始しました。

ほんまもん農産物

ほんまもん農産物

草木類を主原料とした「うすき夢堆肥」

草木類を主原料とした「うすき夢堆肥」

有機農家として新規就農したい人を求めています!

・協力隊卒業後は臼杵市で有機農家として自立したい人
・生産だけでなく、情報発信やブランド推進、流通、販売まで学びたい人
・インターネット等を使った販路拡大に強みや興味を持っている人
・イベントの企画やメディアを活用して市内外に有機農業を広める意欲のある人
・地域での暮らしや交流が好きな人、興味がある人
・新しい取り組みを楽しむことができる人

ファーマーズマーケット「ひゃくすた」の様子

ファーマーズマーケット「ひゃくすた」の様子

地域おこし協力隊の研修の様子

地域おこし協力隊の研修の様子

地域おこし協力隊として採用します。

地域おこし協力隊として臼杵市が直接雇用しますので、以下の条件を満たしていることをご確認ください。

①3大都市圏(注)と政令指定都市または地方都市(全部または一部が過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)の区域に在住の満20歳~42歳未満(令和3年4月1日現在)の方で、臼杵市地域おこし協力隊員(有機農業)として、採用後、臼杵市に住民票を異動させることが可能な者(任用を受ける前に既に臼杵市に定住・定着している者(既に住民票の異動が行われている者など)については、原則として含まない。)
(注)3大都市圏:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県および奈良県
②心身ともに健康で、有機農業および地域活動に意欲と情熱を持って参加し、地域住民とコミュニケーションを図れる者
③地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない者
④普通自動車免許を持っている者
⑤パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作ができ、日常的に利用している者
⑥他地域にむけて電子媒体などで情報発信を行える者

詳しくはこちらをご参考ください
<募集詳細>
https://www.city.usuki.oita.jp/article/2020121000022/

<参考URL>
◆臼杵市地域おこし協力隊
https://www.city.usuki.oita.jp/docs/2016060300026/
◆地域おこし協力隊の活動を紹介します(活動報告書)
https://www.city.usuki.oita.jp/article/2020061500019/
◆臼杵市農林振興課有機農業推進室Facebook
https://www.facebook.com/yuukinougyousuisinsitu
◆映画『100年ごはん』
http://100nengohan.com/

集荷・搬送の様子

集荷・搬送の様子

イベントでほんまもん農産物をPR

イベントでほんまもん農産物をPR

臼杵市
Ryosuke Yamashitaが紹介する臼杵市ってこんなところ!

大分県の東南部に位置する臼杵市は、豊後水道に面した臼杵湾を望む、歴史にゆかりの深い城下町です。豊富な水源を持つ河川沿いには水田や畑地が広がる野津地域があります。
 また、ほどほどの”まち”感があり、移住希望者の方も驚かれるのが、「意外とおまち」だということ。田舎という言葉ほど田舎でもなく、都会でもない感じです。
 大型ショッピングセンター、総合病院、コンビニ、100均など、必要なものが大体揃う、ちょうどいい町でもあります。
 「はじめてなのに、なんだか懐かしい」そんな空気があるのが臼杵。温かい人、有機野菜などの安心安全な食、恵まれた自然に囲まれて、心身ともに豊かな「うすき暮らし」を送りませんか。

プロジェクトの経過レポート
2021/01/27

プロジェクトに興味を持っていただいてありがとうございます。おかげさまで現時点で3名のお申し込みをいただいております。こちらは29日(金)が締め切りとなりますので、お間違い無いようによろしくお願いいたします。

Ryosuke Yamashita
臼杵市役所
大分県臼杵市で移住支援をしている自治体職員です。臼杵市では海、山、川が近くにあり、有機農業への取り組みも推進していますので、安心した環境で生活や子育てができます。
26
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!