【5/29(土)】岡山県西粟倉村「仕事と暮らし」オンライン説明会(インフォメーションセンター設立・運営スタッフ募集〈地域おこし協力隊〉)
募集終了
情報を集める
開催日:2021/05/29
終了日:2021/05/28

【5/29(土)】岡山県西粟倉村「仕事と暮らし」オンライン説明会(インフォメーションセンター設立・運営スタッフ募集〈地域おこし協力隊〉)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

人口約1500人の内、移住者が約1割をしめる岡山県西粟倉村は「起業家が集まる村」として注目され、視察や研修、旅行に訪れる方が年々増えています。
この度、来訪希望の方の窓口となる、インフォメーションセンター「(仮称)西粟倉5050(ゴーゴー)ステーション」を一緒に設立・運営していただけるスタートメンバーの募集説明会を開催いたします。
募集詳細は、https://smout.jp/plans/3920 でご確認ください。

開催日時 2021年5月29日(土)午前10:00~11:30

参加方法 zoom

申込方法 「応募したい」をクリックしてください。後ほどzoomのURLをメッセージでお送りいたします。

田舎で仕事と暮らしを楽しみたい方

西粟倉村のローカルベンチャーや観光・集客施設の裏方役です。
来訪者の相談窓口やアテンドを行います。
この仕事と西粟倉村にご興味ある方のご参加をお待ちしています。

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年05月29日

所要時間:10時から11時30分

費用:無料

定員:10 人

最小催行人数:1 人

集合場所:オンライン(ZOOM)

解散場所:

西粟倉村
福島征二が紹介する西粟倉村ってこんなところ!

子や孫のためにと、約50年前に木を植えた人々の想いを大切に生かして、立派な百年の森林に育て上げる『百年の森林(もり)構想』
小水力発電やバイオマスなど再生可能エネルギーの導入を通じた地域づくりを進める『環境モデル都市』や『バイオマス産業都市』
SDGsに基づいて「むらがこうなったらいいな」という想いから生まれた新しいキャッチコピー『生きるを楽しむ』
西粟倉村は、これら精神的な支柱をよりどころに、「限りある自然の恵みを大切な人たちと分かち合う『上質な田舎へ』」に取り組んでいます。

プロジェクトの経過レポート
2021/05/28

いよいよあす29日(土)に開催いたします。

参加希望の方は応募したいをお願いいたします。

2021/05/24

オンライン説明会へのご参加は「応募したい」をお願いいたします。
zoomURLをお送りしています。

福島征二
一般社団法人グリーンカラー・合同会社グリーンラボラトリー
1975年生まれ。大阪府泉佐野市出身。 まちづくり、農業、林業、公園緑化などに関する公益法人の経営者を経て2014年に独立。 現在、(一社)グリーンカラー代表理事。(同)グリーンラボラトリー代表社員。 各地の地域課題を解決すべく、それぞれに事業拠点を置き、地域の皆さんと連携して農林業、宿泊業、飲食業、イベント企画運営、グリーンツーリズム、情報発信、寺社経営支援、プロデュース商品や酒類の販売など、地域特性を生かした様々な事業を通じて地域活性化に取り組んでいます。 また、大阪各地で都市型市場(マルシェ)を立ち上げ、農山漁村の生産者や生産地が付加価値を伝えて販売できる場作りや都市農山漁村の交流につなげています。 また、企業や自治体の新事業の企画立案やプロモーション事業、農林水産業などコンサルティング業務も展開しています。 その他、(NPO)山村エンタープライズ理事、(NPO)都市型市場を考える全国会議理事、関西広域連合 都市農村交流アドバイザー(観光交流)、6次産業化プランナー、畜産環境アドバイザー、樹木医、有機JAS検査員、日本政策金融公庫 林業経営アドバイザー試験合格、チェーンソー資格講習講師、森林作道作設オペレーター講習講師などもしています。
15
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!