自然体験を一緒に作ってください!山の素晴らしさを一緒に発信してください!(地域おこし協力隊募集)
働く・住む
公開日:2021/10/13
終了日:2022/03/31

自然体験を一緒に作ってください!山の素晴らしさを一緒に発信してください!(地域おこし協力隊募集)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

 高千穂町は、平成27年に世界農業遺産に認定、平成29年にユネスコエコパークに登録を受け、二つのブランドを持つまちとして地域資源を活かしたまちづくりを推進しています。
 わたしは、R3年4月から祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの担当をしています。どんどん、山に登り、ばんばん、自然体験を企画し、じゃんじゃん、情報発信をしていきたいのです。高千穂で産まれ育ち、高千穂暮らしは44年(大学4年間は高知市)、高千穂の大自然の素晴らしさをわかってはいます!と言いたいのですが、実家と嫁ぎ先は非農家、登山は25年前に1度と今年(R3)4月に2度目を経験、、。自然体験値が低いのです。
 私のようなアウトドア音痴や子どもたちでも楽しめる自然体験を作りたい!うちの自慢の山々にもっと沢山の人々に登って欲しい!登るだけではなく、保全活動も協力してほしい!そういう思いから、一緒に活動してくれる地域おこし協力隊を募集しました。                             
 

こどもたちに純粋に楽しんでもらいたいのです。

■ユネスコエコパークってなぁに?
 ユネスコエコパークとは、1974年にユネスコ(国連組織の一つで、教育や科学を担当している。)が始めた世界ブランドの一つです。ユネスコは世界遺産を登録している機関でもあります。
 世界遺産が「それがそこにあること」が評価されることに対して、エコパークは「それを活用すること」も評価されています。世界遺産であれば、建物や自然がそこにあること自体が評価されていますが、エコパークについては、自然やものだけではなく、「それらに関係する人々や、その生活様式」まで評価されている。つまり、エコパークは「自然と人がうまく付き合っている」ことが評価されているのです。

■祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク?
 国内には10地域(2021年10月現在)エコパークが登録されています。
大分県(佐伯市、豊後大野市、竹田市)宮崎県(延岡市、日之影町、高千穂町)の2県6市町をまたがった広い地域で登録されています。
「祖母・傾・大崩」とは、登録エリア内に含まれている山の名前です。

■高千穂のエコパークってどこ?
 町全域がエコパークエリアになっています。祖母山や古祖母山、五ケ所高原や高千穂峡など一部のスポットが登録されているわけではなく、町全部なのです。学校や役場、スーパーやコンビニがある場所もエコパーク登録エリアなのです。
 エコパークなんだから、自然があるところだけじゃないか?と思われるかもしれませんが、人がいるということは、そこに文化や生活があります。自然と関わる人々の生活や神楽などの伝統文化、地域のお祭り、高千穂町すべてがエコパークなのです。
 エコパークを楽しむことは「高千穂に来ること、そして楽しんでもらうこと」それがエコパークを体感することに繋がります。

■楽しむためのコンテンツを作りたいのです!!
 地域おこし協力隊の方には、初心者向け、子ども向けの自然体験の企画・開発に取り組み、イベントを開催していただきます。エリア内の登山情報を発信していただきます。

親子登山を企画。お昼は高千穂名物かっぽ鶏。教わりながら、子どもたちも料理に参加しました。

親子登山を企画。お昼は高千穂名物かっぽ鶏。教わりながら、子どもたちも料理に参加しました。

親子登山 初心者でも登れるコースを高千穂山の会さんが案内

親子登山 初心者でも登れるコースを高千穂山の会さんが案内

祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク 高千穂町自然体験地域おこし協力隊募集要項

【1.募集人員】
 自然体験、自然保全地域おこし協力隊 1名

【2.業務内容】
 ユネスコエコパークや世界農業遺産の特色を活かした新たな自然体験の開発やグリーンツーリズムを推進するために、以下の業務を行っていただきます。

(1)子どもたちを対象とした自然体験の企画・開発、イベントの実施
(2)その他新たな自然体験関連の企画・開発
(3)高千穂町の自然や自然体験、エコパークエリア内登山に関する情報発信・誘客
(4)民間の自然保護団体やグリーンツーリズム推進団体等との連携
(5)その他町長が必要と認めた業務

【3.応募資格】
(1)上記の業務に意欲のある方
(2)登山やトレッキングなどの経験が豊富で、体力に自信がある方
(3)自然環境に関し関心が高く、ある程度知識がある方
(4)高千穂町の住民や関係団体等と有効な関係構築ができる方
(5)パソコン(ワード、エクセル、インターネット等)の一般的な操作ができる方
(6)インバウンド需要に対応できる方
(7)20歳以上の方 性別は問いません
(8)心身ともに健康な方
(9)次のア、イのいずれかに該当する方
  ア. 3大都市圏等の都市地域にお住まいで、採用後高千穂町内に生活拠点を移し、住民 
    票を異動できる方。
  イ. 他地域で地域おこし協力隊に一定期間(2年以上)従事し、かつ、解嘱から1年以
    内の方で、採用後高千穂町内に生活拠点を移し、住民票を異動できる方。
 ※3大都市圏等の都市地域
   埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、
   兵庫県及び奈良県並びに政令指定都市等の都市地域。詳しくはお問合せください。
(10)普通自動車運転免許(AT限定可)を取得している方
(11)町の条例及び規則等その他関係法令を遵守し、職務命令等に従うことができる方

【4.応募手続】
(1)応募期限 随時募集としますが、採用が決まり次第、募集を終了します。
(2)提出書類
 ①高千穂町地域おこし協力隊応募用紙
 ②高千穂町地域おこし協力隊レポート用紙
 ③住民票(応募時の住所地のもの)

①と②は町ホームページからダウンロードしてください。
https://www.town-takachiho.jp/top/soshiki/sougou/1702.html

【5.応募先】
 〒882-1192 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井13番地 高千穂町役場総合政策課
                              

【6.選考方法】
(1)第1次選考
  書類およびオンライン面談を行い、結果を応募者全員に文書で通知します。
(2)第2次選考
  第1次選考合格者について、面接を行います。
  日時 応募からおおむね1週間以内に、ご連絡を差し上げ、日程の調整を行います。
  場所 高千穂町役場
(3)最終選考結果の通知
  第2次選考終了後、おおむね2週間以内に文書で通知します。

【7.採用予定日】
 採用決定後、転入の準備ができ次第となりますが、詳細は協議のうえ決定します。

【8.勤務条件等】
≪勤務場所≫ 高千穂町内(通勤先は高千穂町役場総合政策課)
≪雇用形態≫ 町の会計年度任用職員として町長が委嘱します。
≪報酬≫   時給1,119円(日額7,836円) 賞与あり(金額は勤務日数等で異なる)
≪雇用期間≫ 採用日から最大3年間(年度ごとに更新が必要)
≪加入保険≫ 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災
≪勤務時間≫ 原則8:30~16:30(実労働7時間)
       週5日(土・日・祝祭日の勤務は、振替休日とします)
≪住居≫   住所借り上げ料は予算の範囲内で支給します。
       生活備品等は自分で準備をお願いします。
≪その他≫  ・体験補助
       ・その他活動に必要な経費は、予算の範囲内で町が負担します。
       ・中山間地域での生活や通勤には移動手段として自動車は必須です。自家用
        車の持ち込みをお願いします。
       ・その他服務規程等は、地方公務員法その他町の条例・規則などを適用し 
        ます。
       

イベントでのロッククライミング。本物を体験させてあげたいな。

イベントでのロッククライミング。本物を体験させてあげたいな。

五ケ所高原での夜間昆虫採取。夏休み昆虫教室の様子。

五ケ所高原での夜間昆虫採取。夏休み昆虫教室の様子。

高千穂町
佐藤純子が紹介する高千穂町ってこんなところ!

 高千穂の起源は古く、古代遺跡の発掘や多くの出土品等の遺物により、紀元前4000年頃から集落が作られたと推定されています。一方、天の岩戸開きや天孫降臨などの神話の高千穂としても知られています。
人口11,676人(R3年10月現在)。宮崎県北部、九州の中央部に位置。
高千穂についての情報↓
《観光》阿蘇の溶岩が浸食してできた高千穂峡は年間140万人の観光客で賑わいます。
高千穂八十八社の総社である高千穂神社や、天照大神を祀る天岩戸神社、芸能の神を祀る荒立神社などは、神話と自然に彩られたパワースポットとして注目を集めています。
《文化》毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて国指定重要無形民俗文化財である「高千穂の夜神楽」が集落ごとに翌朝まで一晩かけて奉納されます。
《農業》中心となる農業は、急傾斜に折り重なるように並ぶ棚田での水稲栽培、高冷地野菜、釜炒り茶を中心に畜産が盛んです。和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」においては名実ともに日本一の称号である内閣総理大臣賞受賞牛を排出。以後続く宮崎県連覇の足がかりを築くなど和牛生産の古豪の地となっています。
《人》神話の舞台や夜神楽、美しい棚田の風景は、高千穂に住む人々の営みから今なお受け継がれています。神楽や集落の共同作業、消防団などの活動後に互いに労をねぎらう直会(なおらい/打ち上げ)など人と人との縁を大切にする文化が根付いています。

佐藤純子
高千穂町役場総合政策課
生まれも育ちも高千穂町です。高千穂高校卒業後、高知の女子大に進学し、大学卒業後は、高千穂町役場に勤務しています。焼酎が大好きで、晩酌は毎日。適量を楽しんでいます。
10
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}