南の島で、オーシャンブルーが似合う男に俺はなる!島の特産”南国きくらげ”生産部門職員を募集!
募集終了
働く・住む
公開日:2021/11/25
終了日:2022/03/31

南の島で、オーシャンブルーが似合う男に俺はなる!島の特産”南国きくらげ”生産部門職員を募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

鹿児島県南西部、奄美群島の沖永良部(おきのえらぶ)島で、私たちと新しい生活を始めませんか?
20〜30代の働き盛り世代の人口が減少し、人手不足に悩む島の様々な事業者を救いたい。
そんな想いから、島外へ向けて島の魅力と課題を発信し、全国から仲間を集めています!

中華料理やラーメンでお馴染みの木耳(きくらげ)。日本で流通している物のほどんどは中国産の乾燥きくらげですが、国産のきくらげは肉厚でとても口当たりが良いんです。中でも沖永良部産の生きくらげは、栽培に最適な高温多湿な環境と、サンゴ起源の石垣蔵で美味しく育て上げられています。そんな島の特産物を製造する事業者を支える生産部門職を募集しています!

都会での暮らしに少し窮屈さを感じている方、サンゴ礁の海のそばでもっと自由に生き生きと毎日を送りたいと思っている方、お話好きな島の人たちとたくさんコミュニケーションをとりたい方、いろいろな想いを抱えた方々を、私たちが沖永良部島の暮らしへご案内します!ピンと来た方は、先ずは「興味ある」ボタンを押してお気軽にご相談を。

肉厚さがハンパない!サンゴの石垣蔵が育てた純国産”南国きくらげ”

沖縄本島から北へ約60kmに位置する沖永良部島は、サンゴ礁が隆起して生まれました。島の風土、収穫される産物、そして島民、全てのものをサンゴが育んでいます。
島のスーパーには、常にたくさんの生きくらげが置かれています。利用できる料理の幅が広く、栄養価も高い生きくらげは島民から愛され、また観光客のお土産としても人気が高いです。年間を通じて熱帯・亜熱帯の花々が咲き乱れる温暖な気候の中でのびのび育った純国産のきくらげは肉厚プリプリで口当たりが違います。私たち「南国きのこ苑」は、この沖永良部島で育てたきくらげを”南国きくらげ”と名付けました。
南国きのこ苑の南国きくらげはなんといっても肉厚!新食感のプリプリなきくらげは、一度食べたら他のきくらげでは満足できません!

①サンゴの石垣蔵が、自然に近い生産環境を再現
南国きのこ苑のハウスは半自然環境。蔵の中には適度に陽の光が注ぎ込み、ミネラルたっぷりの潮風が通り抜けます。自然の雨・温度・湿度が影響を与える環境も含めて管理し、きくらげにとって最も快適で育ちやすい環境を作り出しています。
またハウス内の一部には、以前は海の中にあったサンゴや海中生物を含む石垣が囲んでいます。このサンゴの石垣こそが、きくらげにとって最適な環境を作る重要な役割を果たしているのです。
日本全国のきくらげ生産は、通常夏にピークを迎えるのに比べ、南国きのこ苑のある沖永良部島では温暖な気候できくらげを一年中生産することができます。

②菌種が変わればきくらげも変わる。選び抜かれた久志検きくらげ菌
南国きのこ苑のきくらげは、日持ちが良いことも特長。きくらげの菌種は、実は地域によって生息する種類がわずかに異なります。菌種が違えばきくらげの味や色も違います。
南国きのこ苑では、沖永良部島内の100種類以上もある菌の中から選び抜いた、久志検(ぐしけん)地区で採取できる「久志検菌」を、独自製造した菌床で培養しています。通常、生きくらげの保存期間は約1週間と言われていますが、南国きくらげは良質環境での保存で約2〜3週間という期間が実現しました。

③栄養豊富なさとうきびの発酵バガスを菌床に使用
南国きくらげが育つ菌床は、沖永良部島の主要産物であるさとうきびを絞った後に残る繊維部分(バガス)を天然発酵させた発酵バガスに、米ぬかを混ぜて製造しています。よって、南国きくらげは純国産!
これは沖永良部島特有の方法で、一般的なおがくず菌床よりも、栄養価が高く、肉厚で、日持ちの良いきくらげが育ちます。さとうきびバガスの菌床で育ったきくらげは、ふわっと香る香りも一般的なおがくず菌床で育ったきくらげとは一味違います。

高温多湿な気候とサンゴの石垣蔵が自然に近い環境を再現 (株)南国きのこ苑

高温多湿な気候とサンゴの石垣蔵が自然に近い環境を再現 (株)南国きのこ苑

栄養価の高いさとうきびの発酵バガスを菌床に使用 (株)南国きのこ苑

栄養価の高いさとうきびの発酵バガスを菌床に使用 (株)南国きのこ苑

太陽と海ときくらげと俺。最高の仲間と最高の暮らしを実現しましょう!

・自然と共存するライフスタイルで、季節を感じながら心身共に鍛えられる。
・休みの日には透き通った海でシュノーケリングやサーフィン。
・仲間と共に島の特産物づくりに携わり、地域を盛り上げる。

こんな暮らしがしたいと思うなら、「南国きのこ苑」に来るしかありません!
水平線の彼方から昇る朝焼けを横目に海岸沿いを出勤し、仕事が終わればそのまま海でリフレッシュ!
そんな理想の暮らしを、沖永良部島なら実現できます。

南国きのこ苑では、老若男女個性あるメンバーが、共に生き生きと働いています。製造部門も事務部門も、垣根なく一丸となってきくらげづくりに奮闘しています!
自分の手で丹精こめて育てたきくらげは、最後はひとつひとつ自分の手と目で収穫します。南国きのこ苑は、南の島で季節を感じながら身体も鍛えられ、きくらげを食べた人から直接「美味しい」と言ってもらえる心温まる場所でもあるのです。

私たちは、過去から未来へ進もうとする意思のある人たちと、島の魅力的な産業とを繋ぐ橋渡しができないかと考えています。

美しい海に囲まれた島で、理想のライフスタイルを実現しましょう!

美しい海に囲まれた島で、理想のライフスタイルを実現しましょう!

季節を感じながら、心身共に鍛えられます!

季節を感じながら、心身共に鍛えられます!

南国きのこ苑は、活気あるあなたを待っています!

南国きのこ苑で、島の特産品と共に地域貢献へ力を注いでみませんか?
沖永良部島で長く、楽しく生活したいという想いを持った方を待っています!

募集職種:きくらげ生産職(正社員)
応募資格:体力に自信のある方、体を動かすことが好きな方、普通自動車免許
     45歳までの方(長期的なキャリアプラン形成のため)
業務内容:きくらげの生産(菌床培養、ハウスへの菌床移送・管理、収穫作業)
勤務地 :(株)南国きのこ苑
勤務時間:7:30〜17:00(休憩1時間30分)
休日  :日曜日(定休日)及び、週1日程度(要相談)
給与  :基本給16〜18万円(経験、資格等により異なる)
待遇  :社会保険有、厚生年金有、雇用保険有

会社名:株式会社南国きのこ苑
代表者:末川茂文
所在地:〒891-9101 鹿児島県大島郡和泊町国頭3861番地

個性ある仲間と共に、島を盛り上げませんか?(株)南国きのこ苑

個性ある仲間と共に、島を盛り上げませんか?(株)南国きのこ苑

頼もしい仲間たちが、あなたを待っています!

頼もしい仲間たちが、あなたを待っています!

和泊町
おきのえらぶの人事部長が紹介する和泊町ってこんなところ!

年間平均気温は22度。とても温暖な気候で、名産の"えらぶゆり"、ソリダゴなどの花卉栽培や、黒糖、じゃがいも、きくらげなどの生産が盛んです。
島の地下には大小様々な洞窟、鍾乳洞が200以上存在しており、「花と鍾乳洞の島」と呼ばれています。
島にいれば、どこからでもほぼ10分以内に海へアクセスできます。自然のままの真っ白なビーチは、人っ気がなくいつでも独占状態。水辺ではヤドカリがあちこちで顔を出し、一度海へ潜れば、当たり前のようにウミガメと一緒に泳ぐことができます。本当ですよ!
そんな自然たっぷりの島ですが、飛行機と船は共に毎日複数便は寄港し、大型スーパーや総合病院もあるので、生活には全く不便しません。
島民性は、「おっとり」「根気強い」「シャイ」などと言われますが、とてもお話好きなので、島の中心街では挨拶やおしゃべりの声が至る所で響いています。
また昨今では、ビーチのゴミ拾いや洗剤の計り売りなど、SDGsを見据えた取り組みも島の各地で始まっています。
※沖永良部島での生活に少しでも興味があるなら、「興味ある」ボタンを押してみてください!

おきのえらぶの人事部長
島のコンシェルジュ
鹿児島県南西部、奄美群島の「沖永良部(おきのえらぶ)島」では、20~30代の働き盛り世代の人口が不足しており、島内の事業者が自分たちで求人をかけても応募がなく、人手不足が深刻な課題になっています。そこで、関東や関西から移住したメンバーたちと、島の様々な事業者のことを島外の人たちに情報提供する活動を行っています!
35
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!