プロフィールページ

暮らしのパーラーTOYOOKA

N. D.

地域の人

最終ログイン:約4時間前
性別
男性
居住地
兵庫県豊岡市
関係している地域(出身地、勤務地など)
岐阜県可児市、熊本県山鹿市、兵庫県丹波篠山市、京都府京都市西京区
年齢
40
あなたのスタイル
スニーカー
プロフィール

兵庫県豊岡市の移住定住相談窓口「暮らしのパーラーTOYOOKA」のメンバーとして市民の目線で豊岡の魅力を伝えています。

岐阜県可児市出身。大手ITメーカー勤務から2010年より兵庫県の丹波篠山市にて友人と起業、初年度より城下町の町なみを活かしたイベント「ササヤマルシェ」をスタート。毎年3万人を超える来場者を集める。その後、八百屋、オーガニックカフェの経営を経て、古民家再生や鉄道沿線開発のプロジェクトなどに参画しながら、フリーのプランナーとして活動中。

昼間からビールを飲み、料理をするのが好きな休日の過ごし方。

田んぼを借りて稲作やってます。

できること

【地域の観光再開発全般】
・集客イベントの企画・運営
・地域食材のブランディング
・商業施設のプロモーション企画と運営
・古民家の利活用に関する企画
・稲作5年目(自然栽培)

やりたいこと

小規模でも、その地域ならではのお店や商売が増えたらまちはもっと面白くなるだろうなと思っています。その為にも起業や副業などに繫がる場づくりをしたいと考えています。

所属法人・団体
暮らしのパーラーTOYOOKA
所属法人・団体 紹介

兵庫県豊岡市の移住定住相談窓口「暮らしのパーラー」は、日本最古の木造建築の公設市場内にあるカフェを拠点に運営しています。機能は大きく2つあり、1つ目は「まちや暮しの魅力を伝える機能」、2つ目は「魅力的な人と繋がる機能」です。現在増加する豊岡市への移住者のうち30歳代以下が69%を占めていることからも、これからの地域経済を担う子育て世代をターゲットに地域の魅力を伝えていく必要があると考え、暮らしに根付いた市民目線のまちの魅力を移住希望者や観光客にお伝えしていきます。

ステータス
地域に行ってみたい
移住への本気度

約5年間、豊岡市へ仕事で通っていたら、いつの間にか移住してました。(2020年4月に豊岡市へ移住)