プロフィールページ

GOCCO-カフェ&スタジオ-

K. T.

地域の人

最終ログイン:11ヶ月前
性別
男性
居住地
兵庫県養父市
年齢
39
あなたのスタイル
スニーカー
プロフィール

約6年前に大阪より養父市へ移住。
兵庫県養父市内のカフェ/デザインスタジオGOCCO(ゴッコ)の代表をしつつ、移住者目線での養父市の魅力を発信発信しています。

群馬県出身。
2014年〜2017年 養父市地域おこし協力隊。
グラフィックデザインや広告ディレクションが本業の他、アートや映像、音楽など様々なアウトプットで活動しています。

DIYは得意です。カフェの内装のほとんどを自ら手がけています。

カメラマン兼カフェの店主でもある妻は、ここ数年、家庭菜園に夢中。(私は食べるだけ)

養父市のPRウェブサイト「TRACE YABU」も運営しています。

できること

○プロモーション全般
日常を切り取ったフリーペーパー「長靴ノート」やポスターなどの地域PRや、広告ディレクションも多数務めています。

○コミュニティの運営
誰でもウェルカムなコミュニティ「MAZARUBA」も始まりました。

○移住相談・案内
移住のメリットもデメリットも、知っていることは何でも話せます。

やりたいこと

このまちに集まる小さな好奇心が点を作り、それらが、繋がって、オモシロイまちになったらいいなぁ。と日々思考しています。

今年、ゲストハウスのオープンも進行中。

家族構成
妻・娘(2歳)の3人暮らし。
所属法人・団体
GOCCO-カフェ&スタジオ-
所属法人・団体 紹介

カフェ&アートスペースとして2014年、およそ40年前に廃園となった旧南谷保育所にて始まりました。
カフェの他様々なアート展示やワークショップなどのイベントが行われていましたが、2017年、カフェ店主の産休とともに一旦休業。
その後建物の老朽化に伴い2018年、隣のスーパーマーケット跡地に移転。
内装のほとんどを自ら手がけ、2020年秋、営業再開となりました。
またデザインスタジオも併設していて、代表であるデザイナーを中心に、養父市へ移住したフリーランスのカメラマン、ライター、映像作家などが、プロジェクト型で仕事を共有しています。

移住ステップ
地域を知りたい(情報収集中)、 移住はしないけど関わりたい
移住への本気度

養父市にきたのは約6年前。
移住を決めた当時を振り返ると、ガールフレンド(現妻)とドライブがてらこのまちに来たのがきっかけ。

誰も知り合いもいないこのまちに、初めて来たその日のうちに住もうと、直感で決めてしまうような僕が、移住の相談相手で良いのかと思ったりもしますが、気軽になんでも声をかけてください。



興味あること
何をしているどんな人か
#プランナー・企画職
#起業家
#デザイナー
#その他