滋賀県長浜市

滋賀県長浜市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
65.5ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

滋賀県長浜市の地域の人と
つながろう!

橋本 勘
メッセージする

滋賀県長浜市ってどんなところ?

■人の繋がりが強い!
人との交流を大事にしながら生活(仕事・暮らし)したい人にとってはピッタリの地域。移住者を温かく迎え入れる文化もあり、移住後に活躍している先輩方がたくさんいます。

■自然豊か!
琵琶湖や余呉湖、伊吹山など、少し車を走らせたところに広がる豊かな自然。子育てもしやすいエリアです。

■多くの起業家を輩出!
「近江商人」のスピリットを持ち、起業家を多数輩出。100年以上続く老舗の企業が多く残っています。

いざない湖北  茂森 貴洋
長浜市移住定住促進協議会

私が個人的に長浜市でおすすめしたいのは、琵琶湖の夕景と観音文化です。風景というとありきたりですが、滋賀県には琵琶湖があり、空気がスカッと晴れた日に、琵琶湖に沈む夕陽は本当に見とれてしまいます。普段から見慣れているはずなのに、足を止めてカメラに納めたくなったことが何度もあります。そんな景色、他ではなかなか見られません。
もう一つは観音文化です。普通は「観音さま」と呼びますが、長浜市では「観音さん」と親しみを込めて「さん」付けで表現することがあります。これは、それだけ「観音さま」が人々の身近な存在であったからだと思います。戦国時代の戦禍を逃れるために、川に沈めて手がとれてしまった観音さまや土に埋めていたため一部が朽ちてしまった観音さまもありますが、今もなお、地域住民の方に大切に守り受け継がれています。
長浜市には、ここでは言い表せないくらい色んな資源があるので、少しでもご興味をもっていただければと思います。

しがレポ!〜滋賀県の”くらし”と”仕事”を知る〜
(主催)滋賀県(運営)株式会社いろあわせ

■運営会社の株式会社いろあわせ について
「人と人のいろ(=可能性/魅力/価値観など)を、掛けあわせ、再発見して、よりよい価値(いろ)を創っていきたい。」
これらをミッションに「ひとあわせ」「ものあわせ」「まちあわせ」という大きく3つの事業を展開しております。

▷ひとあわせ
滋賀の魅力企業を紹介するメディア、研修、人材紹介
▷ものあわせ
WEBやチラシデザイン、動画イラスト作成
▷まちあわせ
シティプロモ、SDGsワークショップ、移住促進事業

寺村 定晴
滋賀県・長浜市役所

私が個人的に長浜市でおすすめしたいのは、琵琶湖の夕景と観音文化です。風景というとありきたりですが、滋賀県には琵琶湖があり、空気がスカッと晴れた日に、琵琶湖に沈む夕陽は本当に見とれてしまいます。普段から見慣れているはずなのに、足を止めてカメラに納めたくなったことが何度もあります。そんな景色、他ではなかなか見られません。
もう一つは観音文化です。普通は「観音さま」と呼びますが、長浜市では「観音さん」と親しみを込めて「さん」付けで表現することがあります。これは、それだけ「観音さま」が人々の身近な存在であったからだと思います。戦国時代の戦禍を逃れるために、川に沈めて手がとれてしまった観音さまや土に埋めていたため一部が朽ちてしまった観音さまもありますが、今もなお、地域住民の方に大切に守り受け継がれています。
長浜市には、ここでは言い表せないくらい色んな資源があるので、少しでもご興味をもっていただければと思います。

ながはま森林マッチングセンター
ながはま森林マッチングセンタ―

滋賀県内で有数の観光地である長浜。
羽柴秀吉が初めての城持ち大名となって開いた城下町で、戦国の三英傑が駆け抜けた足跡が数多く残る戦国ロマンあふれるまちです。
歴史だけでなくユネスコ無形文化遺産である長浜曳山祭りや黒壁スクエアなど市民が中心となって作り上げた新旧の文化が交差しています。
古くから交通の要衝であり、総合病院もあり、暮らしに不便を感じることはほとんどありません。
次の文化をつくるために、リモートワークや起業、副業・兼業も促進しています。
そんな長浜市の空き家情報はこちらで公開中。
https://www.nagahama-capital.net/
もしお好みの物件が見つからなかった場合はこちらもご覧ください。
高島市
https://move-takashima.jp/sumai
米原市
https://koisuru-akiya.com/akiyabank/
彦根市
https://www.hikone-akiya.com/

全国的に無名の長浜市田根地区。そんな田根には、普通の田舎とは違う非凡な魅力がありました。そんな田根の魅力を紹介していきたいと思います。

『教育に強い田根』
田根地区は慶応大学小林研究会、マサチューセッツ工科大学、東京大学フィールドスタディ型政策協働プログラムなど、様々な大学と共に活動を定期的に行ってきました。"知の拠点づくり"をテーマに、田根全体をキャンパスとして、古民家も利用しながら地域ぐるみの交流が図らています。特に、田根小学校の生徒が積極的に参加する活動が行われてきており、映像制作・プログラミング・国際教育・古民家リノベーションなど、他の地域の小学生では経験できない体験をしています。

『日本の原風景が残る田根』
琵琶湖のほとりから10キロ程離れた田根地区は、山に囲まれ山裾に集落が点在しており、"田根"の由来ともなる長閑な田園風景が広がり、どこか懐かしい日本の原風景を思い出させる地域です。集落には古くからある古民家も点在しており、移住者がそこに住むこともあります。

まだまだ、たくさんの魅力が田根にはあります。ぜひ、一度田根地区に訪れて、その魅力を存分に味わってください。

エリアその①「長浜市・鍛治屋町」

長浜市の北東部に位置する鍛治屋町。
まちの中心を草野川が流れる、谷あいの美しいまちです。
戦国時代には「草野槍」と呼ばれる武器がつくられ、その後も鍛冶を中心に栄えました。

しかし近年は人口減と高齢化により、空き家の増加や樹木の管理、伝統や文化の継承に課題を抱えるように。

そこで鍛治屋町では地元の人や移住者、地域外の協力者が一緒になり、
・現存する鍛冶小屋で行う、昔ながらの鍛冶体験
・鍛冶イベント「とんてんかん」の実施
・途絶えていた「太閤踊り」を20年ぶりに復活(滋賀県立大学)
・空き家のリノベーション事業(立命館大学)
など、多様な活動を実施されています。

滋賀ゼミでの初期テーマは「鍛治屋町の魅力を知り、伝えてつなぐ」。
鍛治屋町の隠れた良さを一緒に見つけ、発信したり、関わる人が増える仕掛けなどを考えていきます。

協力団体:鍛治屋町育成協議会

エリアその②「甲賀市・信楽高原鐵道」
日本六古窯のまちとして日本遺産にも指定され、多くの観光客が訪れる甲賀市信楽町。

外部からの主要なアクセス手段として、信楽高原鐵道も多くの利用者がありましたが近年は減少傾向、さらにコロナ禍により観光客・鉄道利用は激減し、現在は厳しい経営状態になっています。

二次交通としてのレンタサイクルや、鉄道グッズ販売・枕木オーナー制にも取り組まれていますが、新たなアイデアを必要としている状況です。

滋賀ゼミでは、

「新たな利用者需要の発掘と、効果的な情報発信」

「鉄道を利用した観光アイデアの創出」

などを初期テーマに、鉄道を中心にして地域を盛り上げられるようなアイデア創出に取り組みます。

協力団体:信楽高原鐵道株式会社

100DIVE滋賀県事務局
100DIVE長浜市事務局

長浜市は湖北に位置し、岐阜県・福井県に隣接している。
古くは長浜城の城下町として栄え、廃城後も長浜御坊の門前町、北国街道の宿場として発展してきました。また、戦国時代の史跡も多く、歴史的文化遺産を有しています。
長浜市の森林は市域の約55%を占め、水源や防災、保険・レクリエーション、林業など様々な観点から市民生活と密接に関わっています。森林整備計画にも市民との協働による森林づくりが掲げられており、様々なイベントなども企画されています。

長浜市 まちづくり推進課
長浜市北部振興局

長浜市では、2015年から「地域おこし協力隊」を迎え入れ、これまでに任期を満了した隊員は10人以上。そのほとんどの方が任期終了後も長浜市に定住して、今なお「地域おこし」に貢献していただいています。もはや地域に欠かすことのできない方々ばかりです。
協力隊以外にも、少しずつですが移住者も迎え入れ、「移住者×地域の人」「移住者×移住者」による様々な活動の輪が広がっています。
長浜市はこれからますます面白くなっていきそうです。

株式会社いろあわせ
しがと、しごと。〜滋賀で働く魅力を再発見!〜

言わずと知れた琵琶湖を持つ滋賀県。
統計データをもとに滋賀県の魅力を少しだけ・・・

実は、
一人あたりの県民所得が全国6位なんです。平均より高い。(※H28年度)
男性平均寿命1位なんです。(※H27年)
年少人口割合が沖縄に次ぐ2位なんです。(※H30年)
一戸建て住宅数増加率1位なんです。(※H20~25年)
ボランティアの年間行動者率1位なんです。(※H28年)

こうみると、
「所得も比較的高く、マイホームで子供と安心して暮らせる」
だから「長生きできて、心豊かにボランティアにも参加できる」
そんな良い県である事実が浮かびあがってきましたよね。

しがワークステイ事務局
しがジョブパーク(受託:株式会社いろあわせ)

こんにちは!しがワークステイ事務局の渕田です。
普段は滋賀県にある就活支援施設で企業支援を担当しています。
このお仕事をする中で、県内の企業さんとお話しする機会が多く、
キャリアチェンジ、移住者歓迎の企業がたくさんあることに気づきました!
しかし、移住希望者さんがネットで検索するだけではそこまでは辿りつけず…。
もしかしたら、このイベントであなたにあった企業が見つかるかもしれません。

長浜市は琵琶湖の北東に位置します。大きさは琵琶湖とほぼ同じサイズで、滋賀県の約1/6の面積です。中心市街はかつて羽柴秀吉が長浜城の城下町として統治しており、賤ヶ岳や姉川古戦場などの戦国時代の史跡が多いことでも有名です。またかつて北陸と京阪神を結ぶ重要な「北国街道」が通り、宿場町としても活気に溢れていました。
そんな歴史に深く関わりのある長浜市は、自然豊かで高速道路や新幹線、空港なども近くにあり都会へのアクセスもスムーズな「ほどよい田舎」です。
ぜひ、この機会をきっかけに、地方ではたらく選択肢を探してみませんか?

滋賀県長浜市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

滋賀県長浜市を知る

滋賀県長浜市の注目プロジェクト

滋賀県長浜市はここ!