福島県南相馬市

福島県南相馬市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
58.0ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

福島県南相馬市ってどんなところ?

南相馬市は、福島県の浜通りの北部に位置し、太平洋に面しているため、海の幸が豊富です。また、阿武隈高地の裾野に広がる海洋性の穏やかな気候に恵まれており、自然豊かなまちです。

毎年7月末には、国の重要無形文化財に指定されている相馬野馬追が開催されます。400騎近くの騎馬武者がまちを練り歩く様は、戦国時代にタイムスリップしたような光景が広がります。
また、市内の北泉海岸はサーフィンの世界大会が開催されたことがあるほど良質な波がくるので、季節を問わず地元内外からサーファーが押し寄せています。
馬事文化が根付いており、馬が日常の中に溶け込む馬とともに生きるまちです。

現在の南相馬市は、平成18年1月1日、旧小高町、旧鹿島町、旧原町市の1市2町が合併して誕生しました。面積は398.5平方kmとなり、東京や宮城県仙台市には常磐線をつうじて移動ができます。

蒔田志保
一般社団法人オムスビ

南相馬市は鹿島・原町・小高、という3つの地域から成り立っています。オムスビのある小高は、2016年7月まで、福島第一原発事故の影響を受け、住むことができませんでした。しかし、現在は3000人前後の人が小高で”ふつう”に暮らしています。スーパーがあり、日用品店があり、学校があり、交流センターもある。日々の暮らしには困りません。

一度、何もなくなってしまった小高だから、いろんなことに挑戦している人がいるのが、小高の魅力です。私たちもその一員です。出来ることを継続することを大切にしています。今運営しているコーヒースタンドも、最初はキッチンカーでのスタートでした。なんだかんだで、この冬で3年を迎えます。常連さんが増え、少しずつ知ってもらうことで、地域の中で続けられるようになりました。

四季のうつろいも感じられます。静かなまちですが、人はとても暖かいです。

南相馬市の特徴は、毎年7月に「相馬野馬追」という無形民俗文化財に指定されている伝統のお祭りでしょうか。武将に扮した住人たちが、馬に乗って町を闊歩したり、競馬を行ったりします。まるで戦国劇を再現するような3日間に、初めて見る方は驚くことでしょう。

福島県南相馬市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

福島県南相馬市に関係する人々(21人)

福島県南相馬市を知る

福島県南相馬市の注目プロジェクト

福島県南相馬市はここ!