長野県東御市

長野県東御市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
42.0ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

長野県東御市の人に
移住相談してみよう!

東御市
曽根川 歌織
移住相談する

長野県東御市ってどんなところ?

長野県の東部に位置する東御(とうみ)市は、2004年に東部町(とうぶまち)と北佐久郡北御牧村(きたみまきむら)が合併して誕生しました。市の半分以上が山林、4分の1が田畑と、豊かな自然が残されており、東西に流れる千曲川を中心に四季折々の美しい風景が広がります。

東御市では、年間平均降水量が900~1000mm、晴天率は実に90%という恵まれた気候と、水はけの良い土壌からなる傾斜地でさまざまな農作物が豊かに育まれています。古くは江戸時代に養蚕用の桑の栽培が始まり、近年は巨峰に代表されるぶどう、八重原米と呼ばれるブランド米、生産量日本一を誇るクルミ(シナノグルミ)など、その生産品目は多彩です。

1991年、そんな東御市の魅力に魅せられた画家でエッセイストの玉村豊男さんが、ワイン用ぶどうの栽培に適しているとして約500本の苗木を植えたことから、この地のナガノワイン産地としてのストーリーが始まります。標高850m、当時は「ワイン用ぶどうなんかできるわけがない」と言われたそう。しかし、数年後にはこれらの苗木から約14本のワインが出来上がりました。

長野県東御市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

長野県東御市に関係する人々(1人)

長野県東御市を知る

長野県東御市の注目プロジェクト

長野県東御市はここ!