【毎週水・土曜日開催】モヤモヤした気持ちを話してスッキリ!オンライン移住相談受付中
情報を集める
公開日:2020/07/27
終了日:2021/07/19

【毎週水・土曜日開催】モヤモヤした気持ちを話してスッキリ!オンライン移住相談受付中

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

新型コロナウィルスの流行から、地方への移住への関心がますます高まるも、
多くの移住関連のイベントが中止になってしまい、移住への不安などの相談
がしにくくなりました。

・すぐにでも移住相談したい
・リアルな地方生活を聞いてみたい

そんな皆様とお話ししするため、オンラインコミュニケーションツールを利用したオンライン移住相談を行います。

皆様に寄り添い、安心できる生活を一緒に見つけるのが私たちの役目です

移住について考えるとき、ワクワクよりも不安や心配の気持ちの方が大きいかもしれません。
しかもその不安もどこか漠然としていて、どうすれば解消できるのか、上手く言い表せませんよね。
しかしそれは当然のことです。
住み慣れた町を離れて、田舎で未知の生活を始めようとしているのですから、
分からないことが多すぎて不安になるのは当たり前なのです。
私たちは、そんなあなたを応援します!
ご自身のことをお聞かせください。
私たちが一方的に地元の魅力ばかりを語るような移住相談会にしたくありません。
まずは今現在のあなたについて教えてください。
仕事のこと、子育てのこと、日々の暮らしのこと…
どんなことでも結構ですので、聞かせてください。
私たちにお話しいただくことで、モヤモヤした気持ちが少しでもスッキリし、これからの暮らし方・働き方を考えるきっかけ
になればと思います。

四季折々で様々な表情を南砺市は見せます!

四季折々で様々な表情を南砺市は見せます!

オンラインで気軽にお話ししましょう

オンラインで気軽にお話ししましょう

一緒にお話しして、新しい暮らしのイメージを作りましょう!

南砺市には、標高700mを超える高山、裾野に広がる美しい里山、日本文化遺産の町並み、のどかで便利なベッドタウンなど、様々な環境に人々が暮らしています。
あなたの思い描く新しい暮らしのイメージに合わせて、最適な住まいやお仕事、地域付き合いのポイントなど、幅広いジャンルの情報をご提供できます。

まずは、あなたのことについてお聞かせください!

オンライン移住相談は、毎週水曜日と土曜日の10:00~17:00の時間帯にZoomを使って行います。

相談をしてみたい方は、下記のオンライン移住相談センターURL(https://smout.jp/event/online-ijuu-center)より、南砺市役所 南砺で暮らしません課の窓口より入っていただき予約を入れていただく、もしくは
【興味ある】ボタンや【すぐにでも相談したい方】 を押していただければ、こちらからご案内メッセージをお送りし、ZoomのURLなどをご案内します。

※諸事情により、ご希望の日時に添えず調整をお願いする場合がございます。ご了承ください。
いずれの方法でもかまいません。お気軽にご連絡ください

私たちが皆さんのお話を伺います

私たちが皆さんのお話を伺います

大自然の南砺市でお待ちしています

大自然の南砺市でお待ちしています

南砺市
南砺市役所 南砺で暮らしません課が紹介する南砺市ってこんなところ!

 富山県の南西端に位置する五箇山(ごかやま)地方は、1500m級の山々に囲まれ、冬には2、3mの積雪がある豪雪地帯です。清流庄川(しょうがわ)(飛騨高地から日本海へ流れる115kmの一級河川)沿いの谷間に40の集落が点在し、そのうちふたつの集落、相倉合掌造り集落と菅沼合掌造り集落が1995年(平成7年)、岐阜県白川郷荻町とともにユネスコの世界遺産に登録されました。

 五箇山の地名が初めて見られるのは室町時代、1513年(永正10年)本願寺第9世実如の裏書に始まります。名前の起こりは5つの谷間(やま)から(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)から構成された集落群の総称と云われ、加賀藩政時代には約70の集落がありました。現在は共に世界遺産の相倉集落を有する※旧平村、菅沼集落を有する※旧上平村を総じて「五箇山」と呼びます。居住の歴史は古く、縄文時代に遡り、古代、中世、近世を通じ、平野部とは地理・自然条件が大きく異なるため、独特の文化を形成してきました。

 富山県南砺市は、平成16年11月に城端町、平村、上平村、利賀村、井波町、井口村、福野町、福光町の8つの町村が合併して誕生しました。富山県の南西端に位置し、岐阜県境に連なる山々に源を発して庄川や小矢部川の急流河川が北流するなど、豊かな自然に恵まれています。また、本市北部の平野は、豊かな水に恵まれた全国有数の水田地帯です。  山間部には、世界遺産に登録された五箇山合掌造り集落があり、平成28年12月には、城端神明宮の曳山祭が無形文化遺産に登録されました。  平野部には、家並みが美しい越中の小京都・城端や、板画家の棟方志功が約7年間暮らしていた福光、そして瑞泉寺門前の古い町並みから木槌の音が響く信仰と木彫りの里・井波など、香り高い歴史や文化があり、伝統の技も豊富にあります。 そして人情溢れる人が、訪れる人々をいつでも温かくお迎えします。 自然豊かで伝統あふれる南砺で暮らしませんか!(課)
37
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}