移住の先輩が語る!地方暮らしのアレやコレ vol.1
募集終了
公開日:2022/06/16
終了日:2022/07/07

移住の先輩が語る!地方暮らしのアレやコレ vol.1

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

【 移住が気になる、考えている方へ 「移住と暮らし」のリアルが聞ける1時間】

移住前には想像できなかったあんなことやこんなこと。
移住の先輩ゲストが実際に移住前後に経験したエピソードを交えながら、
これから移住を検討するみなさんに伝えたい「移住のリアル」をお届けします。

〇ゲスト〇

今回は、出身地ではない島根県へ移住(Iターン)した30代女性【檜垣さん】をゲストにお迎えします。
檜垣さんは、はじめは広島県から島根県松江市に移住。
その後、島根県西部・益田(ますだ)市に移られ、ご家族で暮らしています。

町の大きさや暮らしの利便性、仕事の種類・数なども都会とは全く異なる地域での暮らし。
自然の豊かさや地域の人のあたたかさなど、良いこともたくさんありつつ…
驚きや戸惑いもあったはず。

地方暮らしの良い面・厳しい面のほか、
「移住前に知っておきたかった」「これは準備・確認しておいたほうがいい!」
ということもお話しいただきます。

当日は『耳だけ参加』OKです(もちろん、お顔を出していただいても!)。
金曜の夜、リラックスしてご参加ください。

ゲストの檜垣さん

ゲストの檜垣さん

〇イベント概要〇

『移住の先輩が語る!地方暮らしのアレやコレvol.1』
(2022年第115、116回ふるさと暮らしセミナー)

日時:2022年7月8日(金)19:00~20:00
会場:オンライン(Zoomミーティングルーム)
定員:20名程度
【詳細はこちら】
https://www.kurashimanet.jp/event/detail/3190

締切:7月7日(木)正午

※当プロジェクトに興味を持たれた方、島根に関心のある方は「興味ある」ボタンのclickをお願いします!

島根県
UIターン推進課が紹介する島根県ってこんなところ!

島根県は神無月(10月)を“神在月”と呼ぶように、「神々のふるさと」として知られています。
一口に島根といっても東西に200kmもあり、東部が出雲地方・西部が石見地方と呼ばれています。また、北方40kmの海上にある隠岐諸島は隠岐地方と呼ばれ、それぞれ独自の文化を育んできました。
海や山が織りなす雄大な自然、新鮮な特産物、古くから息づいている人々の暮らし…
決して派手さはありませんが、素朴な魅力がたくさんある処です。
 
 
◎しまね移住情報ポータルサイト『くらしまねっと』
 https://www.kurashimanet.jp/

〇くらしまねっとFacebook
 https://www.facebook.com/kurashimanet

〇定住財団公式アカウント・久住さくらInstagram
 https://www.instagram.com/kumisaku_shimane/

〇note・しまね女子ブログ
 https://note.com/shimane_uiturn

〇しまね移住project
 https://www.teiju.or.jp/image-movie/

UIターン推進課
公益財団法人 ふるさと島根定住財団
当財団はUIターン希望者・県内企業向け・学生向けに採用・就職支援などを中心とした事業を行っております。
5
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!