【イベント情報】8/20(土) 播磨地域合同移住相談会へ参加します!
募集終了
情報を集める
公開日:2022/08/10
終了日:2022/11/30

【イベント情報】8/20(土) 播磨地域合同移住相談会へ参加します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

大阪にて8/20(土)播磨地域合同移住相談会に参加します!
申し込み不要!
兵庫県の播磨地域はたまた多可町への移住を考えてみようかな~なんて方!
ぜひ新大阪駅までお越しください♪

涼しいお部屋を用意してお待ちしております!(笑)

そこまで具体的に考えていなくても大丈夫!〇

ここ数年少しずつ移住者が増え続けている多可町。
昨年度も約100名の方が移住してこられています。
ただその移住者の多くは多可町なんて町を知らなかった!という方がほとんど。

多可町ってどこ?
なにがあるの?
どんな人がいるの?

どんな些細な質問でも構いません。
まずは一度お話してみませんか?

実際に現地で活躍し、移住者でもある定住コンシェルジュがその魅力を語ります。
地域の話を聞いて、地方移住についてちょっと具体的に考えてみませんか?

・地域おこし協力隊を検討している方
・関西地域への移住を検討している方
・生活の変化を求めている方
・地域おこし協力隊に挑戦した人から直接話を聞いてみたい方
・場所は決めていないけれど田舎での暮らしに興味がある方

などなど。

少しでも気になる方はふらっと立ち寄る感覚で是非お越しください。
お待ちしてます~♪

対面でも!オンラインでも!

【日  時】
令和4年2月5日(土曜日)11時00分~16時00分

【場  所】
CIVI研修センター新大阪東 5階E5Hal
(大阪市東淀川区東中島1-19-4 LUCID SQUARE SHIN-OSAKA)

【出展地域】
東播磨:加古川市、高砂市、播磨町
北播磨:西脇市、三木市、加西市、加東市、多可町
中播磨:神河町、市川町、福崎町
西播磨:相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町

【参 加 費】
無料 (なおオンライン相談にかかる通信料は、参加者様負担となります)

ぜひご参加お待ちしております♪
もし事前に質問などご相談いただければ当日スムーズなご案内も可能です。

多可町
多可町地域商社RAKUが紹介する多可町ってこんなところ!

多可町は、兵庫県のほぼ中央にある、人口20,000人弱の町です。
平成17年、多可郡の中町・加美町・八千代町が合併してできました。
日本一の酒米『山田錦』発祥のまち
日本一の手すき和紙『杉原紙』のまち
『敬老の日』発祥のまちと
3つの発祥を持つまち、多可町。
町の80%が森林であり、町をぐるっと一周山々に囲まれ自然豊かな町。
それなのに京都、大阪、神戸まで、それぞれ1時間半で出られちゃう、
「ちょっとべんりな田舎」です。

◇多可町とは? 兵庫県多可郡多可町は、兵庫県のほぼまんなか、北播磨地域の最北部に位置し、周囲を中国山地の山々に囲まれた森林地帯が80%を占める自然豊かな町です。神戸、大阪までは車で約90分、『意外と便利な田舎』です。人口はおよそ2万人で、人々はみな温かく、自然いっぱいで夏にはホタルが見えるまちです。 また、多可町は3つの発祥の地でもあります。 1つ目が「山田錦発祥のまち」2つ目が手漉き和紙「杉原紙発祥のまち」3つ目が「敬老の日発祥のまち」です。 ◇多可町地域商社RAKUとは?  多可町地域商社RAKUは地域経済活性化を目的としたまちづくり会社です。現状、多可町にはのどかな自然と情熱的な町民によって生み出された様々なモノやサービスが多くあります。しかし、高齢化社会の中で、人口減少がおこり、産業の衰退などの問題点も多くあります。そこで、多可町地域商社RAKUでは、多可町と連携しながら特産品事業や定住推進事業、観光事業を通して、多可町の問題点を解決し、地域の活性化にチャレンジしています。 ※上記事業以外にも様々な新規事業が進行されている状況です。 「10人10色」多くのチャレンジをお待ちしております。 ▷多可町地域商社「RAKU」HP:https://raku-taka.com/ ▷多可町定住支援サイト「タカ、と。」:https://teiju.takacho.net/ ▷多可町地域おこし協力隊FB:https://www.facebook.com/okoshitaka/
8
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!