プロフィールページ

江府町役場総務課

ユーザー18276

地域の人

最終ログイン:3ヶ月前
性別
男性
居住地
鳥取県江府町
プロフィール

江府町出身、在住。江府町役場総務課主任。主な担当業務:広報・公聴、情報通信、国内交流、小さな拠点。

【経歴】平成21年3月国立大学法人島根大学法文学部卒業。平成21年4月地元の銀行へ就職。主に渉外、貸付を担当。米子市の店舗を約3年半勤務後、松江市の店舗へ異動。妻の第2子妊娠をきっかけに、単身赴任となる。(妻が出産準備のため、江府町へ戻ったため。ちなみに3世代同居)突如、一人になったことで生き方を考え出す・・・。(大切な人と、大切な場所でもっと同じ時間を過ごしたい) 平成27年3月 地元の銀行を退職。平成27年4月江府町役場入庁企画財政課配属(~平成27年6月末まで)。プライベートでブログを開設。
平成27年7月庁内の機構改革により、建設課へ異動。主に地籍調査を担当。以降、宅地や山中などの地権者同士の境界確定の日々。江府町のマンホールカード制作にも関与する。有志の40歳以下の若手役場職員と、その職員から選出されたリーダーで構成するプロジェクトチームの発足を提案し、実現させる(以降、約4年間の中で数々のアイデアを事業に反映させる)プライベートでは、特技の「書道」を活かして、イベントのポスターや商品のパッケージデザインを制作。また、ビブリオバトルを町内で13回開催。
平成30年4月 総務課へ異動。10年近く利活用されてこなかった廃校を、日本財団と鳥取県の助成事業を活用し、地域医療人材育成拠点施設「俣野ふれ愛学舎」へ改修するための事務を担当。翌年4月に開設し、診療所、地域医療の人材育成拠点施設として運営されている。「町報こうふ」の主担当(ほぼ一人担当)。DTPソフトを導入し、印刷以外の写真撮影・企画・デザイン制作をすべて役場内で行う体制を確立(年間製作費を約17万円削減)。予算ゼロ円のシティプロモーション、ホームページデザイン、動画制作のすべてを行う。令和元年度鳥取県全国広報コンクール推薦団体・作品映像部門に「江府町職員プロモーション動画~令和元年度版~」がノミネート(県代表)。写真の力試しということで出品した「農業・農村フォトコンテスト2019」で入選。町報企画「町報こうふスマイルプロジェクト」が各新聞社・テレビ局などから多数の取材を受ける。今年度から江府町公式インスタグラムも開始。あわせてインスタグラムフォトコンテストも企画し開催中。

【資格・特技】山陰蘭亭書道会漢字科師範
【座右の銘】人間的成長なくして、技術的進歩なし(故・野村克也氏)

所属法人・団体
江府町役場総務課