山形県鶴岡市

山形県鶴岡市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
58.7ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

山形県鶴岡市ってどんなところ?

鶴岡市温海庁舎産業建設課
鶴岡市役所 温海庁舎 産業建設課

 東北地方山形県西部に位置する鶴岡市は、平成17年10月1日に6市町村(鶴岡市、藤島町、羽黒町、櫛引町、朝日村、温海町)が合併し、総面積1,311.53キロ平方メ―トルと東北一広い都市となりました。
 また、鶴岡市は、かつては徳川四天王であった酒井家が統治した庄内藩14万石の城下町であり、近年では、日本初となる「ユネスコ食文化創造都市」、全国最多となる3つの「日本遺産」の認定を受けるなど山・里・川・海と四季折々の豊かな自然環境と文化を有する地方都市です。
 温海地域(旧温海町)は、鶴岡市の南西部に位置し、沿岸部は温暖な海洋性の気候、山間部の摩耶山麓は、冬は気温が低く、降雪量も多い地域です。
 温海地域は、山あり、海あり、温泉ありで、豊富な自然環境に恵まれており、この豊富な自然が生み出す新鮮な魚介類を温泉とともに、堪能出来る環境が整っています。

大滝ひとみ
いのちの華訪問看護ステーション

鶴岡市は、山形県の日本海側の庄内地方で「おいしい庄内空港」の名で知られるように、自然豊かな日本海に面した庄内平野があり、

海の幸・山の幸、お米、だだちゃまめ、りんご、ラ・フランス、さくらんぼ孟宗汁(もうそうじる)、鱈汁(たらじる)、赤かぶ、温泉などなど、

美味しいものがたくさんあるのが地域の自慢です。

また、日本の歴代首相が訪れる歴史ある有名な酒蔵もあり、美味しい毎日がひろがっています。

山形県鶴岡市は、山形県西部に位置する人口約12万人のまち。

山、川、海の自然に恵まれた暮らしやすい土地として知られ、「住みたい田舎ベストランキング 2022」では、東北エリアで2位に選ばれました(『田舎暮らしの本』による調査)。

鶴岡市は昔ながらの文化を大切にしている町でもあります。日本初となる「ユネスコ食文化創造都市」の認定を受けるなど、食の豊かさでも有名です。

 鶴岡市温海地域は、鶴岡市の西南端、新潟県境に接し、三方を山々に囲まれ、西側には海岸線が続く、自然豊かな地域です。面積の約9割が山林で占められており、平地が少ないことから、海岸線沿いと山間部に走る2本の国道とそれらを東西に結ぶ県道沿線に個性豊かな27の集落が形成されています。各集落には特色ある歴史や伝統文化、生活文化が継承されています。また、海の幸も山の幸も豊富で四季折々の食文化が楽しめること、温海かぶや越沢三角そばなどの在来作物も地域の魅力のひとつです。一度、温海地域を訪れると、あなたもきっとその魅力に魅了されるはずです。

鶴岡市は東北でいちばん大きな自治体です。海も山も里もあり、四季折々の自然が織りなす恵みから豊かな食文化や、出羽三山を中心とする精神文化が育まれてきました。
鶴岡に移住した人たちは、口をそろえて「ご飯がおいしい。」と言う。庄内の自然がゆたかすぎておいしく育ったお米や野菜、果物、魚、山菜、茸たちを、旬の時期に飲食店で楽しめるのはもちろん、産直で買ったり農家さんから貰ったり。だだちゃ豆や温海カブといった在来作物や日本酒も豊富で、舌鼓を打つほどの食卓が日常にひろがっています。
鶴岡に初めて訪ねるあなたも、きっと胃袋が掴まれる…はず。

DIET SHAREHOUSE
ヒュッゲ ジャパン

湯野浜は山形随一の海水浴場。
温泉地でもあり、湯野浜温泉は庄内平野・鶴岡市の西部、日本海に面した海浜の温泉郷です。
「波乗り発祥の地」、「日本の夕日100選の地」にも選ばれ、2017年のフォーブスジャパンでは、「イノベーティブシティBEST10」で第3位になった鶴岡市。
『鶴岡サイエンスパーク』もあり、」最先端のバイオテクノロジーの研究施設と話題のバイオベンチャーが集まる場所でもあります。

株式会社カクギン
株式会社カクギン

鶴岡市は、古くは城下町として栄え、山・平野・川・海に抱かれた豊かな自然環境のもと、ユネスコの食文化創造都市にも認定された食材と食文化の宝庫です。

やまがた庄内「里山 里海」若者ダイアログ
東北公益文科大学(学生団体),酒田市日向地区,鶴岡市小堅地区

 シェアハウス&キッチンこがたん。のある小波渡(こばと)・堅苔沢(かたのりざわ)は、両方くっつけて「こがた地区」と呼ばれます。鶴岡市街から車で30分(電車25分)くらいに位置する、ベッドタウンでなく“ベッドソン(村)”として、働く人の大部分は鶴岡に通勤しています。
 人口は750くらい。この40年で半減しました。高齢化率は40%をこえます。0-14歳人口は64人で、近くの保育園と、隣接地区の小・中学校に通っています。かつては漁村として栄えましたが、90年代前半に100人ほどいた漁師さんは、現在は40人台に減っています(以上、数字は2015国勢調査)
 地理的には、漁港が2つ。海水浴場とプライベートビーチ的な浜と磯、そこに流れ込む小さな川、集落の裏に山へとつながる段々畑が特徴です。畑では「波渡なす」という在来作物が近年“発見”されたという素敵なストーリーが。
 それと、魚釣りにはパーフェクトなフィールド。船もってるメンバーもいます。堤防や磯からでもクロダイ(チヌ)、アオリイカ,青物系などなんでもいけます。
 最後にもうひとつ。鶴岡は、ユネスコの「食文化創造都市」ネットワークに国内で唯一登録され、“食”を通じた産業創出や観光,教育活動に熱心な土地柄です。
 いかがですか?ここで暮らすイメージを少しでも持っていただけたならうれしいです。

鎌田 剛
東北公益文科大学

シェアハウス&キッチンこがたん。のある小波渡(こばと)・堅苔沢(かたのりざわ)は,両方くっつけて「こがた地区」と呼ばれます。鶴岡市街から車で30分(電車25分)くらいに位置する,ベッドタウンでなく“ベッドソン(村)”として,働く人の大部分は鶴岡に通勤しています。

人口は750くらい。この40年で半減しました。高齢化率は40%をこえます。0-14歳人口は64人で,近くの保育園と,隣接地区の小・中学校に通っています。かつては漁村として栄えましたが,90年代前半に100人ほどいた漁師さんは,現在は40人台に減っています(以上,数字は2015国勢調査)

地理的には,漁港が2つ。海水浴場とプライベートビーチ的な浜と磯,そこに流れ込む小さな川,集落の裏に山へとつながる段々畑が特徴です。畑では「波渡なす」という在来作物が近年“発見”されたという素敵なストーリーが。

それと,魚釣りにはパーフェクトなフィールド。船もってるメンバーもいます。堤防や磯からでもクロダイ(チヌ),アオリイカ,青物系などなんでもいけます。

最後にもうひとつ。鶴岡は,ユネスコの「食文化創造都市」ネットワークに国内で唯一登録され,“食”を通じた産業創出や観光,教育活動に熱心な土地柄です。

いかがですか?ここで暮らすイメージを少しでも持っていただけたならうれしいです。

山形県鶴岡市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

山形県鶴岡市に関係する人々(57人)

山形県鶴岡市を知る

山形県鶴岡市の注目プロジェクト

山形県鶴岡市はここ!