新潟県三条市

新潟県三条市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
62.1ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

新潟県三条市ってどんなところ?

三条市 地域経営課
三条市役所 地域経営課

ちょうどいい田舎、三条市。
新潟県三条市は、新潟県のちょうど真ん中に位置するものづくりのまち。
東京から2時間と上越新幹線が止まる燕三条駅や高速道路のインターチェンジがあり、アクセス抜群の地域です。人口は約10万人の都市で、中心市街地にいけばスーパーやコンビニがそろっており少し車を走らせると山や自然が豊かな下田地域にもいける都会と田舎の側面を持つ地域。
ものづくりの技術は世界から認められており、
いくつかのアウトドア用品の有名ブランドも実は三条市が本社だったりします。
三条市をもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!
https://sanjo-city.note.jp/

ソーシャルファームさんじょう
NPO法人ソーシャルファームさんじょう

三条市下田(しただ)は、新潟県の中央部に位置する人口約8,500人ほどの地域。
周りは山々が囲み、川が流れ自然に溢れています。
東京からのアクセスは新幹線と車で約2時間30分、車の場合約3時間30分ほど。
ぜひこの機会に下田を訪れてみませんか?
お気軽にお問い合わせください!

松岡 伸彦
ドッツアンドラインズ

新潟県三条市は、豊かな新潟の自然と江戸時代からの産業が融合する街です。
モノづくりの町として有名で、調理器具や包丁、ナイフや爪切り、お箸など世界中で愛用されています。また、建築資材や車などの部品も製造しています。
郊外を離れた下田エリアでは、昔ながらの民家が連なり、五十嵐川の清流と、キャンプのメッカが点在します。
働ける会社は数多くあり、どの社長様も精力的に改革をしています。
街の方々は移住者に対して寛大で、イベントごとの参加にも温かく迎え入れてくれます。
また、日本一会社の多い町であり、三条市には女性起業家の方も多く、移住して起業される方も多いです。
2021年度は約1700人の移住者がいました。
市のバックアップも手厚く、相談事にも乗ってくれます。

伊藤 綾
きら星株式会社

新潟県三条市は、地上波のテレビ番組の特集で、移住ランキングで1位に選ばれた程、注目の地域です。全国的には、隣の燕市とともに燕三条地域として知られているかもしれません。

実は三条市に下田(しただ)という本当に自然豊かな地区があります。未だにお米の頂点でもある魚沼産コシヒカリはもちろんご存じですよね?
その昔、第11代垂仁天皇が上田(現南魚沼市)と下田(三条市)に稲作を広めたという伝説もあるように、下田も知名度こそ高くありませんが、魚沼と並び立つ米の名産地でもあります。

アウトドア製品メーカー・スノーピークの本社(新規開業したサウナが素晴らしいと大評判!)の所在地であることや、名勝「八木が鼻」とそれを望む絶景の温泉があるなど、自然が好きな方にとってはたまらない環境です。

株式会社FoundingBase
株式会社FoundingBase

ちょうどいい田舎、三条市。
新潟県三条市は、新潟県のちょうど真ん中に位置するものづくりの街。
人口は約10万人の都市で、中心市街地にいけばスーパーやコンビニが揃っており
少し車を走らせると山や自然が豊かな下田地域にもいける都会と田舎の側面を持つ地域。
ものづくりの技術は世界から認められており、グッドデザイン賞を受賞していたり、
アウトドア用品の有名ブランドのほとんどは実は三条市が本社だったりします。
三条市をもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!
https://sanjo-city.note.jp/

“石を投げれば社長に当たる”と言われるほど、三条市は社長が多いと言われています。

また三条市は隣の燕市とともに「燕三条」と呼ばれ、金属加工が盛んな“ものづくりのまち”で有名です。
しかし、まちの中心地から少し離れた下田地域は、豊かな自然に囲まれ、大都市に住む人々が仮に望んでだとしても容易に手に入れることのできない多彩な魅力を有しています。

素晴らしい下田の自然とは反面、若い世代の多くが外に出ていってしまうのも現実です。
下田に抱える空き家の問題。昔は盛んだったのに、人手不足で管理できなくなって放置されている山々。担い手がいない農地の数々。
そんな問題を解決するための“シゴト”を、あなたの力ではじめませんか?
私たちはシゴトづくりを一緒に伴走します。

内山沙綾香
株式会社ボーダレス・ジャパン

“石を投げれば社長に当たる”と言われるほど、三条市は社長が多いと言われています。

また三条市は隣の燕市とともに「燕三条」と呼ばれ、金属加工が盛んな“ものづくりのまち”で有名です。
しかし、まちの中心地から少し離れた下田地域は、豊かな自然に囲まれ、大都市に住む人々が仮に望んでだとしても容易に手に入れることのできない多彩な魅力を有しています。

素晴らしい下田の自然とは反面、若い世代の多くが外に出ていってしまうのも現実です。
下田に抱える空き家の問題。昔は盛んだったのに、人手不足で管理できなくなって放置されている山々。担い手がいない農地の数々。
そんな問題を解決するための“シゴト”を、あなたの力ではじめませんか?
私たちはシゴトづくりを一緒に伴走します。

新潟県三条市の口コミ

7月4日〜5日の下田のローカルアカデミー体験に参加しました。 実際に行ってみたらわかること、地域の雰囲気は感じられました。 車は必要な場所ですが、東京から2時間で行ける燕三条駅周辺は生活に必要なお店は全て揃っています。 温泉があり自然が美しい下田地区に行くと車は少なくのんびりした生活が出来ると思いました。下田地区の方々との交流会もありとても楽しい日を過ごすことができました。
コメント (0)
新潟県三条市に関係する人々(1091人)

新潟県三条市を知る

新潟県三条市の注目プロジェクト

新潟県三条市はここ!